Iceland☆ Part8

f0183171_1295756.jpg

グトルフォスの滝の次に訪れたのはゲイシール(Geysir)
アイスランド語で間欠泉を意味し
英語のガイザー(geyser・間欠泉)の語源となっています。
いくつかある間欠泉のなかで最大のものはグレートゲイシールと呼ばれ
高さ70mまで熱湯を噴き上げていたと言われています。

f0183171_1302433.jpg

1990年を境に活動を停止してしまったグレートゲイシール
2000年に起きた地震によって少しづづ活動するようになったのですが
不定期のため、見ることはなかなか難しいようです。
あたりは今も地表から湯気が上がっています。

f0183171_1305347.jpg

“BLESI”という名の湯溜まり
青くとても澄んでするので思わず手を浸したくなる衝動にかられますが
熱湯なので危険☆

f0183171_137177.jpg

リトルゲイシール☆
ここはお湯を噴き上げることはなく
常にゴボゴボとお湯が沸いている状態で
左右で水温が違うんだそうです。
日本なら間違いなくここで卵がゆでられてそう(笑)
ちなみにアイスランドでは温泉卵なるものは見かけませんでした~

f0183171_1313997.jpg

グレートゲイシールの代わりに観光の名所になっているのが
ストロックルと呼ばれる間欠泉
5~10分おきに噴き上げるので必ず見れます♪

f0183171_132753.jpg

内側のリングの中のお湯がゆらゆらしているのを見ながら
下からお湯が沸きあがってくるのをじっと待ちます

f0183171_132312.jpg

下から湧き上ったお湯が水まんじゅうのように膨れて噴出~

f0183171_1331030.jpg

ど~んと一気に約20mの高さまで吹き上がります
風向きに注意して見ないと、噴出したお湯がかかって
やけどしてしまうので注意!

f0183171_3483084.jpg

吹き上がると、ものすごい勢いで
内側のリングの中にお湯が吸い込まれていきます

f0183171_1333462.jpg

そして次の準備が整うまで、しばし待ちます(笑)

f0183171_1325267.jpg

噴出の高さが写真のように低いときは
続けてすぐに大きい噴出がおきるので
カメラはそのままでシャッターチャンスを待ってくださいね♪

f0183171_1335567.jpg

少し離れたところから・・・
迫力が分かってもらえるかな~

f0183171_1351475.jpg

さらに離れて “BLESI”と一緒にパチリ☆

f0183171_1355056.jpg

逆光だったので違う角度からも♪
[PR]
by fleurclasse | 2013-08-31 23:45 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧