<   2009年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

3月のレッスン・レポート~その3~


f0183171_17221765.jpg
去年、卒園式のコサージュが縁で知り合ったTさん。
この程、お引越しされることになり今回が最後のレッスンでした。
アネモネは白と淡いピンクにして、全体をパステル調にまとめ
この日の陽気にぴったりの春らしい優しい作品になりました。

ご主人のお仕事の関係で4年ほど“ベルギー”に行かれるTさん。
お教室をはじめて以来、欠かさず参加くださって感謝しております。
いつも熱心に作品を作られている姿が見られなくなるのは
ホント、寂しいです。

その感謝の気持ちをこめて、私からお餞別を少し・・
あちらにいかれても、クレイを楽しんでもらえたらと
クレイと作品のキットをご用意しました。
あとは、ベルギーでカルトナージュのお教室をされている日本人の方の情報も。
慣れない海外生活で大変だと思いますが
有意義な4年間を過ごされることを心より祈っております。
そして4年後、帰国された際には是非お土産話を聞かせに来てくださいね。
Tさんのお席、空けて待ってますよ♪
あ~っとその前に!
このお教室が続いているかどうか・・が問題ですね(苦笑)
無くなってないように、頑張らないとっ!!
[PR]
by fleurclasse | 2009-03-27 01:58 | レッスン報告(日本)

3月のレッスン・レポート~その2~

f0183171_15521799.jpg
桜の開花のニュースを耳にするようになりました。
温暖化の影響か、今年は、例年より1週間ほど開花が早いようですね。
ということで、今月のティータイムのテーマは“桜”
休憩時間に世間様より一足早く、みなさんとお花見を楽しむことにしました。
前半のレッスンのときは、運よく桜が手に入ったので玄関もテーブルもどうだといわんばかりの桜で・・・
買ったときはつぼみが多かった枝もレッスンの時にはポンポンに咲いて満開の桜を堪能できました。
テーブルの桜にはテーブルランナーに合わせて、ペールブルーのベラドンナを合わせてみました

f0183171_1554576.jpg
後半のレッスンのときは、生憎・・同じ桜が手に入らず・・
その代わり緋寒桜があったのでそちらを。
玄関は緋寒桜とミモザで華やかに
テーブル花は緋寒桜の濃いピンクに合わせて ミニ胡蝶蘭とバイモでアレンジ。
f0183171_15534665.jpg





沖縄のほうではこの緋寒桜で
お花見を楽しむそうですね。
染井吉野とは違う花姿ですが
楚々として可愛らしい桜です。

お菓子は、桜にちなんだものをセレクト。
まずはお花見といえば・・定番の“花見団子”
桜といえば・・桜餅。

f0183171_162724.jpg桜餅はクレープ状の生地で餡を包んだ関東風
道明寺で餡をくるんだ関西風がありますが、ここ愛知県は関西風の桜餅ですね。
色んな和菓子屋さんを物色していたら見た目が関東風の桜餅をみつけたので皆さんにはこちらを・・・
見た目と書いたのは、餡をつつんでいるのが求肥だったからです。
こちらが売り切れだったときは関西風の桜餅にしました。
あとは、桜の形が愛らしい“最中”
口にしてビックリされる方が多かったこちらのお菓子。
白餡でも入っているのかと思いきや、何と中はサクサクの
ライスパフにイチゴチョコ。
うなぎパイで有名な『春華堂』で出している期間限定のもの
で先日行ったイチゴ狩りの際に買ってきたものです。

f0183171_1556337.jpg
そしてそして・・最後に“鯛焼き”
何故、鯛焼きかというと この時期の鯛は産卵前で脂ものり、とてもおいしくなります。
ちょうど桜の時期に旬が重なることから“桜鯛”と呼ばれ、とても珍重されます。
その“桜鯛”から鯛焼きにしました。
おいしいとはいえ、お刺身をお出しするわけにはいかないので・・・


f0183171_1654990.jpg
こちらの鯛焼きもひとひねりして餡子ではなくクリームのものにしました。
噛むとムチッと飛び出るほどパンパンに入ったクリーム。
私好み♪

見た目は和ですが、中身は和と洋が混在している
今回のお菓子に合わせて
お茶は桜の風味がほんのり効いたほうじ茶を。
さらに塩抜きした桜の塩漬けを浮かべて、見た目も楽しく、香りも更にパワーアップさせてみました。
ちなみに、コースターも八重桜がビーズ刺繍されたもの。
ここまですると、ちょっとしつこかったかな?
[PR]
by fleurclasse | 2009-03-25 17:05 | レッスン報告(日本)

3月のレッスンレポート ~その1~

f0183171_16151856.jpg
知っている人にとっては何でもないことなんですけど
一体どんなお花なのか知らずに作るのも・・と思い
アネモネの実物を用意して
まずはアネモネを知ってもらうことからはじめました。
アネモネの季節なのにも関わらず
アネモネを置いてないお花屋さんが多く
何件も渡り歩いてやっと手に入れることができました。
皆さんにご披露できて、まずは一安心。

今年のアネモネのトレンドは白で
しかも芯がグリーンのものが人気だということや
先日参加した鬼頭先生のセミナーで得た
今年のパリのお花屋さんでのアネモネの
トレンドもご紹介。


f0183171_16192483.jpg
何本かアネモネのカラーサンプルを作ったので
見本の作品とサンプルを使っての色の説明と
特に白のような淡色系のアネモネの芯の色がグリーンと
黒の場合の印象の違いなども・・
あとは、フラワー雑誌でのアネモネのアレンジをいくつか
ご紹介したり、実際に本を手に取ってもらって
自分の作りたいイメージを固めていただきました。
イメージが固まったら、それに基づいて花弁や芯の色を
それぞれご相談にのってようやく色作りを開始。
ここまで1時間弱、たっぷり時間をとらさせていただきました。



f0183171_16221926.jpg
今回の作品はデザインや花器がシンプルな分
アネモネの色が違うとかなり印象が違ってきます

皆さんそれぞれ思い思いの色で作られたので
来月の完成が今からとっても楽しみです。
私も来月のレッスンまでに、今回人気のあった色でもう1つ見本の作品を作ってみようかなと思っています。
[PR]
by Fleurclasse | 2009-03-23 01:30 | レッスン報告(日本)

2月のレッスン・レポート ~その3~

f0183171_1422781.jpg
久しぶりにお日様が顔を覗かしてくれたこの日のレッスンは5名の方がご参加くださいました。

まずは、Sさんの作品から・・
ツボミ作りにやや苦戦されていましたけど
プリザーブドのお教室を主宰されているだけあって
ビーズのセレクトも迷いなく
アレンジも迷いなく一番乗りで完成されました。
クリアなピンクが印象的でいいですね。
香りは作品にぴったりの“ブルーローズ”に・・
お忙しい合間を縫ってお家でもバラを練習されていて
その姿勢は私も見習わないといけないです・・


f0183171_14221853.jpg
見本どおりのバラの色、ビーズの配色でつくられたSさん。
ひらひらした開花したバラもぽってりとした内巻きのバラも
上手にできています。
季節柄、選ばれた香りは“ユーカリ”
花粉症の方にはユーカリのスッとした香りが
効くといいますものね。
私もBlv先生の見本通りに作ることが多いのですが
たまには、ご自分の個性を出してみるのもいいと
思いますよ。
是非、次回のアネモネでは冒険してみてくださいね。




f0183171_14223162.jpg
バラをグリーン系でまとめたUさんの作品です。
先月、バックに入れるペタルの色を相当悩まれて
レッスン後に2人で色々試して決めたのがこの配色。
ペタルに使った淡いピンクが
作品の印象を柔らかくしてくれて
春らしくてとてもいい感じに仕上がりました。
香りは甘さの中にも爽やかさがある“レモンティー”を。
私も大好きな香りです。
来月は幼稚園の役員のお仕事が忙しく
アネモネ作りが出来ませんが
4月には体験用のイチゴのアレンジを
やりましょう。


f0183171_14224684.jpg
こちらはUさんの作品。
いつも思うのですが、お人柄が滲みでるのでしょう。
温かな色目を使われてやさしい印象の作品を作られます。
今回はビーズ選びに↑のUさんと共にかなり悩まれていましたけど
全体をイエロー系でまとめたことで
一歩間違うとぼやけてしまいますが
ワインカラーのパールのオーナメントにしたことでアクセントになりとても素敵になりました。
香りはユーカリと悩まれて、香りのもちが良い“ラズベリー”をセレクト。
甘い香りをまとったことで、さらに作品の温かさが増した気がします。

f0183171_1423170.jpg
この日の2日前にサシェを完成させたTさんは
4月にお引越しを控えていらっしゃるので一足お先に
アネモネ作りに取り組んでいただきました。
初めてのバラ以外のお花作りに苦戦されていましたが
春らしい柔らかいイメージの作品になりそうで
今から来月の完成が楽しみです。
そのTさんが今月2回目のご参加だったので
Tさんには豚さんではなく“モーモー・ミルクまん”を。
牛の模様をイメージした竹炭を練りこんだ生地の中には甘いミルククリーム。
お饅頭が甘いので、パンナコッタは酸味がきいたラズベリーのソースに変えてみました。
Tさんはどちらがお好みでしたか?

f0183171_14232291.jpg
f0183171_1423303.jpg
皆さんを悩ませる原因となった沢山のビーズの類。
広げた後はスタッキングして、先日完成したばかりのカルトナージュの手法で作ったトレイにしまうことにしました。
このトレイ、ビーズワークをする作品の時に登場しますので今度見てみてくださいね。
[PR]
by fleurclasse | 2009-03-06 01:25 | レッスン報告(日本)

2月のレッスン・レポート ~その2~

f0183171_16162596.jpg
この日は生憎の雨足の強いお天気&肌寒い日でしたが
ママ友の仲良し5人組の方がご参加くださいました。
ビーズの転がる音、ばら撒く音をBGMに
幼稚園のお話などしながら楽しく作品作りをしました。
絶句されるのでは!?とドキドキしながらお出ししたあの豚まんも皆さんからカワイイっ!!と言っていただき
選んでよかったとホッとしております。
お花はアマリリスとコデマリがダメになってしまったので
背の高い花器にシンメトリーに活け変えました。
花数が足りなかったので、リビングに活けていた
トルコキキョウやカーネーションを入れたせいでテーマカラーの赤から逸脱してしまいましたけど・・

f0183171_16165461.jpg
こちらはTさんの作品。
サーモンピンクとライムグリーンのバラに合わせ
バックの中のペタルも同色のものを選ばれて
カラーコーディネートはバッチリ。
トップが寂しい感じがするとのことで
練習で作られたツボミもアレンジに加えられましたが
良いアクセントになりましたね。
香りは“ジャスミン”をセレクト。
濃厚な甘い香りはとってもTさんにお似合いだと
思います。



f0183171_1617414.jpg
ビーズ選びで今日のレッスンが終わってしまうのではないかと
心配になるくらい時間をかけていらっしゃったKさん(上)とTさん(下)の作品です。
その熱心さは作品に表れて、時間をかけて選んだだけのことはあったと思いますよ。
Kさんは先月のレッスンをお子さんの発熱のため
急遽お休みすることになってしまったので
相談のうえ、その日他の皆さんが作成する分を私が
Kさんが指定された色で作らせていただくことにしました。
久しぶりのレッスンでしたけど、選んだ香りの“レモンフラワー”にぴったり合ったグリーンがピリリと効いた
さわやかな作品に仕上がりました。

f0183171_16172420.jpg
今回はこういう経緯もあってお手伝いさせていただきましたが
機会があったら是非ご自分で作られたバラでサシェを作ってみてくださいね。

Tさんはイエローをベースに濃いサーモンピンクのバラをポイントにした春らしいまばゆい作品に仕上げられました。
ビーズもピンク系でまとめられてとっても素敵に出来ました。
香りもあれこれ悩んだ末に“ブルーローズ”に。
このブルーローズは花フェスタで悩みに悩んで買ったフレグランスなんです。
気に入っていただけてうれしいな♪


f0183171_16173330.jpg
こちらは先月からレッスンにご参加くださっているKさん(上)とWさん(下)の作品です。
前回は体験レッスンの課題でしたので、他の方と足並みをそろえることもあり今回も体験の課題に取り組んでいただきました。
他の方が12月にマカロンをやっているので、今回の作品にもマカロンを入れてみました。
バラの色はTさんの濃いサーモンピンクに惹かれてすぐに決定。
バラ1輪とツボミなので花数は少ないのですが、マカロンやビーズで作るイチゴのお花、イチゴの葉っぱ作りなど作業てんこ盛り。ワイヤリングやテーピングなど細かい作業をお手伝いさせていただいたのですが、かなり大変そうでした・・・
ごめんなさい!!
f0183171_1617412.jpg
次から次へと作業目白押しにも関わらず頑張られた作品はイチゴを思わずつまみたくなる可愛らしい仕上がり。
ビーズピックはそれぞれパープルとレッドと違うものにされました。
マカロンの色に合わせてパープルにされたKさんは少しシャープな印象に・・
赤にされたWさんは甘い印象に・・1つパーツの色が違うだけでだいぶ印象が変わるものですね。
[PR]
by fleurclasse | 2009-03-01 08:03 | レッスン報告(日本)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧