今頃ですが・・・

f0183171_15392283.jpg

『フレンチがいいな♪』という主人のリクエストで
母の日に義母と3人で東海市にある“一太郎翁 とまと記念館”へ・・
カゴメ㈱の創業の地に建てられたミュージアム&レストランで
ナビがないとたどり着けそうもない住宅街の中にあります。
こんなお家に住みたかったな・・と思わず口にしてしまったほどストライクな白亜の洋館。
白い家・・というところは我が家も同じだけどね(笑)
この日はランチコースを楽しみました。

f0183171_15415092.jpg

初鰹と野菜のマリネ パセリソース 彩りトマトを添えて

赤・黄・緑のトマトが添えられてとってもカラフル
味もそれぞれ違うのも楽しい★
マリネされたパプリカの下には鰹のたたき
香ばしくあぶられた鰹がとってもおいしかった♪

f0183171_15415651.jpg

紅芯大根のスープ

大根とは思えないほど甘いスープ
個人的にはもう少しドロッとしているほうが好きですが
このサラッとした感じが今の季節にはいいのかもしれません
ふつうの大根を使っておうちでも作ってみようかな



f0183171_1542415.jpgスズキのソテー うこぎのソース

パリパリに焼かれた皮目の上にも紅芯大根
うこぎは生垣に利用される木でその若芽が食用になります。
去年の大河ドラマの主人公直江兼続が米沢藩に国替えになった際
民にうこぎを垣根にすることを奨励したというエピソードがあります。
主人にうこぎの説明をするとき、直江兼続の名前が出てこなくって 
『去年の大河の・・ホラっ・・愛の人だよっ』と連呼する私。
年々・・人の名前が口から出てこなくなる。。はぁ~・・悲しいわ・・


f0183171_15421126.jpg
マグレ鴨のロースト フォンドボーのソース

シャラン鴨はよく聞くし実際口にしたこともあるけどマグレ鴨は初めて
カリカリに焼かれた表面が香ばしく
しっかり噛み応えのある肉質のおいしい鴨でした。
家で調べてみたら、フォアグラを取るために肥育した鴨のことで
別名“フォアグラ鴨”ともいうらしい
大きく育ったものだから、噛み応えがあったのも納得。


f0183171_15421958.jpgデザートは開店一周年のスペシャルバージョン。
左上から 
ブラマンジェ・パッションフルーツのソース
レモン風味のプティ・シュークリーム
スフレチーズケーキ、アーモンドケーキ
バニラたっぷりのバナナ・フィナンシェ
ガトーショコラ、その上にミルクソルベ
キウィフルーツのソルベ・フレッシュストロペリーのソース
クリームブリュレ
どれもお味は◎♪

f0183171_15422693.jpg
ランチの後は足を延ばして 半田にあるミツカン“酢の里”へ
ミツカンのマークは創業家の家紋“丸に三本線”を分解して作ったものなんですって。
三本線をミツ、丸に環の文字をあて、音読みさせてミツカン。
仕事柄、微生物を扱うことも多いので
工場見学はなかなか興味深いものがありました。
お酢ってタンクに材料いれて発酵させて・・といった風に
全て機械管理されてつくられているのだと思っていたけど
オートメーション化が普通の現在においても未だ
人の手が必要な工程が多いのには驚きでした。

朝から晩まで色々と引きづりまわしましたが
義母に楽しんでもらえたようでよかった☆

ランチ・・おいしかったのでまた行きたいな♪
[PR]
by fleurclasse | 2010-05-16 15:12 | プライベート

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧