カルーゼル凱旋門☆

f0183171_558128.jpg
ルーブル宮の西側にそびえたつカルーゼル凱旋門☆
ピンクの大理石が使われた、とても優美な門です。
1808年にナポレオンの命により作られたものですが
彼はこの大きさに満足できず
新たに凱旋門を作るよう指示しました。
それが世界的にも有名なエトワール凱旋門です。

f0183171_5584057.jpg
1805年の戦いに勝利した記念に
建てられたこの凱旋門。
門の4面やメインアーチの裏側にまでナポレオンの戦績をたたえる
レリーフが一面に掘られています。
門の上にはナポレオンがベネチアから奪ってきた馬のブロンズ像が
飾られていました。
ナポレオンの没後、イタリアに返還されたため
(ベネチアのサンマルコ寺院にあります)
今のものは複製品です。

f0183171_559521.jpg

カルーゼル凱旋門は“パリの歴史軸”と呼ばれる直線の東端にあたります。
東はここから西はラ・デファンスにある新凱旋門(グランダルシュ)まで
約8kmに及びます。
確かにこの凱旋門から西を見ると
チュイルリー公園、コンコルド広場、シャンゼリゼ大通り、
エトワール凱旋門が一直線に見えるんですよ♪
晴れた日には新凱旋門まで見えるそうです。

f0183171_5592354.jpg
カルーゼル凱旋門のすぐ西側に広がるチュイルリー公園☆
かつてはここにチュイルリー宮殿があって、その庭園だったところ。
また先ほど書いた“パリの歴史軸”の中心になるところでもあります。
鮮やかな緑の芝生の向こうに見える
左側の建物がルーブル美術館。
右側がオルセー美術館。

f0183171_5594127.jpg

もう少し西側に目をやると
エッフェル塔も見えますよ♪
お天気の良い日に、芝生に座ってゆったりとした時間を
過ごすのも素敵ですね☆
[PR]
by fleurclasse | 2014-01-20 23:49 | フランス | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧