花の都・フィレンチェ Part5☆

f0183171_22345085.jpg
フィレンチェ滞在最終日☆
午前中の自由時間を利用して
フィレンチェ郊外・セスト・フィオレンティーノにある
メディチ家の別荘に行ってきました。
去年、世界遺産に指定されたばかりの
フィレンチェ観光の穴場スポットです。
まずはペトライアの別荘へ☆
メディチ家の別荘の中で最も美しいといわれるペトライアは
14世紀はブルネッレスキ家、15世紀にはストロッツィ家が所有し
16世紀中頃、メディチ家のコジモ1世が購入。
その後イタリア最初の王様、サヴォイア家が居住しました。
建物の見学はできますが、写真はNG~
この日もガイドさんをお願いしたので
説明を聞きながら館内をめぐります。
ちょうどガイドさんのお友達の守衛さんがいて
その方もガイドをかってでてくれました。
彼はとても邸内のことに詳しいそうで、ガイドさんは
この方から色々教えてもらったんだそうですよ♪

f0183171_22415383.jpg
正面入口の上にある紋章☆
これは2つの家紋を合わせたもので
左半分はメディチ家の紋章。
もともとは医者だったメディチ家の紋章は
丸薬をモチーフに使っています。
右半分はコジモ1世の息子フェルディナンドの妻ロレーナの出身
フランス・ロレーヌの君主、ロレーナ家のもの。
そして2つの紋章の上にある王冠は
メディチ家のあとにここを所有したイタリア王家の印だそうです。
ここから中に入るとすぐ、ガラスと鉄を組み合わせてできた
屋根に覆われた中庭があります。
中庭を取り囲む四方の壁には
とても美しいフレスコ画が描かれているんですよ♪
この他にも沢山の美しいお部屋があります。
お見せできなくて残念!

f0183171_22395672.jpg
邸内も美しいですが、お庭も素敵なんですよ♪
典型的なイタリア式庭園で、鉢植えの柑橘類が多く置かれています。
なぜ鉢植えかというと、冬に温室に移動させるため
管理しやすいようにするためなんですって。
ここ最近、ヤマアラシが庭に植えた球根を食べてしまう被害が多発したため
庭に入る門扉に柵をとりつけて
ヤマアラシが中に入ってこれないように工夫してありました☆
・・というか、ヤマアラシが出ることにビックリ!!

f0183171_633201.jpg
“フィオレンツァの噴水”☆
庭にあるのはコピーでオリジナルは邸内にあります。
16世紀・ジャンボローニャの作品で
女性の右足から胴体に管をとおし、髪の毛の先から
水が滴り落ちるシステムになっているんだそうです。
おもしろいですね♪
残念ながら今は水を通していないので
その様子が見られませんでした・・・

f0183171_2242239.jpg
フィレンチェを見下ろす高台にあるこの別荘からの
景色はとてもきれいなんですよ~
遠く、ドゥーオモのクーポラがみえました♪
メディチ家の皆さんもこの景色を楽しんだのかな~

f0183171_22425258.jpg
ペトライアの別荘をあとにして
歩いてカステッロの別荘へ向かいます。
その途中にある邸宅“Villa di Colonnata”(ビラ・ディ・コロンナータ)☆
ここは、有名なお話・ピノキオの作者である
カルロ・コッローディが暮らした家なんです。

f0183171_650519.jpg
そのお宅の門にそのことが書かれていました☆
外からは様子がよく分かりませんが
広さ約3000㎡もある大邸宅で
お庭は約3ヘクタールもあるんだそう~
そして19世紀にはこのお庭から埋蔵金が発見されたんですって!
見つけた庭師さんはビックリしたでしょうね~
そして昨年秋、この邸宅は1050万€(約14億円)で
売りに出されたそうなのですが、どなたか買われたのかな?

f0183171_22431715.jpg
ピノキオの作者のお家の前には
国立の美術館があります☆
残念ながら、ここは非公開。
芸術品が多いイタリアはこういった非公開の美術館や
博物館が多いんだそうです。
多すぎて管理しきれないというのが
理由の一つのようです(苦笑)

f0183171_232484.jpg
歩いて10分ほどでカステッロに到着☆
こちらはお庭のみの公開となります。
美しいイタリア式庭園ですね♪

f0183171_2354058.jpg
こちらがカステッロの別荘☆
ウフィツィ美術館にあるボッティチェリの
“ビーナスの誕生”と“春”の2作品は
元々はこちらの邸内に飾られていたんですよ♪
そしてお庭の真ん中にある噴水“ヘラクレスとアンタイオス”
ペトライアの噴水は女性の髪から水が滴りおちるものでしたが
こちらは天を仰いでいる上の人の口から
ピューッとお水がでる仕組みになっているんですって~
ちょっとどんなものか1度見てみたいものですね(笑)

f0183171_2343342.jpg
庭園の奥にある高みには
グロッタと呼ばれる人工洞窟があります☆
お庭に洞窟って珍しく感じますが
イタリア式の庭園にはよく見られるものだそうです。

f0183171_23213310.jpg
ここの洞窟はルネッサンス後期に作られたもので
“動物の洞窟”と呼ばれています。
正面の水盤の上にはユニコーンやライオン
象、ヤギ 牛、羊といった動物たちがかたどられています。
天井はシェルや小石で作られたモザイクで装飾されてとてもキレイ☆
仮面のモチーフがユニークですね♪

f0183171_2322476.jpg
洞窟の左側にも水盤があって
サイやクマ、イヌ、サル、ネコなどが・・・
特にピンクの石で彫られたキリンが目を引きますね☆

f0183171_23224044.jpg
右側にもありますよ☆
こちらには大きな角の鹿やイノシシ、牛、馬、ヤギがいますね。
世界遺産に指定されたばかりということもあり
まだまだ管理が行き届いていないところも
見受けられる2つの別荘ですが
これからもっと整備し美しくなると思われます。
フィレンチェ市内の観光に少し飽きたら
ちょっと足を延ばして訪れてみてはいかがでしょう?
[PR]
by fleurclasse | 2014-05-27 23:43 | イタリア | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧