Iceland☆ Part5

f0183171_22534831.jpg

レイキャビークのランドマーク "ハットルグリムス教会"
グジョン・サムエルソン により1937年に設計され
1945年に着工、1986年に完成したコンクリート製の教会です。
完成まで41年もかかっているんですね~
2008年から修復工事をしているらしく私達が行った日は
展望台にあがることはできませんでした。 残念~(涙)
(工事をしていなければ外扉を入った左手に展望台の受付があるそうです)
f0183171_225473.jpg

教会の前に建つのは
1930年、アルシング(アイスランドの議会)創立1000周年記念に
アメリカから寄贈されたレイフ・エリクソンの像
彼はアイスランド生まれのバイキングでグリーンランドを発見した
“赤毛のエイリーク”の長男。
サガというアイスランドに伝わる物語によると
(日本の日本書紀や古事記みたいなもの)
レイフはグリーンランドの西に豊かな島があるらしいと聞き
探検航海に出かけたところ、西暦1000年、緑豊かな陸地を発見。
そこをヴィンランド(葡萄の国)と名付けたとのこと。
ヴィンランドは今でいう北アメリカにあたり
カナダのニューファンドランド島という説が有力なようです。
コロンブスがアメリカ大陸を発見したのが1492年だから
約500年ほど前にすでに発見されていたことになります。
今後もっと詳しいことが分かったら、アメリカ大陸の発見したのは
コロンブスという答えは×になるかもしれませんね(笑)
f0183171_22594999.jpg

アイスランドの国教がプロテスタントのルター派のためか中もすごくシンプル☆
プロテスタントは質素倹約を美徳とすると言われてますよね
プロテスタントの国は料理がおいしくないといわれるのもそれでかな~
(イギリス・アメリカ・ドイツ・オランダ・北欧諸国・・・)
でも、アイスランドのお料理はおいしいけど(苦笑)
さてさて話を教会の内部のことに戻して・・・
大きなパイプオルガンはドイツのオルガン職人ヨハンネス・クライス作
パイプオルガンのコンサートも定期的にやっているようですよ♪
f0183171_22542737.jpg

教会の前に広がる広場
敷石がモザイク模様になっていてキレイだったので思わずパチリ☆
日本だと舗装の見た目にこだわっているところって少ないですよね
f0183171_2255471.jpg

ハットルグリムス教会からまっすぐ伸びる
スコウラフェルズスティグル通り←名前、ながっ!
レイキャビークのショッピングエリアにある通りのひとつで
ブティックやショップ、カフェが軒を連ねます
f0183171_22552898.jpg

振り向けばハットルグリムス教会☆
高台に建っているのでレイキャビークの街の
どこからでもよく見えます♪
f0183171_22555369.jpg

アイスランドといえばウール製品が有名☆
中でもバイキングが1000年程前に連れてきて以来
ずっと原種を保っている世界的にも珍しい羊(アイスランドの馬も羊と同じだそうです)
の毛から作られるセーターは大人気♪
保温性、撥水性に優れているため古くは漁師さんが着るほどあたたかく
ガイドさんによるとアイスランド人はこのセーターをシャンプーで洗うんですって。
f0183171_22561857.jpg

この日最後に行ったのはアイスランド国立博物館☆
ホテルのすぐ近くにあったのでここにしました(笑)
自然科学の分野ではヨーロッパ屈指だそうで
2006年にはヨーロッパ博物館協議会から
ベストミュージアム賞に選ばれています。
f0183171_22565757.jpg

約1200年にわたるアイスランドの歴史を年代別に展示してあります。
ワタクシ、アイスランドの歴史についてほとんど知らないので
さっぱり分かりませんでした(苦笑)
少し勉強していかないとダメですねぇ・・
[PR]
by fleurclasse | 2013-08-27 17:37 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧