水無月

f0183171_15345612.jpg

水無月は旧暦の6月のこと。
現在使われている新暦の6月下旬から8月上旬にあたるそうです。
この時期はちょうど梅雨が明ける頃。
梅雨が明けて水が涸れてなくなる月であるからとか
逆に田植が終わって田んぼに水を張る必要のある月
「水張月(みづはりづき)」「水月(みなづき)」であるとする説もあるそうです。
他に、田植という大仕事をした月だから「皆仕尽(みなしつき)」
水無月の「無」は「の」という意味の連体助詞「な」になるので
「水の月」というようになった説もあるようです。
梅雨時の新暦6月の異称として使われるようになってからは
「梅雨で天の水がなくなる月」
「田植で水が必要になる月」といった解釈もあるようですね。
新暦の6月はちょうど梅雨の時期。
水が無い月なんてどうしてかな?って思っていたので
これで納得しました☆

さて話は変わってクレイレッスンのティータイムは
花菖蒲を効かせた和のテイストに☆
ケーキはおなじみシェ・カズさん。
ドイツの銘菓“シュヴァツヴェルダー・キルシュ・トルテ”を
ロールケーキスタイルにアレンジされたものです。
Schwarzwald(シュヴァルツヴァルト)は
ドイツ南部のフランス国境近くに広がる森のことで
黒い森といわれています。
その一帯はさくらんぼとさくらんぼのお酒“キルシュ”の名産地。
その森の黒さをチョコレートやココアで表現し
(今回はブラックココアを使っているそうです)
キルシュを効かせたさくらんぼのコンポートを挟みこんであるのが特徴です。
フランスではこのケーキをガトー・フォレ・ノアール(訳すと黒い森のケーキ)
とよんでいるそうですよ。

さくらんぼに合わせて
紅茶はルピシアのさくらんぼを淹れました。
ホットで淹れましたが
そろそろキーンと冷やしたアイスティーが欲しくなる頃。
次はアイスティーを準備してお待ちしておりますね♪
[PR]
by fleurclasse | 2011-07-03 23:35 | ティータイム | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧