Château de Versailles☆ №2

f0183171_21432069.jpg
ヴェルサイユ宮殿のことをもう少しだけ・・・
このお部屋は“閣議の間”☆
王の寝室に隣接し、鏡の回廊に通じていて
日々開かれる閣議はもちろん、皇太子の結婚の契約などが
行われていた部屋です。

f0183171_2113272.jpg
そういえば、宮殿の全体の写真を載せていませんでしたね~
こちらは正面玄関の外側☆
オープン前にも関わらず、チケットを購入するため
沢山の人が並んでいました。
ヴェルサイユ宮殿はパリ郊外にあるので
早起きしなくてはいけないけど
オープン前から並んだほうが人が少ないぶん
ゆっくりと見ることができますよ♪

f0183171_212473.jpg
コチラが正面☆
1979年10月26日に
世界遺産に登録されました☆
写真左手にはミュージアムショップと
小さいけれどラデュレのショップがあって
お土産が買えます♪

f0183171_2115669.jpg
この方が太陽王と呼ばれたルイ14世☆
彼がパリ郊外の田舎町であったここヴェルサイユに
豪壮な宮殿と庭園を築き上げ
自分が自然をも征服する“王の中の王”であることを
世間にしらしめました。
f0183171_2121843.jpg
こちらがルイ16世の王妃“マリー・アントワネット”☆
1787年にヴィジェ=ルブランによってかかれました。
マリー・アントワネットと彼女の子供たちを描いたこの絵を
本やテレビなどで見たことがある人も多いのでは?
左から長女、マリー・テレーズ、マリー・アントワネット
のちのルイ17世となる次男、ルイ・ジョゼフ
ベットの中には生まれたばかりの次女、マリー・ソフィー
そして8歳で夭逝してしまった長男、ルイ・シャルルです。

f0183171_21313984.jpg
沢山の肖像画が飾られているヴェルサイユ宮殿ですが
こちらも見所の一つです。
ジャック=ルイ・ダヴィッドによる
“皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠式”

f0183171_21375299.jpg
ルーブル美術館にも同じ絵があります☆
こちらの写真がルーブルのもの♪
同じと書いてますが、一部違うところがあるんですよ~
分かりますか??
ヒントは絵の左側☆

f0183171_21331337.jpg
5人並んでいる女性がいますよね?
そのうちの1人の服の色が違うんですよ。
左がルーブル、右がヴェルサイユのものです。
なぜ同じ絵が2枚あるのかというと
実際にナポレオンに献上した絵がルーブル美術館にあるもので
作者のダヴィッドは、全く同じ絵をもう1枚描いていました。
自分で所有するために描いたといわれていて
その複製画がここベルサイユ宮殿にあります。
この5人の女性はナポレオンの家族で
色の違う服を着ているのはナポレオンの妹・ポーリーヌ。
なぜ彼女だけピンクの服を着ているのかというと
作者ダヴィッドが彼女のことが好きだったからだそうです。

f0183171_21475427.jpg
日本人向けのツアーに参加するとトイレ休憩も兼ねて・・と
最後に立ち寄るのが日本人スタッフがいる免税店☆
日本から旅行で来られている方が多いので
“お約束”みたいなもの(笑)

f0183171_21481918.jpg
ここで高価なブランド品を買っても
うちみたいな欧州駐在者には全く関係ないので(苦笑)
ガイドさんおススメの飴ちゃんを買ってみました☆
“Les delices de la Reine”
直訳すると王妃の喜びという名のこの飴ちゃん
何でも1678年にルイ14世によってつくられた
ベルサイユ宮殿横にあるリンゴ園のリンゴだけを使って作った
ロイヤルな飴ちゃんだそう☆
中にリンゴのコンフィチュールが入っていて
結構おいしいですよ♪
日持ちもするしお土産におススメ☆
パリ・オペラ界隈にある免税店でも買えるみたいです。
[PR]
by fleurclasse | 2014-01-31 23:21 | フランス | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧