11月のレッスン報告~その2~

f0183171_14224743.jpg

直訳すると“クリスマスの薔薇”
近年、女性を中心に爆発的に人気が出て
今や薔薇やクレマチスと並ぶほどの人気があります。
私もその人気に乗っかった1人で現在10株ほど育てています(笑)

今回も作業に取り掛かる前に
はまったときに買ったクリスマスローズの専門書と
鉢花が手に入ったので、そちらを使いながら説明~

日本ではクリスマスローズで通ってますが、本来は“ヘレボラス”といいます。
クリスマスローズと呼んで通じるのは
今回、用意した“ヘレボラス・ニゲル”という品種だけなんです。

日本に入ってきた頃は、とても地味でキレイではなかったので人気がありませんでしたが
今は、品種改良が進み、ダブル、セミダブル・・etcといった様々な花形
よりクリアな色のものが出てきました。
近年ではブラックやゴールドといった色のものが
コレクターの間で人気があり高値で販売されています。

お花の仕組みについてですが
花びらにみえるものはガクで
花びらにあたるものは蜜腺(ネクタリー)になります。
上の写真だとわかりづらいですが
おしべと花びらの間にあるグリーンのものがそれです。
グリーン以外にも
濃い赤のもの(ダークネクタリー)や
黄色のもの(ゴールデンネクタリー)もあり
中でもゴールドの花でゴールデンネクタリーの品種は垂涎もの。
ビックリするような価格で取引されているんですよ~

さてさて、クリスマスローズは3種類の毒を持っています。
以前もスズランやアジサイも毒があるとお話したのですが
結構、園芸植物に多いですよね~
扱いには気をつけましょう!

最後になりましたが
時間のやり繰りをしてワイヤーリースの仕上げにきてくださったSさん。
他の皆さんがクリスマスローズに取り組んでいたため
さらっとしか説明ができなかったのですが
プリザのお教室を主宰されているので
ササッと作ってくださいました。
さすがです~
お忙しい中、お越しくださりありがとうございました☆
[PR]
by fleurclasse | 2010-11-25 19:54 | レッスン報告(日本) | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧