ドイツ・ハイデルベルク☆

f0183171_8171297.jpg
パリに行った翌週の連休は人生初・ドイツへ☆
正確には、赴任の時にトランジットで
フランクフルト空港に降り立ったから
初めてというわけではないのか・・(苦笑)
車で行ける範囲で・・・と相談した旅行会社の方の
ハイデルベルクはおススメですよ~という
提案に思いっきりのっかっての旅(笑)
お恥ずかしいのですが、ハイデルベルクのことは
不勉強で全く知りませんでした・・・

f0183171_8452484.jpg
ハイデルベルクはドイツの南西部にある街☆
ライン川とネッカー川の合流点近くに位置しています。
かつてのプファルツ選帝侯の宮廷であったお城と
ドイツ最古の大学“ループレヒト=カールス大学”のある街として有名☆
また、NATOの事務系統の総司令部が
置かれている基地の町という側面もあり
人口14万人のうち、アメリカ軍関係者が約2万人
学生が、2万6000人、そのうち約3000人が外国人留学生で
その出身国は世界80カ国にわたるそう。
規模としては中都市ですが、国際色豊かな街のようですね。

f0183171_8191779.jpg
ハイデルベルクにきたら
ここを訪れないわけにはいかないでしょう!
街の高台に建つ“ハイデルベルク城”☆
お城の外壁が茶色なので
山と同化してしまって分かりづらいですけど・・(笑)

f0183171_8183649.jpg
ハイデルベルクのシンボルであるこの城は
ドイツで最も有名な城の1つに挙げられるほど☆
13世紀頃からプファルツ選帝侯の居城として
拡張をつづけ、ゴシック、ルネッサンス、バロック等といった
様々な様式で建てられているところがおもしろいのですが
現在、30年戦争やプファルツ継承戦争、火事で破壊され
半ば廃墟のような複雑な姿をしています。

f0183171_8203437.jpg
では少しお城についてご案内♪
こちらはフリードリッヒ館☆
1607年にフリードリッヒ4世によって建てられて以来
代々の選帝侯の住まいとなったところです。

f0183171_8212819.jpg
フリードリッヒ館の横に建っているのが
“オットー・ハインリッヒ館”☆
1546年に建物の名のとおりオットー・ハインリッヒによって
建てられたもの。
この建物の地下には1957年に開設された
ドイツ薬事博物館があります。

f0183171_8221223.jpg
“城門塔”☆
度重なる戦争にも耐えて唯一残った高さ52mある塔。
この塔の門の扉には、奇妙な傷跡がある鉄の輪があり
“魔女の噛み跡”といわれています。
昔、この城の王が
「この鉄の輪を噛み切る者がいれば、その者に城を与える」と
言ったところ、沢山の人達が挑戦。
でも誰一人噛み切ることはできませんでした。
その中には魔女も参加していて歯が砕けるほど
全力で噛み付いたその噛み跡がこれだといわれています。

f0183171_8224161.jpg
大樽棟にあるワイン大樽☆
この樽は1751年にカール・テオドールが
造ったもので、直径7m、長さ8.5mあります。
また容量は222,000リットルあり
木製の樽としては世界一の大きさです。

f0183171_9481884.jpg
“エリザベス門”☆
フリードリッヒ5世が妃のエリザベス・スチュワートのために
造った門です。
この門は彼女の19歳の誕生日プレゼントとして
一夜のうちに建てられたと言われています。
ものすごいサプライズ・プレゼントですね~♪

f0183171_8235844.jpg
“火薬塔”☆
その名のとおり、火薬の保管庫だったところ。
1693年のフランス軍の攻撃によって
巨大な塔がこのように2つに割れてしまいました。

f0183171_8301339.jpg
手前の建物が“薬局塔”☆
その奥、旗が立っている建物が“鐘楼”☆
ランタン風に作られた鐘楼の頂上部に
鐘が取り付けられています。

f0183171_8244670.jpg
“アルタン”☆
“選帝侯のバルコニー”とも呼ばれるこのテラスからは
ハイデルベルクの街を一望することができます。
この日もたくさんの人が景色を楽しんでいましたよ♪

f0183171_8251268.jpg
アルタンにあるくぼみ☆
足跡といわれているものなんですが
誰の足跡かは諸説ありまして・・・
城が火事になった時、逃げ遅れた騎士が飛び降りたときに
できたものだとか
フリードリッヒ4世が泥酔して飛び降りたときにできたもの
はたまた、選帝侯妃の浮気相手であった騎士が
密会現場を見つかりそうになり
あわてて選帝侯妃の寝室から飛び降りた跡とも・・・
どれがホントなんでしょうね(笑)

f0183171_8255298.jpg

ではではテラスからの景色をどうぞ❤
眼下にはネッカー川
そのネッカー川にかかるアーチ型の橋“アリュテ・ブリュッケ”
尖塔の建物は精霊教会☆

f0183171_10241427.jpg
アルテ・ブリュッケは古い橋という意味で
正式名は、カール・テオドール橋といいます。
名前のとおり町で最も古い橋で長さ約220mあります。

f0183171_8261939.jpg
橋の入り口にある門☆
夜、落とし格子の柵がおりることで敵の侵入を防ぐ役割がありました。
また左右の塔は、牢屋として使われていたそうです。
ブリュッセルから車で約6時間かかるハイデルベルク・・
なかなか来れないところなので
大学の建物や街の中心地も見たかったのですが
次の目的地への移動もあって
早々に引き揚げなければならずちょっと残念でした・・・
お次はケルンへ☆
また4時間ほど車での移動となります。
大聖堂が楽しみだな~♪
[PR]
by fleurclasse | 2014-02-04 23:38 | ドイツ | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧