フィレンチェごはん☆ Part2

f0183171_8222077.jpg
初日の夜はディナーツアーに参加☆
フィレンチェの有名店・Trattoria Omeroへ。
アルノ川の対岸にあるピアンデルジュッラリという地区にあるのですが
町の中心地から少し離れているので
タクシーじゃないとちょっと行くのが難しいかも。
しかもお店も細い路地にあり
一見食材を扱っているお店のような感じで
ちょっと分かりづらいんです。
目印はTRATTORIAの文字と
沢山ぶら下がっている生ハムです☆

f0183171_8225411.jpg
お店のお向かいには
ガリレオ・ガリレイのお家があります!
ガイドさんに教えてもらわなければ
気付かないほど、ひっそりと建っています。

f0183171_8231581.jpg
お家の壁には
ガリレオの胸像が埋め込まれてますよ♪

f0183171_8234026.jpg
アンティパスト☆
Salumi misti toscani con crostini
トスカーナ名産のサラミや生ハム
そしてクロスティーニの盛り合わせ
クロスティーニはカリッとトーストしたパンの上に
色んな具材をのせたものをいいます。
今回のはレバーとアーティチョークのペーストが
たっぷりとのっていました♪

f0183171_829454.jpg
プリモピアット☆
Ravioli di ricotta e spinaci
リコッタチーズとホウレンソウのラビオリ
Penne strascicate all'omero
オメール風ペンネ・ストラシカーテ
ストラシカーテはミートソースのことで日本人にはお馴染みの味~
ラビオリはセージの香りが効いたバターソースで。
このラビオリ、日本の雑誌“CREA”のフィレンチェ特集に
掲載されたようで・・・
お店ご自慢の1品なのかな?


f0183171_82402.jpg
セコンド☆
bistecca alla fiorentina
ビステッカ アッラ フィオレンティーナ
これがフィレンツェ名物・Tボーンステーキ!
キアーナ牛というフィレンツェ特産の白い牛のTボーンを
シンプルに炭火で焼いただけなんですがスゴクおいしい♪
味付けも塩・胡椒のみでお肉本来のおいしさが堪能できます。
焼き加減はレアがおススメ。
ミディアムレアでお願いすると焼き過ぎな感じで出てきていたので・・・
今回はディナーツアーということで
人数もいたのでこの程度のボリュームですが
どこのレストランでも通常、Tボーンステーキは
ミニマムの量が決まっています。
1㎏からオーダーできるところが多いようです。
人数が少ないとちょっと頼みづらいメニューですね。

f0183171_8243054.jpg
ドルチェ☆
creme brulee(クリーム・ブリュレ)
パリパリのキャラメルと甘さ控えめのクリームの
バランスがよかった♪
甘いものはいつも別腹(笑)
個人でここに来られるならば、窓際に席を予約するのを
おススメします。
窓からトスカーナの田園風景が一望できるそうですよ♪

f0183171_8245070.jpg
お店を後にした後は車で5分ほど行った
“ミケランジェロ広場”ヘ☆
ここでフィレンチェの夜景を楽しみます♪
ミケランジェロ広場といわれるだけあって
広場の中心にはどーんとライトアップされたダビデ像。
こちらのダビデさんはコピーです。
(本物はアカデミア美術館にあります)

f0183171_8251943.jpg
夜のフィレンチェの街☆
夜景なのでピンと来ない方も多いかもしれませんが
ここからの景色、見覚えのある人が結構いるのでは?
随分前だけど・・ネスカフェ・ゴールドブレンドのCMで
使われていたんですよ♪

f0183171_8254438.jpg
夜景・・・キレイだけど
うわぁ~❤という感動はないかも・・・(苦笑)
光の量が少ないんだよねぇ~~
ここからの景色は晴れたお昼間のほうが
もっと素敵なんじゃないかな~
今度、フィレンチェに来たら明るいときにここへ来ようっと!


Trattoria Omero
住所:Via del Pian dei Giullari, 47, Firenze
電話:+39.55.220053
営業日:無休 12:30~15:00、19:30~23:00

[PR]
by fleurclasse | 2014-06-01 21:03 | イタリア | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧