Cécila☆

f0183171_1323591.jpg
お友達のCynthiaから『一緒にdînerに行こうよ!』とのメール☆
行きたいところで良いよ~とのことだったので
遠慮な~くいくつかのレストランをピックアップ。
その中からCynthiaが予約してくれたのがCécila
お互いの家からのアクセスが良い
グランプラスの近くにあるレストランです☆

f0183171_1325545.jpg
レストランに行く前にapéroしよ~と誘われて、ほろ酔いでこちらへ。
で、またここでもアペリティフ飲んじゃう❤
さっきはビールだったから、シャンパーニュで乾杯♪

f0183171_1524999.jpg
Menuは日替わりのようで口頭で説明してくれますが
やっぱり耳だけで長い説明を理解するのは難しい・・・
4サービスか5サービスかで迷い
こういうお料理が出るって言っていたよね~云々と
相談の結果、4サービスでお願いすることにしました。
まずはアミューズ・ブーシュ☆
ブラックオリーブを使ったマドレーヌ・サレ(塩味のマドレーヌ)

f0183171_2134236.jpg
次のアミューズ・ブーシュは
鱈のブランダード、ルッコラのオイルとともに☆
鱈のポテトサラダといったら分かりやすいかな?
カリカリに焼いたバケットに塗って食べるとおいしいのですよ♪

私の走り書きのメモによると
どうやらもう1品、サービスされたようなのだけど写真がない・・・・
シェーブルのチーズ
クレーム・ラングスティーヌ←海老ミソが効いている
大根のブラマンジェ←甘くない
・・・とメモにはある。
この海老、おいしい!って言っていた記憶はあるのだけど
どんな風に出てきたのか・・・全くおぼえがない(苦笑)
やっぱり写真って大事~~(泣)

f0183171_2141666.jpg
いよいよアントレ♪
グリンピースのピュレをオレンジのジュレとともに口に入れると
一気に初夏で満たされます♪
おいしい❤
えだまめと空豆はバルサミコとオリーブオイルでさっぱりと。
Edamameは今、ヨーロッパで大人気なんですよ~

f0183171_21413132.jpg
もくもくと真っ白い煙で満たされたガラス製のドーム。
それを外し、煙が去った後に現れたのは鰹のスモーク☆
スモークが効いていておいしかったのだけど
やっぱりちょっとお醤油垂らしたいっ!
薬味のせたいっ!(笑)

f0183171_214243.jpg
白いエルダーフラワーのお花が印象的なこちらは
アラスカ産サーモンのグリエ☆
sauvageと言っていたから天然サーモンちゃん!
添えにはグリエしたフヌイユとポワロー
ポワローの横にちょこんと添えられている小さな葉っぱはグラパラリーフ
中南米原産の新しいお野菜です。
別名“葉りんご”というだけあって、結構酸味が強いです。
ソースはアニスとお花のシロップとのこと。
シロップというには、まったく甘味がなく
どちらかといえばエキスといったほうがしっくりくる。
味もぼんやりしていたし・・・主張しないところがいいのかな・・・

f0183171_21425052.jpg
メインは鳩でした☆
鳩大好き❤  焼き加減もGOOD
添えには小さい烏賊とアリコ・ココ(小粒の白インゲン豆)
そして、ベトラーブ、黄色いズッキーニ、人参といった季節のお野菜
食べるとピリリと辛いナスタチウムのお花。
アクセントとしてお料理に使われてます。

f0183171_016514.jpg
デセールは2品出ます。
まずは赤い実のソルベ☆
お隣の泡々の中は数種類の赤い実をサングリアでマリネしたもの
そしてそれを包む泡はサングリアで大人味のソルベに仕上げてありました♪

f0183171_2143823.jpg
こちらは赤い実のタルト☆
帯状にカットしたパートサブレに
甘味をグッと抑えたビターなショコラクリーム
その上にイチゴ、フランボワーズ、ブルーベリーが飾られています。
タルトの構成は同じで形状が違うだけなのに
こんなにスタイリッシュに変身!
タルト型で作ると切り分けが難しいから
このアイデア、家でも取り入れたいな♪

f0183171_21432829.jpg
デセールと一緒にコーヒーも頼みました。
その時に出てきたミニャルディーズ達☆
まずは、ソルベ・アナナス
パイナップルが主張しすぎないふんわりとやさしい味。
あと、ガトーショコラとバニラ風味のギモーブ。
ギモーヴはマシュマロのことなんですが
よくある弾力のあるフワフワ感ではなく
ものすごくプニュプニュしていて
強く持ったらつぶれてしまいそうなほどの柔らかさ
こんなギモーヴは初めてでした☆

f0183171_21434758.jpg
そしてヘーゼルナッツが入った塩キャラメル☆

女性シェフが切り盛りするこちらのレストラン。
20時半のときに見渡すと満席で、何人か断られていた人もいるほど
とても人気があるみたいです。(予約必須です!)
また1皿のポーションが多くないので、皿数で調整できるところもよいですね。
(4サービスで59€、1皿増えるごとに+10€になります)
ただ皿数によってメニューの構成がかなり違うようでした。
お隣のテーブルの方達は私達と全然違うものを食べていたし・・・
私達は19時スタートだったのですが
ギャルソンの方が謝りに来るほど
メインの後のデセールが全然出てこなくて~~
ベルギーの人は食事の時間が遅いので
私達のデザートの時に厨房がものすごく忙しくなってしまったようなのです。
テンポよくお食事を楽しみたいのなら
ベルギーの予約時間の定番の20時にお店に入った方が
ストレスがなくていいかもしれません。
それを差し引いても味は良いですし、立地もよいのでおススメですよ♪


Cécila
住所:Rue des chapeliers 16 1000 Bruxelles
電話:+32 2 503 44 74
営業日: :火曜~土曜 19:00~22:00、ランチは木曜・金曜のみ 12:00~14:00
定休日: 日曜、月曜、火曜、水曜、土曜の昼

[PR]
by fleurclasse | 2015-06-24 15:52 | ブリュッセルごはん | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧