4月のレッスン・レポート~その2~

f0183171_11202054.jpg
近くの産直施設に、思わぬお花との“出会い”を楽しみにいつも出かけます。
絶対にコレが欲しいと思って行って、それがあったときの喜びも相当ですが、掘り出しものを見つけたときの喜びは何とも表現しがたいものがあります。
今回は牡丹を見つけました。
といっても・・固く固く、とざしたツボミ。
咲かないかも・・と期待薄でしたが、見事なオオデマリの枝ものに合わせて購入。
そんな心配はよそに、日を追うごとにほころんでいって、レッスンの日に合わせたように咲き誇り、玄関で皆さんを出迎えてくれました。
あまりの咲きっぷりに皆さんが造花と勘違いしたほどです。
そんな日のレッスンの様子をご紹介します。


f0183171_11155075.jpg前回のレッスンでアネモネの色作りにかなりのこだわりを見せていたSさん。
私なぞ、まっ・・こんなもんか・・ってな具合で色を作っているので、気にいる色が出来るまでじっくりと時間をかけるその姿勢には脱帽いたしました。プリザーブドのお教室を主宰されているので、アレンジもおまかせ。
今回もリボン使いなど独自のスタイルで素敵にアレンジしてくださいました。今回も色々とお勉強になりました。次回のスズランもどのようにアレンジされるか楽しみにしております。

f0183171_11173480.jpg
こちらはNさんの作品。
春日井の本部教室にも通われているので、バラはもちろん、色使いなどはご自身におまかせしています。苦手とおっしゃるアレンジのみ少しアドバイスさせていただいたくらいで、あとはご覧のとおりキレイなバラを作られるので何も言う事がないのです。ピンク系はともすると子供っぽくなりがちですが、大人っぽいおしゃれな色あいの作品になりましたね。素敵です。

f0183171_11161169.jpg
今月は妹さんとご参加くださったYさんの作品です。
パリのフローリストのアネモネを使った大きなブーケの写真を参考にして作られました。
紫の濃淡の花の中にサーモンピンクのバラを効かせてシャープな印象に仕上がりました。
ラベンダーカラーのアネモネからチラリと覗く紫の花芯もペップを紫に色づけしたりして手間がかかりましたが
Yさんの個性がでていてとてもいいと思います。


f0183171_1118035.jpgこちらはそのYさんの妹さんの作品。
妊娠中ということもあって、単発でのご参加です。
イチゴがお好きということでしたので、イチゴの作品を少しバージョンを下げて、初めての方にも取り組みやすいものに変更させていただきました。
最初はクレイの扱いになれず、首をかしげながらでしたが、2輪目のバラ作りの頃はすっかり上手になって見事なパープルのバラを咲かせられました。
お帰りのときに『想像していた以上にスゴク楽しかったです!!』とおっしゃっていただき、ホッとしております。
子育てがひと段落したら、また是非お姉さまと遊びに来てくださいね。

f0183171_11163635.jpg
お天気は雨。。。
雨の重みで折れてしまうデルフィニウムをメインに
スカイブルーやアプリコットカラーのパンジーでテーブル花を作ってみました。
この日、パープル系のお花を作られている方が多かったので
偶然ですが皆さんの作品と上手くリンクしていたような・・・
・・・勝手にそんな気がしたのです(笑)
[PR]
by fleurclasse | 2009-04-25 12:51 | レッスン報告(日本)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧