La Rabassier☆

f0183171_23238100.jpg
本帰国するSさんとベルギー最後のおデート☆
帰国前の色んなお買い物にお付き合い。
そして最後のおランチにはこちらのお店を予約しました
Le Rabassier
私の今1番のお気に入りのレストランなの❤

f0183171_23261220.jpg
昨年の7月にオープンしたレストランですが
開店後3ケ月でゴーミヨ・14/20という評価がされています。
水曜~金曜の3日間しかランチメニューはなく
伺った日は該当日だったのですが
最後・・・ということもあり通常のMenuをお願いしました。

f0183171_232768.jpg
まずはアミューズ・ブーシュ☆
一口サイズのフォアグラのクロケット
クロケットの周りは砕いたアーモンド。
カリカリの食感と中の濃厚なフォアグラ
そしてプラムのソースの甘酸っぱさが絶妙でした♪

f0183171_23272923.jpg
グレーシュリンプ入りのクレソンのスープ☆
さらりとしているけど、海老のうま味が生かされたおいしいスープでした。
お抹茶のような深いグリーンがとてもキレイ!

f0183171_23275333.jpg
花ズッキーニのファルシ☆
お花の中にはガチョウの肝臓のピュレとトリュフを詰めて、さっとグリエ。
さらに贅沢に夏トリュフのスライスがたっぷり
ナイフを入れるとフワッと崩れてしまうほど柔らいの♪
トリュフとモジェット(白インゲン豆)のソースや
砂のようにパラパラに仕上げたブラックオリーブをつけて
お口に入れれば、ふわ~んとトリュフの香りが広がってまさに至福の時❤
添えには細かく刻んだラタトゥイユをセルクルでかたどって
薄~く焼いたガレットをポンっとのせたもの。
コチラもおいしかった~♪

f0183171_23283975.jpg
イシビラメのブレゼ☆
添えには今シーズン・ラストとなるホワイトアスパラとグリーンアスパラ
そしてモリーユ茸のグリルとペコリーノチーズ
ソースはホワイトアスパラのブイヨンにモリーユ茸を加え
クリーム仕立てにしたもの。
塩加減もちょうどよくって、とっても美味♪

f0183171_2191349.jpg
このコースは5€を追加するとチーズも食べれちゃうのですが
Sさんが、ちょっと(お腹に)チーズが入るスペースがないわ~っというので
今回はパス。
写真は2月に別のお友達と行った時のもの。
トロトロのBrieチーズにたっぷりの刻みトリュフがON!
これがまたムッチャおいしかったのです~~

f0183171_23295046.jpg
Pré-dessert☆
シブーストのように仕立ててありますが
イタリアンメレンゲとフランボワーズのソルベなのです。
焦げたメレンゲの香ばしさとフワフワな食感
甘酸っぱいソルベが良くあってました♪

f0183171_23301750.jpg
Dessert du moment☆
フロマージュ・ブランのソルベの下には
たっぷりのイチゴちゃん❤
そして、カリカリっとしたパールシュガーがふられています。
鮮やかな緑のソースはバジルとレモン、オリーブオイルで作られたもの。
不思議な組み合わせですが
お口の中で繰り広げられるハーモニー感←何だそりゃ(笑)
コレがまた良いのです!

f0183171_2154895.jpg
実は・・・7月にはいってすぐに、またおランチにうかがっていまして~~(笑)
ソルドでお出かけした時に、Cさんをこちらにお連れしました☆
今回はランチメニューをセレクト。
まずはアミューズブーシュ。
完熟トマトのソルベとカプレーゼ
淡い紫のセージの花が散らされていてとてもキレイ♪
ソルベにはバジルの風味が付いていて暑かったこの日にぴったり。
色とりどりのミニトマトと水牛のモッツァレラもおいしかった~

f0183171_2151672.jpg
アントレ☆
デジャブのようだけど(笑)
先月のコースメニューのアントレと同じでした。
ちょうど月が変わったタイミングだったからかしら?
そういえば、マダムがランチメニューの説明しかせず
前回持ってきてくれたMenuの提示はなかったな。
おいしいものは何度食べてもおいしいから私的には全く問題なし!
あえて違いをあげれば、トリュフの量が少ないかな(笑)

f0183171_2143790.jpg
メインも同じくイシガレイでした(笑)
鰈の下にはタコ、シーアスパラガス
そしてエストラゴンのソース
手前のものは一見、ゲソのフリットのように見えますが
何とこれ、サクサクしたスナックなの。
中華で良く出てくる揚げた海老せんみたいな感じ。
吸盤は何で出来ているんだろ~
手が込んでますね!

f0183171_214135.jpg
デセールもほぼ同じ(笑)
フロマージュブランのソルベとイチゴ、メレンゲにハーブのソース
これで29€なら、かなりのお得感☆

f0183171_2133424.jpg
コーヒーを頼んだ時のミニャルディーズ☆
2段トレイでかわいく&たっぷりと♪
ショコラはマンディアンとフレッシュチェリーのショコラがけの2種類
フィナンシェとチェリーのソースがかかったパンナコッタ
そしてデーツ(なつめやし)のドライの中にクリームチーズを挟み
さらにクランプルをかけたもの。
どれもおいしかった♪
Sさん、Cさんともにスゴク気に入ってもらえたので
ご案内してよかったです☆
お店の名前が気になって調べてみたら
Le rabassierというのはフランス語で“トリュフ狩り職人”という意味らしい。
その名のとおり、トリュフがそこかしこに使ってありました。
Menuが変わったらまた行きたいな~
季節ごとに行きたいくらい、大好きなレストランです♪


Le Rabassier
住所:Rue des chapeliers 16 1000 Bruxelles
電話:+32 2 503 44 74
営業日: 水曜~日曜 12:00~13:30、19:00~20:45
      但し、29€のランチメニューは水曜・木曜・金曜のみ 
定休日: 月曜、火曜、祝日

[PR]
Commented at 2015-09-19 16:37 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by fleurclasse at 2015-09-22 01:59
Yukoさん
はじめまして! コメントありがとうございます。
早速ですがご質問についてお答えしますね。
特にドレスコードはないようですが、わりとキチンとした服装で来られる方が多かったです。
12月に来られるのであれば、男性でしたらジャケットを羽織られてきたほうが無難かなと思います。
ただ女性の場合、靴についてはピンヒールは避けたほうがいいと思います。このお店のあたりは石畳なので歩きづらいですし、せっかくのヒールに傷がついてしまいます。
ヒールのある靴を履かれるならば太目のものの方がいいですよ。

このお店はグランプラスから徒歩圏内ですので、グランプラスのクリスマスイルミネーションを楽しんでから訪問するのもおススメですよ!
また何か他にご質問があれば遠慮なくおっしゃってくださいね。




Commented at 2015-09-26 10:43 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by fleurclasse | 2015-07-09 21:23 | ブリュッセルごはん | Comments(3)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧