カテゴリ:イギリス( 13 )

London Eye☆

f0183171_614843.jpg
1回乗ってみたかったロンドンアイ☆
せっかく乗るならお天気が良い日に乗りたくって
天気予報とにらめっこ。
唯一傘マークがついてなかった日に予約したのに
1番天気がイマイチだった・・(泣)
まだ降らなかっただけいっか(苦笑)
まずはロンドンアイに乗る前にちょっぴり観光~
ロンドンのランドマーク・ビックベン☆
国会議事堂です。

f0183171_6154894.jpg
道をはさんですぐお隣にあるウエストミンスター寺院☆
ゴシック建築の素敵な外観ですね♪
9:30オープンなのに8:30過ぎで既に長蛇の列~~
私達が入れたのは10時少し前でした・・・
ゆっくり見る予定が時間がなくてさらっとしか見れず残念・・

f0183171_6162589.jpg
“王室の教会”といわれるだけあって
セキュリティーもしっかりしてました。
(写真撮影は禁止されてます)
イギリスは物価が高いと聞いてましたが
入場料が高くてビックリ!
大人1人 18£
日本円にすると3,000円オーバーですよ・・・
(現在1£=175円くらい)

f0183171_617107.jpg
ウエストミンスター橋を渡ってロンドン・アイヘ☆
日にちを指定するタイプの
Flexi Fast Trackをネットで事前に購入。
これが高かった~~ 1人32.05£(約5,600円)
(基本のチケットStandard Flight のほうが安いけどこちらは並ばないといけない・・・)


f0183171_1654336.jpg
ロンドンアイは“ミレニアム・プロジェクト”の一環で建てられたもので
2000年に開業しました。
自転車のスポークのような形状をしているホイールが印象的☆
支柱は片側のみでしかも斜めにとりつけられているので
ホイールがテムズ川の上に付き出す形になっています。

f0183171_6173851.jpg
それではロンドンアイからの眺めを♪
てっぺんに行くまでの間は
ロンドンの東側の風景が楽しめます。
吊り橋のハンガーフォード橋とチャリング・クロス駅☆

f0183171_6232275.jpg
チャリング・クロス駅の向こうに見える塔は
高さ189mのBT Tower☆
BTはブリティッシュテレコムの略で
テレコムタワーとも呼ばれています。

f0183171_6234889.jpg
ウォータールー駅の先にそびえたつThe Shard☆
2012年に出来た地上87階建て
高さ310mのEUで1番高いビルです。

f0183171_6241751.jpg
ゴンドラが高さ135mのてっぺんに到達☆
日本にある観覧車にはアームがありますが
ロンドンアイにはアームがありません。
このゴンドラはホイールが回転しても常に床が水平になるように
造られているので、てっぺんに来ると
360度何も遮るものがないクリアな景色が楽しめるんですよ♪

f0183171_6263334.jpg
降りてくるときは
ビックベンやウェストミンスター寺院がとてもよくみえます。
鳥になった気分です♪

f0183171_6245064.jpg
写真撮影ポイントでカプセルと一緒にパチリ☆
お天気が良かったらいうことなかったけど
それでも30分の空中散歩、充分に楽しめました♪
[PR]
by fleurclasse | 2014-08-07 23:29 | イギリス | Comments(0)

The British Museum☆

f0183171_2318555.jpg
ナショナルギャラリーの後は大英博物館へ☆
オシャレのほうが大事だった20代の私も
さすがにここは来ましたよ~
・・・というか日曜日、あらゆるものがお休みで
大英博物館しか行くところがなかったという話もありますが・・(笑)

f0183171_2319997.jpg
この日はスゴク暑くて・・・
日本だったらクーラーが効いてますが
大英博物館内、空調されておらず~~
(ナショナルギャラリーもでした・・)
気温が高いにもかかわらず
沢山の観光客でごったがえした館内は異様な暑さで
気分が悪くなってしまいました(泣)

f0183171_23194080.jpg
階段に座り込んでいたら、係員の人に注意されてしまったので
上階にあるGreat Court Restaurant
しばし休憩することに。
ありがたいことにここはクーラーが効いていたので
割とすぐに復活できました。
よかった♪

f0183171_23201397.jpg
元気があれば、他のみなさんのように
アフタヌーンティーかクリームティーをいただきたいところでしたが
ソルベにしました☆
イチゴ&ルバーブ、レモンライム、ミルク&ミント味で
どれもさっぱりしてておいしかった♪
バーレイの食器がかわいい❤

f0183171_23204175.jpg
少し元気になったので館内を見学☆
世界最大級の博物館だけに常設展示品が約15万点もあるので
どこから見たらいいか迷ってしまう・・・
まずはパンフレットを購入して
大英博物館がセレクトする最重要作品10点だけ
みることにしました。
とても広いので、その10点を探すだけでも大変なんですけどね・・・

f0183171_23214438.jpg
10点のうち5点、見ることが出来ました。
まずは、大英博物館といえばコレは外せないでしょう!
ロゼッタストーン☆
1799年、エジプトのロゼッタ発見された石碑で
古代エジプト語解読の鍵となったもの。
前に来たときは、むき出し状態だったけど
今はガラスケースに入れられ大切に展示されています。

f0183171_23221120.jpg
月の女神セレネの戦車を引く馬の頭部☆
パルテノン神殿の東側破風にある4頭の馬のうちの
1頭の頭部の部分です。
なぜこれが重要作品なのか分らないけど
とにかく大英博物館ご自慢の1品みたい。

f0183171_2322359.jpg
モアイ像☆
1868年にイースター島から持ち帰ったもので
ビクトリア女王に献上されたものだそうです。
高さ2.4m、重さ4トンもあるものを
よく船に乗せて持って帰りましたね~

f0183171_23225895.jpg
双頭のヘビ☆
メキシコ・アステカ文明のもので
ターコイズのモザイクタイルがキレイです。

f0183171_23263619.jpg
タラ像☆
金メッキが施されたこの像は
大英博物館が所有する仏像の中で最高傑作とされている
ものだそうです。
8世紀に作られたものでスリランカの北部で見つかりました。

f0183171_23245451.jpg
大英博物館にはJapanコーナーがあります。
入るとすぐあるのが、この百済観音像。
“国宝”と書いてあって
何で国宝が大英博物館にあるの?っと思い
説明文を読んだら、これはレプリカでした。
本物はちゃんと日本の法隆寺にあります(笑)
1930年頃に大英博物館の依頼によりレプリカが2体作られ
うち1体は東京の国立博物館にあるそうです。
今回は体調がすぐれないこともあり駆け足での見学だったので
またロンドンに来ることがあったら、ゆっくり見たいな♪
[PR]
by fleurclasse | 2014-08-06 23:20 | イギリス | Comments(0)

London☆

f0183171_201441100.jpg
7月の3連休を利用してイギリス・ロンドンに行ってきました。
ロンドンはかれこれ20数年前・・・
まだまだピチピチのOL時代(笑)に
同期と一緒に旅行にきた思い出の場所。
初めての海外旅行でワクワクしたものでした。
あれから街はどんな風に変わったのかな~

f0183171_2015444.jpg
ベルギー・ブリュッセルからユーロスターでロンドンへ☆
1時間50分ほどでロンドン・セント・パンクラス駅に到着。
日本でいうと時間的に名古屋から東京に行くのと同じですね。
でもイギリスはEU加盟国なんですが
シェンゲン協定と結んでいないので
同じEU圏内に住んでいても入国審査があるんですよ。
それに通貨もユーロじゃなくてポンドなので
両替しなければならず、そこがちょいとめんどくさい。
その点、パリのほうが気軽にいけます。

f0183171_20165054.jpg
まずはピカデリーサーカスへ☆
ピカデリーサーカスといえば
エロスの像と広場北側にあるビルの
大きな街頭ディスプレイが有名ですよね!
この日も沢山のひとでごった返していました。

f0183171_20171716.jpg
そしてリージェントストリートも♪
この弓なりの道と真っ赤なダブルデッカーを見ると
ロンドンに来たんだなぁ・・と実感します。

f0183171_20174999.jpg
テクテク歩いてトラファルガー広場へ☆
20数年前はここからもう少し先にあるストランドのホテルに
泊まっていて、何度もこの広場の前を通ったものでした。
今は、青いニワトリの像があってビックリ!
これはドイツ人アーティストの作品で
去年の夏から1年半の期間限定で展示されているものだそうです。
この広場はネルソン提督率いるイギリス艦隊が
フランスの皇帝ナポレオンが率いるフランス・スペイン連合艦隊を破った
“トラファルガーの海戦”での勝利を記念して造られたもの。
雄鶏はフランスの象徴とされているので
展示された当初は色々と波紋があったようです。

f0183171_20181777.jpg
真っ青な雄鶏ちゃんがいたとしても
やっぱりこの広場のシンボルはネルソン提督と
四方を囲むライオンの像ですね♪

f0183171_2019215.jpg
この広場に面して建つナショナルギャラリー☆
13~20世紀初頭のヨーロッパ絵画コレクションが中心で
ダビンチやゴッホやセザンヌ、フェルメール等々
有名画家の絵が沢山あります。

f0183171_20192585.jpg
展示作品・約2万点といわれるこの美術館。
何と特別展以外は無料。
何度も通ってゆっくり絵画を楽しむことができます。
(作品の写真撮影は禁じられています)

f0183171_2019568.jpg
前回、近くに泊まっていたにもかかわらず
ナショナルギャラリーを見なかった私。
空港までの送迎を担当してくれた日本人スタッフの方に
呆れられたのを今でも鮮明におぼえています(苦笑)
だって、あの時は芸術より
お買い物のほうが大事だったんだもん=3
なので、今回は真っ先にここに来て
芸術を堪能しました(笑)
[PR]
by fleurclasse | 2014-08-05 22:16 | イギリス | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧