Fabrice Collignon☆ 

f0183171_557181.jpg
『ここのケーキ、すごくおいしいのよ♪』
ご近所のグルメマダムおススメの
Fabrice Collignon(ファブリス コリニョン)
教えていただいたのはまだ私がベルギーに来たばかりのこと。
お店の場所とか詳しく説明してくださったのだけど
まだ右も左も分らない当時の私にはちんぷんかんぷんで・・・(笑)
ようやく1年半の時が経ち
ブリュッセルの街の様子もわかってきたので
お友達と学校帰りに行ってみることにしました♪

f0183171_5574360.jpg
スタイリッシュな素敵なお店☆
Fabrice Collignonさんは
パリの3つ星レストラン“アランデュカス”のシェフパティシエを
務めていた方だそう♪

f0183171_615895.jpg
好きなケーキを選んでお店で食べることもできます。
また朝はヴィノワズリー(菓子パンのこと)と飲み物のセットを
頼むこともできますよ~
朝食に訪れるのもいいですね♪
テーブルのお花の活け方も素敵でした☆

f0183171_622794.jpg
私はSOFAという名前のケーキを♪
フランス・ヴァローナ社のマンジャリという
100%マダガスカル産のカカオを
贅沢に使用したチョコレートのケーキ。
甘さも控えめで
ラズベリーの酸味とよくあっていてとってもおいしかった♪

f0183171_634473.jpg
お友達はリンゴとカラメルのケーキ☆

f0183171_6103361.jpg
お持ち帰りしたケーキは2種類。
まずはパリブレスト☆
プラリネが効いてて味は良いのだけど
しっかり甘いんだよねぇ~
甘さをもう少し控えたもらえるということなしなんだけどな。
まぁコーヒーとはよく合うけど・・・

f0183171_662334.jpg
ミラベルとフロマージュブランのムース☆
上にはオレンジの皮の苦みを生かしたジュレ
そしてシナモンを効かせたクランプルとの組み合わせが
おもしろかったけど、かな~り甘い・・・
1/4位で満足しちゃうほど甘い・・・
ここのに限らず、ベルギーのケーキは全体的に甘いんですよね~
ベルギー人のフランス語の家庭教師のセンセの話だと
最後にガッツリ甘いものを食べないと
食事をした気分にならないのだそう。
以前、おぜんざいを作ったときに彼女に出したのですが
おぜんざいに付き物の浅漬けの存在意義が理解できなかったみたい(笑)
日本人は甘いものを食べた後に、塩気のあるものを食べて
口の中をさっぱりさせるんだよって説明したのだけど
しょっぱいものを食べたらまた
甘いものを食べなきゃいけなくなるじゃない!って
浅漬けをおぜんざいを食べる前に全部平らげていた・・・
これも文化の違いですねぇ(笑)

f0183171_611533.jpg
話が逸れましたが・・・
ここはマカロンとカヌレもおいしいので有名♪
今回は塩味のマカロン
シェープル(山羊のチーズ)とタイム味と
グリーンオリーブのタップナード味の2種を買ってみました。
塩味といいつつもしっかりお砂糖は入っていて甘くてしょっぱいの・・
クセがあるので好みが分かれるけど
私はシェーブルのほうが良かったかな。
カカオの形をしたのはプラリネ入りのチョコです。
少し家から遠いけど、イートインできるのが魅力☆
SOFAというケーキがおいしかったから
また行ってみようかな。

Fabrice Collignon
住所:Chaussée de Waterloo 637 1050 Bruxelles
電話:02 344 26 06
営業日: 火曜~土曜 7:30~18:30, 日曜 8:00~15:00
定休日:月曜日、祝日

[PR]
by fleurclasse | 2014-09-22 23:20 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧