Poisson d'avril!

f0183171_4515272.jpg
C'est poisson d'avril!
今日は4月1日☆
日本だとエイプリルフールですが
こちらではPoisson d'avril(ポワソン ダブリル)と言います。
訳すると4月の魚☆
調べてみると諸説あるようなのですが
かつてフランスでは4月1日を1年の始まりとしていて
その日にプレゼントを互いに贈りあっていたのですが
1565年、その時の王様が始まりの日を1月1日に変えてしまいました。
新年の始まりの日が変わった以降も
いたずらで4月1日に贈り物をする習慣が人々の間に生まれ
それが現在の形になったそうです。
なぜ魚なのかは、イマイチこれといった理由がないようで・・・
うお座が由来だとか
この時期、サバが沢山獲れるからとか・・・

フランスでは写真のような魚の形をしたお菓子を食べるようですが
ベルギーでは子供たちが大人の背中に魚の形の紙を張り付ける
いたずらをします。
今日、お出かけしたけど魚を張り付けられた人は見なかったな~
またテレビや新聞で嘘のニュースをまことしやかに流すんだとか。
たまたま今日、フランス語の家庭教師の先生が来たので
2人で一緒に新聞をチェック☆
ベルギーの信号がLEDに変わるので 今後は緑が青になります
・・・という記事があった(笑)
多分、コレがpoisson d'avrilだね~っと意見が一致したのだけど
ホントのところはどうなのかな(笑)

f0183171_522839.jpg
気づけば4ケ月近く、ブログ放置してたんですね・・・
その間にローカルのお友達が何人かできて
お互いのお家を行き来したり、一緒にお茶やランチしたり
夕飯を一緒にとったり・・・と有意義に過ごしておりました☆
少しはフランス語、上達したかな~~
3月のとある日曜日の午後
お友達のシンシアとカフェで待ち合わせしてお茶しながら楽しくおしゃべり♪
気付けば4時間もしゃべっていた・・・
その時、彼女にケーキのモンブランについて教えてもらったの。
日本でいうモンブランは
ベルギーではNid Marron(ニド・マロン)っていうんだって。
直訳すると“栗の巣”☆
確かに、うねうねと絞り出したマロンクリームが鳥の巣にみえますね(笑)

f0183171_513533.jpg
彼女とお茶した“Wittarmer”☆
日本にも支店があることもあって
日本人観光客や駐在の日本人にとても人気があります。
それもあってか、ここにはモンブランがあるんですよ~
ただベリーヌ仕立てになっているので日本のモンブランとはちょっと違うの。
日本のモンブランを食べたい方はNid Marronを頼んでね♪
4月になったし、新規一転!
のんびりモードになりそうだけどブログ更新していこうと思います。
ネタと写真は腐るほどあるのだけど、書く時間が~~(泣)
[PR]
by fleurclasse | 2015-04-01 22:49 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧