2009年 12月 28日 ( 1 )

出会いの場所で・・

f0183171_14171914.jpg

今年の我が家のクリスマスディナーの様子です♪

・・・と書きたいところですが
残念ながら、今月初めにあった友人の結婚祝いの食事会での様子です。
以前、フランス料理を4年ほど習っておりまして
そこでご一緒だったSさんが再婚されるのでそのお祝いをしようということになりました。
場所は、名古屋の長者町にある“レストラン・ツキダテ”
私たちが出合った、フランス料理のお教室であった場所。
厨房に入れていただき、オーナーシェフ直々に
沢山のお料理を教えていただきました。


コチラはメイン料理。
ポトフ風に仕立てられた牛タンの柔らかいことといったら・・
久しぶりにお邪魔しましたが
相変わらずシェフの料理はおいしい♪
そして、来年にはストウブを絶対手に入れるぞっ!と心に誓う私。

f0183171_14173226.jpg

アミューズは
鹿肉のたたき

鹿肉のことをもみじ肉とも言うそうです。
長野から届いた鹿は
シェフが1頭まるまる捌いたそうで
そのお話もなかなか面白かったです。


f0183171_14264679.jpg

前菜はシーフードのマリネ。

ビーツと洋ナシのソースでいただきます。
洋ナシの爽やかな甘さと香りが
シーフードとこんなに合うとは驚き!
ビーツはなかなか手にはいらないけど
洋ナシの時期になったら
家でもやってみようかな


f0183171_14265647.jpg

スープは紫芋のポタージュ。

味の決め手は栗の蜂蜜。
独特の栗の蜂蜜の香りがスープにパンチを
与えてくれてます。
シェフのスープはいつもおいしくて
家でも真似してやってみるけど
なかなか同じようには出来ない・・



f0183171_142766.jpg

真鯛のポアレ

皮目にはパリパリのポテトを纏わせてあります。
ソースは蜆を使ったサフラン風味のスープ仕立て。
アサリや蛤でなく、蜆を使うところがシェフらしい(笑)
あっ!デザートの写真・・撮るの忘れてるし・・・


久しぶりに伺ったのに、そんなことを忘れてしまうほど
シェフは私たちを温かく迎えてくれ、すっかり甘えて遅くまでお邪魔してしまいました。
なかなか教えていただいたお料理を家で作るチャンスはないのだけど
(材料が揃わないことが多いので・・)
ちょっとしたポイントなど今でも活用しています。
また、ちょくちょくお邪魔させてもらおう♪
[PR]
by fleurclasse | 2009-12-28 20:14 | プライベート

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧