1月のお茶会☆

f0183171_194522100.jpg

先月もゆかりさんのお茶会に行ってきました☆
バレンタインを意識されたのでしょうか?
シンプルに活けられた深紅の薔薇が
落ち着いた雰囲気のテーブルにぴったり♪

f0183171_19461927.jpg

アペリティフは、フランスのジュラ地方のクレマン☆
クレマンはフランス・シャンパーニュ地方以外の地域で
作られるシャンパーニュ製法のワインの1種。
クレマンという名前の由来は
"泡が半分取り除かれたシャンパーニュ”からきているそうで
つまり泡が優しく、より品質の高い発砲性ワインであることを
指しています。

f0183171_19473445.jpg
そのクレマンに合わせて
用意していただいたアミューズ 3種☆
まずは“かぶらのポタージュ”
やさしいお味のカブにふんわり香るゆずが
よく合ってました。

f0183171_1955153.jpg

イタリアの生ハム・サン・ダニエル☆
イタリアの生ハムと言えばパルマのものが有名ですが
サン・ダニエルもとても質の良い生ハムなのだそう。
塩辛さもなく、香り豊かでおいしかった~
クレマンととてもよく合いました♪

f0183171_19552738.jpg

ガレット・デ・ロワは毎年1月6日の公現節の日に食べる
フランスの伝統菓子。
中にフェーブというと呼ばれる陶製の小さな人形が
1つ入っているのが特徴です。
公現節に家族で切り分けて食べ
フェーヴが当たった人は幸運が1年間継続するといわれていて
その日は王冠を被りみんなから祝福を受けます。
ベルギーでも1月に入ると店頭にズラリとガレット・デ・ロワが並び
1月いっぱいまで販売されています♪

f0183171_19569100.jpg

こちらが中に入っているフェーブ☆
かわいいですね♪
こちらはお菓子の形ですが、色んな形のフェーブがあります。
フェーブをコレクションされている方も
たくさんいらっしゃるんですよ~
フェーブだけ販売してくれるお店もあるそうです。

f0183171_19563026.jpg
今回のガレット・デ・ロワは
アーモンドクリームを使った定番のものではなく
サーモンとちりめんキャベツを使った塩味のもの。
塩味のガレット・デ・ロワは初めてでしたが
さっぱりしていてとってもおいしかったです♪

f0183171_19565786.jpg

スフレフロマージュと柑橘のアントルメ☆
ふんわりとやさしい食感のチーズケーキと
レモンが効いたグラスデザートの相性バッチリ♪

デザートの2皿目は白ワインのタルトでした。
フィリングに白ワインを使ったタルトは初めて☆
温かいうちにいただくスイスのデザートなのだそう。
見た目は素朴な印象のこのタルト
さっぱりとしていてとてもおいしかったですよ。

f0183171_201432.jpg

今回から、ゆかりさんのゆっくりお菓子を楽しんでほしいという
お考えからデザート2品目から写真NGとなりました。
こちらからはゆかりさんのご好意で提供していただいた写真となります。
(なので、白ワインのタルトの写真がありません)

ミニャルディーズは“オウファン・ブルトン”
フランスのブルターニュ地方の伝統菓子で
たっぷりのプラムが入った固めのプリンといった感じです。

f0183171_2014932.jpg

イギリスのブレンドティーと一緒に供されたのは
メキシコサブレ☆
メキシコの帽子のような形をしていることから
このような名前で呼ばれているそうです。

気が付くと2月も後半に入っていました・・・
早いですね~~
今月のお茶会のお菓子は何かな~♪
伺うのがとっても楽しみ❤
[PR]
by fleurclasse | 2014-02-16 17:00 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧