カテゴリ:日本の生活( 16 )

セパージュでお帰りなさい会☆

f0183171_17044503.jpg

ベルギー駐在時に仲良くさせていただいていたKさんが
昨年末に任期を終えて帰国されました。
1便の荷物が一段落したとのことなので
同じく駐在で一緒だったYさんと3人で
久しぶりに会うことに。
3人とも愛知県在住なんだけど
微妙に距離が離れているので、集まりやすい名駅に集合~
再会の場にチョイスしたのは
JRセントラルタワーズ にあるセパージュ♪


f0183171_17045207.jpg

タワーズの51階、地上245mからの眺め♪
窓際の席を用意していただけました❤
お天気が良くてよかった~


f0183171_17045629.jpg

素敵な景色を眺めながら、シュワシュワで乾杯♪
この日は飲む気満々で、クルマでは来なかったのだ~
久しぶりに、昼間っから飲んだからか
アルコールが回る、まわる~
ベルギーの時はいつも昼間っから飲んでたのにねぇ(笑)





f0183171_17061070.jpg

アミューズ☆
カラフルなカリフラワーのスライス、軽くあぶった海老にシブレット
オリーブオイルをさらりとかけて…



f0183171_17051434.jpg


そこにカリフラワーのポタージュを注ぎます。
紙のように薄くスライスされたカリフラワーの
フレッシュな歯触りと
濃厚なスープがよくあいました☆
このカリフラワーの使い方、家でもマネっこしよう!




f0183171_17052377.jpg


プリモピアット☆
モッツァレラチーズとクレソンのリングイネ 
ベーコン風味のトマトソース☆
カリカリのベーコン、とろとろのモッツァレラ
おいしかった❤



f0183171_17052713.jpg


お友達が選んだパスタ
三河鶏挽肉と春菊、蓮根のカサレッチ 
白ワイン煮込みソース☆
カサレッチというパスタは初めてだったので
お願いして1枚、撮らせてもらいました~
カサレッチはシチリア生まれのショートパスタ。
ねじれた形をしているのでソースがよく絡み
もっちりした食感も魅力なんだそうですよ~
機会があったら食べてみたいな♪



f0183171_17053159.jpg


セコンド☆
産地直送鮮魚 本日のスタイル
メカジキのソテー
野菜のグリルを添えて
3種類のソース、トマト、バジル、バルサミコを
お好みでつけていただきます♪




f0183171_17053585.jpg


デザートは苺づくし☆
いちごのババロアとバニラアイスクリーム
フレッシュな苺とパリパリに焼いたパイ
バジルとイチゴのソースと一緒に食べると
お口の中が春に♪

タワーズの12階、13階の賑やかさとは打って変わり
51階は落ち着いた雰囲気で
ゆったりとした時間が過ごせておススメ☆
お天気の良い日の夜景もとてもキレイだとのことなので
次回は夜にお邪魔したいな♪











[PR]
by fleurclasse | 2017-02-18 22:47 | 日本の生活 | Comments(0)

ショコラ☆

f0183171_14150048.jpg

2月14日はバレンタイン❤️
全国のデパートの催事場がチョコレート一色になる時期でもありますねー
中でも、JR名古屋高島屋は規模、売り上げ共に日本一!
去年の売上は18億円、来場者は70万人だったそうですよ。
帰国の時に沢山持ち帰ったベルギーチョコ。
あの味が恋しくって、いそいそと出かけてきました♪

f0183171_14200481.jpg

訪れた日は、パリで活躍されている青木定治さんが来店されていました。
購入された方に対して、箱にサインをされたり
一緒に写真におさまったりと、忙しそうでした。
また名古屋初登場のドミニク・アンセル・ベーカリーのイートインの列がすごくてビックリ!
NY、ロンドン、東京の表参道で人気のお店で
クッキーショットという商品がおススメみたいですよ。



f0183171_14150579.jpg

私が大好きなベルギーチョコ “ヴァンデンダー”☆
ベルギー王室御用達です。
品質の維持するため、ブリュッセルに1店舗のみ。
お店の場所も家からはバスでしか行けないところで
車の運転をしない私には行きづらく
住んでいてもなかなか口にする機会がなくて…
それなのに日本で買えるって、変な気分~~

f0183171_14153156.jpg

デルレイ☆
アントワープにお店があり、ダイアモンドの形のショコラが人気です。
デルレイもアントワープにしかお店がないため
アントワープに行った際には、立ち寄ったものでした。
なのに、日本には東京・銀座にお店があって
ネット購入も可能なんですよね~
恐るべし、日本市場…
購入したのは、JR名古屋高島屋限定セットのもの。
ハートの先端部分のチョコが
同じ6ケ入りのパッケージのものと味が違うんだって。


f0183171_14150932.jpg

カレマン・ボン☆
ベルギー・ナミュールにあるショコラティエのもので
名古屋・初登場だそうです。
不勉強で、コチラのお店のこと、知らなかったのですが
試食させていただいたスミレのショコラがおいしかったので
買ってみました♪
左上からラズベリー、ミルク、ライムティー
アプリコット・ローズマリー、コーヒー、スミレ
店名のカレマンボンはフランス語で
とても、めちゃくちゃおいしい!…という意味だそう。
どれから食べようかな♪


f0183171_14191403.jpg

ドュバイヨル☆
とにかくパッケージがラブリー♪
空き箱も捨てずに使いたくなりますよね~
デュバイヨルはベルギーのショコラティエ。
それなのにベルギーに直営店はないのです。
でもでも、日本には東京に3店舗もあるの(涙)
以前は、名古屋の高島屋がオープンした時に
店舗があったんですけどねぇ。
気付いたら撤退していた…




f0183171_14134369.jpg
ベルギーに直営店はなくても、ブリュッセル近郊にドュバイヨルの工場があって
そこで購入することができました。
メトロ1号線・Etang noir駅で降り、徒歩で10分弱のところにあります。
近くまでいけば、看板が出ているので、すぐに見つけことができますよ。
最近、ナミュールの郊外に移転したという話を聞いたけど
今でも、この場所にファクトリーはあるのかしら…



f0183171_14134798.jpg
敷地に入ると、駐車場があって
その奥に工場があります。
ドアを開けて入って行って大丈夫。
ショコラやアイスクリーム等が買えます。


f0183171_14135098.jpg
簡素な外観と打って変わり、中はショールームになっています。
沢山の商品がショーケースに並んでいますが
あくまでこれらはディスプレイのみ。
購入できるのは、メタルラックに置いてあるものだけ。
年に2回、セールがあって
会員登録しておくと招待状が届くので
それを持っていくと、お安く買うことが出来ました。
会員登録は工場のレジで出来ますよ。
移転先でも、こんな感じで販売しているのかな…



f0183171_14151311.jpg
デュコブ☆
ブリュッセル近郊のワーテルローという町にあり
車がないと行きづらいところにありました
ここはアントルメのケーキもおいしくって
ダンナさんに頼んで、何度か連れて行ってもらったことがあります。
しかし、日本ではこの時期、名古屋まで出かけずとも
イオンで買うことができます。
気軽に買えてうれしいけど、なんか複雑な気分~~

久しぶりの本場・ベルギーチョコ☆
何だかうれしくなって、いっぱい買っちゃいましたが
一粒一粒、ゆっくり味わいながら楽しみたいと思います☆







[PR]
by fleurclasse | 2017-02-08 22:29 | 日本の生活 | Comments(0)

料理教室へ☆

f0183171_15461155.jpg


帰任して、引越作業が一段落した頃から
習い事を始めました。
渡白前に通っていたテーブルコーディネートのレッスンで
お世話になっていた先生が
ご自宅でお料理教室を始められて
帰国したら来てね! っとお誘いを受けていたのです。
なので、ベルギーにいるときから
先生のレッスンに参加するのをとても楽しみにしていました♪


f0183171_15461923.jpg

2017年最初のレッスンはスペイン料理☆
料理が出来上がって、席についたら
フルーツがたっぷり入った
ノンアルコールのホワイトサングリアで乾杯♪


f0183171_15445770.jpg


鶏肉のチリンドロン☆
名前が印象的なこのお料理は
スペイン・北東部にあるアルゴン州の郷土料理です。
唐辛子がピリッと効いていて、おいしかった♪

奥にあるのは、シラスのアヒージョ☆
カリカリに焼いたバケットにのせていただきます。


f0183171_15450247.jpg


イカスミのパエリア・白いアイオリソース☆
軽いアイオリソースをつければ
いくらでも食べれちゃうおいしさ~~
炭水化物を控えめにしているんだけど
あまりのおいしさにおかわりしちゃった♪

手前はスタッフドオリーブ☆
冷蔵庫に開封したオリーブがあるから
早速やってみよう♪

パエリアを作るのに使用したストウブのニダベイユ☆
使い勝手が良さそうで欲しくなっちゃった~
買うなら、しまう場所を確保してからにしないと…



f0183171_15451341.jpg

デビルドエッグ☆
簡単なので、もう1品欲しい時に便利なメニュー。
見栄えもいいしね♪


f0183171_15452120.jpg

デザート☆
リンゴのキャラメリゼ・バニラアイス添え
今回は更に先生お手製の干柿のラム酒漬けもトッピング♪


f0183171_15455666.jpg


お茶のお供に…と添えられてきた緑豆糕というお菓子。
年末に台湾を旅された先生からのお土産です。
台湾のお菓子といえば、パイナップルケーキが有名ですが
地元ではこちらも人気なんだそうですよ~
材料は緑豆粉と砂糖のみで、ホロッと口の中でほどける感じは
落雁に似ていました。
f0183171_15451790.jpg


家にトマトと鶏肉があったので
早速、チリンドロンを復習☆
先生のレシピに
ブラックオリーブもプラスしてみました。
おいしくできたので
我が家の定番メニューに仲間入りです♪
来月は台湾料理☆
今から楽しみ♪










[PR]
by fleurclasse | 2017-02-01 22:23 | 日本の生活 | Comments(0)

鉄板焼ランチ☆

f0183171_16080792.jpg

渡白する前から仲良くさせていただいているCさんとYさん♪
帰任してからは、一緒に月1で地元のレストラン巡りをしてます☆
今回は新年会と銘打って、ステーキハウス彩さんへ~
お値打ちに、三河牛が食べれる人気のお店です。

f0183171_16080497.jpg

この日はシェフおススメランチをお願いしました☆
まずは冷たい前菜から
生ハム&野菜サラダ



f0183171_16081054.jpg
温かい前菜はホタテ☆
表面だけサッと焼き、中はレア状態のホタテを
海老のうま味が凝縮したアメリケーヌソースでいただきます。

f0183171_16082386.jpg

コーンスープを飲みながら
お肉や付け合わせのお野菜たちが焼きあがるのを待ちます♪
雪がちらつく寒い日だったので
濃厚なスープで身体があたたまりました☆




f0183171_16081649.jpg
サーロインにするかフィレにするか
悩みに悩んで3人ともフィレをセレクト☆
年齢を重ねると、段々、身体が脂を受け付けなくなるの…
悲しい~~(涙)


f0183171_16081382.jpg
私はレアに仕上げていただきました。
ジューシーで柔らかなお肉は
自家製のステーキソースまたは辛子醤油でいただきます。
個人的にはお塩も添えてくれると一層よかったかな~
付け合わせは
ホクホクのかぼちゃと長芋、お豆腐。

f0183171_16081913.jpg

途中でモヤシと青梗菜の炒め物も
添えてくれますよ♪
シャキシャキに仕上がっていておいしい~


f0183171_16082639.jpg

デザートとコーヒーは別のスペースでゆっくりと☆
カウンター、テーブル席、お好みで選べます。
こういうスタイルって鉄板焼屋さんではよくありますよね~


f0183171_16082981.jpg

この日のデザートはアイスクリーム☆
バニラか柚子のシャーベットのどちらかを選びます。
お口の中をさっぱりさせたかったので
柚子のシャーベットにしました♪
お肉もですが、前菜類もおいしかったので
またランチにお邪魔したいな~



f0183171_17065564.jpg
ランチ終わりはいつものように
我が家でティーしながらおしゃべり♪
ベルギーの時に通っていたお料理教室のフランス人の先生が
先日、送ってくれたお手製のお菓子・BaslerLäckerli☆ (バーセラーレッケリー)
スイス・バーゼルの伝統菓子だそう。
それとショコラ、ラスク、彩りにスミレの花の砂糖漬け。
蓋付きの器の中には黒豆の甘納豆をいれました。
紅茶も先生が送ってくれたブリュッセルの紅茶屋さんのもの。
青い花びらやカルダモンが入っている香りよい紅茶でした♪
カトリーヌ先生、どうもありがとうございます☆



ステーキハウス彩
住所:岡崎市八帖北町27-2 江山ビル2F
電話:050-5797-5741
営業日: 月曜~土曜 11:30~14:30, 17:00~22:30
定休日:木曜















[PR]
by fleurclasse | 2017-01-30 19:07 | 日本の生活 | Comments(0)

レミニセンス☆



f0183171_20035651.jpg



ベルギーの想い出を整理しなくちゃと思いつつ
去年、ほとんど更新できなかったブログ…
今年は、今のこと、ベルギー時代のことを取り混ぜながら
頑張って書いていきたいと思っています。
時系列はハチャメチャになりますが、お付き合いくださいませ☆

さて、2017年・おランチ始めはCさんと♪
ずっと気になっていたレミニセンスに行ってきました☆
東京のカンテサンス、大阪のHAJIMEといった3つ星店で修業したという
シェフが一昨年の夏にオープンしたレストランです。お料理は4部構成で供され
それぞれ、余韻、記憶、安堵、追憶と名付けられています。
だからお店の名前がフランス語の reminiscenceなのね!
(日本語にすると、おぼろげな記憶っていう意味になります)

f0183171_09173711.jpg

伺ったのは名古屋で大雪が降った翌日で、空気がとても冷たい日でした。
アペリティフに選んだのは、自家製ジンジャーエール☆
ショウガパワーで身体の中から温まりたくて…
辛くて口がピリピリしちゃうジンジャーエールもありますが
こちらのものは柑橘が効いた、さっぱり系のものでした。
おいしかった❤

f0183171_09164970.jpg


第1章・余韻からお料理がスタートしました。
まずは雲丹☆
丸い石のような器の上に、ちょこんと可愛らしく盛り付けられて…
葛粉のチップスに、北海道産の雲丹、百合根、酢漬けのエシャロット
それにブロッコリーとアマランサスの芽を添えて。
これを指でつまんで、ひと口で♪
とろんと甘い雲丹と百合根のほっこりした甘さが良く合って
何個でも食べたくなるおいしさでした。


f0183171_09171947.jpg
余韻は全部で4品で構成されていて、2品目は鱒でした☆
38℃という人肌程度の温度で火入れした北海道・白老町産の鱒
その下にはレモンソースで和えた千切りキャベツとローストしたナッツ
トマトのビネグレット、レモンのチャツネ、ウイキョウのソース
揚げたサクラエビとオリーブオイルのパウダー
クレソン、菜の花、山椒の葉
低温調理が流行っている昨今。
60℃前後で調理されることが多いようですが
38℃で調理されたものは初めて!
ほ~んのり温度を感じる程度で、ほぼフレッシュなんだけど
生の鱒とは違う不思議な食感でした。
そしてオリーブオイルのパウダー☆
こちらも使うの、はやってますよねぇ~
ヨーロッパのレストランでもよく登場してました。
マルトセックというタピオカ由来の粉にオリーブオイルを吸わせると
こういうポロポロの状態になります。
マルトセックは油を吸うとパウダー状なる性質があるんですよ。
これをパラッと振るだけで更にオシャレになりますね♪


f0183171_09172348.jpg
メニュー表にカタカナでトリップ。
旅行?っと不思議に思っていたお料理はスープでした☆
牛の胃袋のソテー、素揚げした銀杏、舞茸が
こじんまりと盛られたところに
すきとおった牛のブイヨンを注いでいただきます。
説明にはなかったけど
柚子の皮かオイルを香りづけに使われていたのかな。
ふっと柑橘の香りと軽い苦みを感じる瞬間がありました。
牛の胃袋と聞いて、トリッパだからか…と思ったのだけど
トリッパってイタリア語ですもんね。
家で調べたら、フランス語だとtripeって言うそうです。
また1つ単語を覚えました(笑)

f0183171_15430705.jpg

余韻・最後のお料理は白子☆
ベニエ生地で揚げた鱈の白子の下には下仁田ネギ
キレイなグリーンのソースはシブレットのオイル
柚子のコンフィチュール
ガーリックで風味づけしたブリオッシュのクルトン
サラミ、生ハム、菊菜、マイクロ・コリアンダーを散らして
マイクロ・コリアンダーはコリアンダーの双葉のこと。
小さくても、口に入れるとしっかり主張してました(笑)

f0183171_09165768.jpg


パンは名古屋の人気店 “バゲット・ラビット” のもの☆
ホカホカに温められてて、おいしい♪



f0183171_09172745.jpg
ここから第2章のはじまり、はじまり~~
記憶の1皿目は鰻☆
パリパリと香ばしく焼かれた鰻が4切れ
そのうち1切れだけ、スパイスの香りを纏っています。
私はクミンの風味しか分からなかったのですが
クミン以外にアニス、コリアンダー。山椒を使ってるそうです。
スパイス味の鰻の下には根セロリのピュレ
ノーマルの鰻の下は根セロリのサラダとグレープフルーツ
上にはアーリーレッドのスライスとマイクロセロリをふんわりのせて
白醤油をプラスしたワサビ
アップルビネガーのジュレ、ジュレの上にはシトロンキャビアがパラリと。
根セロリ、ベルギー以来~~
たま~に無性に食べたくなるんですが、売っていないので食べられず(涙)
久しぶりに食べれてうれしかった♪
鰻の白焼きが大好きな私には、たまらない1皿でした☆
ちなみにこちら、シェフのスペシャリテなんだって♪


f0183171_09223965.jpg
2皿目はエゾシカ☆
添えにはスギタケ
ソースは3種類。肉汁のソース、カシスのソース、黒にんにくのピュレに八丁味噌をあわせたもの
脂身のない鹿肉は臭みもなくとても食べやすい。
ナイフを入れると、ビックリするくらい柔らかくて
口に入れるとジュワジュワ~っと肉汁があふれ出てきます。
黒にんにくの使い方も勉強になりました。
また食べたい♪
f0183171_09170103.jpg


“安堵”と名付けられたデサートがスタート。
蜜柑☆
ふわっふわの蜜柑のソルベの下には
フレッシュの蜜柑、まあるい蜜柑ゼリー、蜜柑のアイスクリーム
まさに蜜柑づくし♪
キャラメリゼしたヘーゼルナッツも入っていて
カリッとした食感と香ばしさが変化を与えてくれています。


f0183171_09171563.jpg
デセール2皿目は苺☆
まあるい球体はカルダモン風味のメレンゲで出来ています。
中には何が隠されているのかな?



f0183171_09170694.jpg


中にはフレッシュ苺とマスカルポーネのアイスクリーム
薄いイエローのジュレはアーモンド
琥珀色のジュレはルイボスティーから作られてます。
お好みで、添えられたイチゴのソースをかけていただきます。
メレンゲに使われたカルダモンとイチゴの相性が良いことにもビックリ。
大人なおいしさでした。



f0183171_09171100.jpg
終章は追憶☆
コーヒーは中川区にあるコーヒー豆専門店のジムランコーヒーのもの。
豆はニカラグア産だそうです。
香り高いおいしいコーヒーでした。
茶菓子は、シェフが幼いころ好きだったお菓子をヒントに作られたもの。
雪見大福とプッチンプリン風プリン☆
懐かしさを感じる、ホッとするやさしい味でおいしかったです。

色んな食材の組み合わせの妙を楽しませてくれるお料理で
とてもおいしかったです。
最後にシェフもご挨拶に来てくださったり
サービスの方達の対応もとても感じよく
違う季節にまた是非伺いたいな~とおもいました。 


Reminiscence
住所:名古屋市中区栄2-15-16 コンフォート栄2F
電話:052-228-8337
営業日: 月曜~土曜 12:00~13:00, 18:00~20:00
定休日:日曜









[PR]
by fleurclasse | 2017-01-25 11:13 | 日本の生活

夏のおもひで☆

f0183171_1834351.jpg
早いものでもう10月ですね・・・
今年の夏休みは、ナナちゃんの体調が芳しくなく
投薬治療を始めたところでして・・・
効果のほどがはっきりしない時期だったこともあり
私の実家に帰省するだけとなりました。
両親に日中、ナナちゃんを見てもらって少しだけ遠出☆
涼を求めて、富士山近郊へ行ってきました♪

静岡県といえば、やはり富士山!
真っ青な空になだらかな稜線が良く映えます☆

f0183171_1841062.jpg
世界遺産の白糸の滝☆
日本の滝100選に選ばれ
“富士山-信仰の対象と芸術の源泉”として
UNESCOの世界遺産にも登録されています。

f0183171_1845998.jpg
幅150mある緩やかな孤を描く岩壁から流れる水は
その名のとおり白い糸のよう☆
本滝の一部を除き、そのほとんどが富士山の涌き水なのだそうです。
年間を通して、水温は約12度、毎秒1.5tもの湧水が
流れているとのこと。
滝壺の周りは爽やかな空気に満ちていて
真夏の暑さを忘れるほど。
マイナスイオンを沢山浴びてリフレッシュ♪

f0183171_1855676.jpg
2013年の年末に架けられた“滝見橋”☆
シンプルなシルエットと周辺の自然景観にマッチしている点が評価されて
2014年度のグッドデザイン賞を受賞したんだそうですよ♪

f0183171_1862775.jpg
遊歩道からみた白糸の滝☆
学生の頃、サークルの合宿で山中湖に行く途中に
立ち寄った以来だから・・ということは・・4半世紀ぶり?
その頃の記憶と滝の周りの様子は随分変わってしまっていたけど
滝の女性的な美しさは変わらず。
これから紅葉の季節。
さらに素敵な景色が楽しめそうですね♪

f0183171_186444.jpg
遊歩道を抜けると売店が軒を連ねています。
その脇にあるのが“音止の滝”☆
1193年、源頼朝が御家人衆たちと富士の裾野で行った大きな巻狩り。
その富士の巻狩りの最中、参加していた曾我兄弟が
父の仇である工藤祐経を討つという事件がありました。(曾我兄弟の仇討ち)
兄弟でどうやって仇討ちしようかと話し合いをしていたのですが
滝の轟音で互いの声が聞き取れない・・
そこで神様にお願いしてみると、たちどころに滝の音が止み
兄弟は見事に本懐を遂げることが出来たのだそう。
その伝説から“音止の滝”と呼ばれるようになったそうです。

f0183171_1865936.jpg
その音止めの滝の脇にある小さなお食事処で
おでんを食べながら、ラムネをぐびぐび☆
ラムネを飲むのは何年ぶりだろう~~
おいしい♪

f0183171_1894048.jpg

そして富士宮やきそば☆
肉かすとサバかイワシの削り粉を使っているのが特徴。

f0183171_1872446.jpg
清流の音を聞きつつ
ひんやりした風に当たりながらのごはんはまた格別♪

f0183171_1874319.jpg
なぜ今回、富士まで来たのかというと
母がリサーチしてくれたコチラに来るのが目的だったから。
UNJYO Coffee☆
母によれば、おいしいかき氷が食べれることで有名らしい~~
私達が伺ったときは待ち時間70分!
ボーっと待っている間も、ひっきりなしにお客さんが来て
100分待ちになっててビックリ☆
スゴイ人気ですねぇ~

f0183171_1881477.jpg
1番人気のいちご屋さんのいちご練乳と
キャラメルみるく☆
富士山麓の地下180mからくみ上げた天然ミネラルウォーター“雲上水”を
2〜3日かけてじっくり凍らせた氷を使っているんだそうです。
ふわふわでおいしい♪
私はキャラメルの方がほろ苦さが効いてて好きかな。
期間限定の味もあるみたいなので
色々試してみたくなりました☆
近くにあったら、ちょくちょく行くんだけどな~~

UNJYO Coffee
住所: 静岡県富士宮市山宮3362-1
電話: 0544-58-7898
営業日: 月曜~土曜 10:00~16:00
定休日: 日曜日・火曜日の午前中

[PR]
by fleurclasse | 2016-10-05 23:13 | 日本の生活 | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧