Iceland☆ Part1

f0183171_19292585.jpg

8/15は日本だと終戦記念日そしてお盆休みの真っただ中
ベルギーはというと8/15は聖母の被昇天祭りという祝日で土日を含め4連休。
そのお休みに夏の間だけ就航する
ブリュッセル⇔アイスランドの直行便を利用してアイスランドに行ってきました☆
ベルギーにいるうちに絶対行きたかったところなんです❤
前回、スロベニア&クロアチアの旅行でマイルカードを忘れてしまい
くやしい思いをしたので、今回は忘れずに!
なのに、アイスランド航空はスターアライアンスにもワンワールドにも
入っておらず、独自のシステムでやっているとのこと。残念・・・
f0183171_19294975.jpg

3時間25分のフライトでアイスランドの玄関口
ケフラビーク国際空港に到着☆
結構、立派でキレイな空港です
準備はしてきたけど、やっぱりアイスランドは寒い!
気温も日中で11度くらい・・・
日本と比べるとトリプルスコアの差ですね(苦笑)
ちなみに時差はベルギーとは-2時間,日本とだと-9時間。
(日本が昼12時のとき、アイスランドは夜中の3時、ちなみにベルギーは明け方の5時)
f0183171_19301247.jpg

空港からはバスで首都レイキャビークに移動
約1時間ほどでホテルに到着
お昼すぎのフライトだったので初日のスケジュールは移動のみです
首都でありながらも人口約12万人のレイキャビーク
アイスランド全体の在留邦人は約90人、そのうちの95%が国際結婚で
また、海外赴任のビジネスマンは以前は漁業関係のお仕事の方が
お一人いらっしゃったそうですが、現在はゼロだそう・・・
これにはちょっと驚きました
街並みも日本の地方の中都市といった感じですね☆
f0183171_19302921.jpg

旅行の前日にあわてて調達したもの2つ
ひとつは酔い止めの薬
『買っておいて~』・・・って気楽におっしゃるうちのダンナさん
買いにいかない人は気楽でいいよね・・・
いざとなれば、またジェスチャー&単語で乗り切るしかないっ!と薬局へ☆
酔い止めの薬はフランス語で 
le mal des transports(ル マル デ トランスポーフ)
通じなかったときに薬剤師さんに見せる為のこの言葉を書いたメモも持参
薬剤師さんに“酔い止めのお薬を一つください”
Je voudrais un médicament contre le mal des transports S.V.P.
(ジュ ヴドフェ アン メディカマン コントフ ル マル デ トランスポーフ シル ヴ プレ)
と言ったら、メモを見せなくても写真のお薬が出てきた!
やったぁ♪
道中、ずっとブツブツ言ってた甲斐があった(笑)
f0183171_19304684.jpg

さてさて次の関門は双眼鏡
双眼鏡はフランス語で La jumelles(ラ ジュメール)
近所の電気屋さんにおいてあるのはリサーチ済だったので
そこへフランス語の電子辞書を携えて出陣!
電子辞書の双眼鏡のページを開き
双眼鏡が置いてあるショーケースの前で指さし
“コレをください”
Je voudrais ça S.V.P.(ジュ ヴドフェ サ シル ヴ プレ)
値段のこととか機能のこととかフランス語で頑張って聞いても
全部英語で答えてくれるおにいさん・・・
なんせ私の脳ミソはフランス語がくると身構えているので
英語で言われても急には対応できないのだ・・・
へたくそなフランス語で押し通している日本人と
慣れない英語を頑張って話しているベルギー人の光景・・・
はたからみたら変だっただろうな~
まぁどうあれ無事に買えたから問題なし(笑)
[PR]
by fleurclasse | 2013-08-19 20:40 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧