<   2009年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

4月のレッスン・レポート~その3~

お天気はいいのに風が強いせいで何だか肌寒かったこの日は
3名の方が体験レッスンに、アネモネの作品作りに2名の方が来てくださいました。
体験レッスンの3名の方は以前からご参加の意向を聞いておりましたが
お子さんの幼稚園や学校の関係でなかなかお互いの日程があわず
今回ようやく来ていただくことができました。

f0183171_14262384.jpg3名様ともご近所でお話も何度かしたことがあるので、どんな色のバラを作られるのか、個人的にいつもより増してすごく興味がありました。

こちらはAさんの作品。
中心の芯を作るのに苦心していましたけど、真っ赤なバラが目を引く素敵なオーナメントに仕上がりました。
プチ・サシェは濃いサーモン・ピンクのバラをあしらい、定番の
“ローズ”の香りにされました。
Aさんは男の子4人のママでいらっしゃるのですが、このローズの香りで家の“男くささ”を一蹴するのだとか(笑)
少しは効果がありましたか???

f0183171_1427457.jpg
フューシャピンクがまばゆい、こちらのオーナメントは
Iさんの作品。
色はピンクで・・とおっしゃったときは、心の中でやっぱりねと思ってしまったほどピンクがよく似合う方です。
(私の勝手なイメージですが・・)
バラの花びらも、初めてとは思えないほどきれいに作られて
言うことなしです。
サシェのほうはキレイなラベンダー色のバラに
甘い“ラズベリー”の香りをプラス。
こちらもイメージどおり。


f0183171_14271741.jpgこれからの季節にぴったりの配色で作られ
たHさんの作品です。
バラの花びら作りに苦戦していらっしゃいましたが
アイボリーのバラでとても爽やかなイメージに仕上がりました。
こだわって色付けした涼やかなブルーのバラはサシェに。
香りのほうは夏のイメージのバラの色とは対象的に
春らしい華やかな“スイセン”の花の香りを選ばれました。

こちらのハートのオーナメント。
土台はもちろん、リボンやビーズの類まですべての資材が全部同じものなのですが、たった一つしかつかないバラの色でこうも印象が違うものなのですね。奥深いです。

f0183171_14273341.jpg
こちらはみなさんが作られた“プチ・サシェ”です。
三者三様、それぞれの個性がでてますね。

『とっても可愛いのが出来た!! どこに飾ろう~』
『2つも作品が出来てうれしいね♪』
 と 声を揃えて言っていただき、ホッとしてます。
次回はいきなり細かい作業のスズランですが、臆することなくがんばって素敵な作品にしましょう!!
何とも頼りない“先生”ですが・・(苦笑)
これからも宜しくお願いいたします。



f0183171_14275187.jpgのんびり作っていただいていたら、お友達とのお約束の時刻が迫り、最後のアレンジは怒涛の勢いで仕上げたSさん・Fさん母娘の作品です。
無事、お約束には間に合いましたでしょうか?
最後のあの残された時間を振り返ると
人間やればできるものですね・・(しんみりと・・)
せっかく上手に出来上がった作品なのに、私の腕が悪いのはもちろん、ドタバタの中撮ったせいもあり、写真が上手く撮れませんでした。
ごめんなさいっ!!
f0183171_1428294.jpg上はFさんの作品です。
アネモネは紺と濃紫で、バラも見本と同じ配色。
優雅に咲くグリーンのバラがいいですね。
右はSさんの作品。
アネモネは鮮紅色とピュアホワイト。
ビロードのような暗紅色のバラをメインにあとは白系でまとめられました。
この配色、私はとても気に入っています。
お互い使った色は対象的ですが、どちらもスタイリッシュでカッコいい作品に仕上がりました。

f0183171_142812100.jpg今回もお庭のお花を。
一応、ピンク系でまとめてみました。
イチゴのタルトはサクサクで、イチゴの上のマスカルポーネのクリームとミルクの風味が口に広がる生クリームが絶妙。
イチゴの香り豊かな紅茶とともに楽しんでいただきました。

f0183171_14282116.jpg
[PR]
by fleurclasse | 2009-04-28 20:38 | レッスン報告(日本)

4月のレッスン・レポート~その2~

f0183171_11202054.jpg
近くの産直施設に、思わぬお花との“出会い”を楽しみにいつも出かけます。
絶対にコレが欲しいと思って行って、それがあったときの喜びも相当ですが、掘り出しものを見つけたときの喜びは何とも表現しがたいものがあります。
今回は牡丹を見つけました。
といっても・・固く固く、とざしたツボミ。
咲かないかも・・と期待薄でしたが、見事なオオデマリの枝ものに合わせて購入。
そんな心配はよそに、日を追うごとにほころんでいって、レッスンの日に合わせたように咲き誇り、玄関で皆さんを出迎えてくれました。
あまりの咲きっぷりに皆さんが造花と勘違いしたほどです。
そんな日のレッスンの様子をご紹介します。


f0183171_11155075.jpg前回のレッスンでアネモネの色作りにかなりのこだわりを見せていたSさん。
私なぞ、まっ・・こんなもんか・・ってな具合で色を作っているので、気にいる色が出来るまでじっくりと時間をかけるその姿勢には脱帽いたしました。プリザーブドのお教室を主宰されているので、アレンジもおまかせ。
今回もリボン使いなど独自のスタイルで素敵にアレンジしてくださいました。今回も色々とお勉強になりました。次回のスズランもどのようにアレンジされるか楽しみにしております。

f0183171_11173480.jpg
こちらはNさんの作品。
春日井の本部教室にも通われているので、バラはもちろん、色使いなどはご自身におまかせしています。苦手とおっしゃるアレンジのみ少しアドバイスさせていただいたくらいで、あとはご覧のとおりキレイなバラを作られるので何も言う事がないのです。ピンク系はともすると子供っぽくなりがちですが、大人っぽいおしゃれな色あいの作品になりましたね。素敵です。

f0183171_11161169.jpg
今月は妹さんとご参加くださったYさんの作品です。
パリのフローリストのアネモネを使った大きなブーケの写真を参考にして作られました。
紫の濃淡の花の中にサーモンピンクのバラを効かせてシャープな印象に仕上がりました。
ラベンダーカラーのアネモネからチラリと覗く紫の花芯もペップを紫に色づけしたりして手間がかかりましたが
Yさんの個性がでていてとてもいいと思います。


f0183171_1118035.jpgこちらはそのYさんの妹さんの作品。
妊娠中ということもあって、単発でのご参加です。
イチゴがお好きということでしたので、イチゴの作品を少しバージョンを下げて、初めての方にも取り組みやすいものに変更させていただきました。
最初はクレイの扱いになれず、首をかしげながらでしたが、2輪目のバラ作りの頃はすっかり上手になって見事なパープルのバラを咲かせられました。
お帰りのときに『想像していた以上にスゴク楽しかったです!!』とおっしゃっていただき、ホッとしております。
子育てがひと段落したら、また是非お姉さまと遊びに来てくださいね。

f0183171_11163635.jpg
お天気は雨。。。
雨の重みで折れてしまうデルフィニウムをメインに
スカイブルーやアプリコットカラーのパンジーでテーブル花を作ってみました。
この日、パープル系のお花を作られている方が多かったので
偶然ですが皆さんの作品と上手くリンクしていたような・・・
・・・勝手にそんな気がしたのです(笑)
[PR]
by fleurclasse | 2009-04-25 12:51 | レッスン報告(日本)

4月のレッスン・レポート ~その1~

4月もあっという間に半ばを過ぎ、もうすぐGWですね。
街はサクラから、藤やツツジに主役が変わり更にカラフルになってきました。
温暖化の影響か・・・今年は春らしい気候を味わう間もなく夏を迎えそうな気配です。
そんな中、今月もレッスンが始まりました。
何か始めるにはキリがいい時期のせいか、沢山の方が体験レッスンにご参加くださいました。
ブログ、ご紹介・・・きっかけはそれぞれですが、ありがとうございます。
まずは、今月のレッスン初日の様子から・・・

f0183171_162834.jpg体験レッスンにご参加くださったHさんとお友達の皆さんの作品です。マカロンを作ってみたいとのご希望でしたので、以前やった体験の作品を作っていただきました。
今回はベースが黒でしたので、リボンは自由に選んでいただき仕上がりがそれぞれ個性的になりました。

まずはHさんの作品です。
黒地に白のアラベスク模様(?)の個性的なリボンを生かすため、敢えてベースのサイドのリボンは黒のピコットリボンにされました。それが功をそうじてリボンが引き締め役になって良いと思います。バラの色もシックで形よくきれいに出来て、クールカラーのマカロンもおいしそうにできてますね。

f0183171_165585.jpg
来年、還暦をお迎えになるとは全く思えないほどお若く、そしてお美しいTさんの作品です。
『お手をかけると思います・・』とおっしゃられていましたが、初めのマカロン用のクレイの色づけに少し手こずられていただけで、あとは何も問題なく作品を完成されました。
少し顔を覗かせるカラフルなマカロンが作品のスパイスになっていいですね。




f0183171_165487.jpg
こちらはOさんの作品です。
バラをベージュベース、それに合わせてマカロンも同調色にされたことによって全体が上手くまとまったと思います。花びら作りに最初苦戦していらっしゃいましたが、2輪目からだいぶ慣れてグラデーションもキレイに出ていましたね。
クレイを色付けするとき、『とっても楽しいです!!』と何回もおっしゃっていたのがとても印象的でした。




f0183171_1662633.jpgご自宅でプリザーブドフラワーの教室を主宰されているWさん。
今回、めでたく(笑)お子さんの学校の役員になってしまったそうで、この日、役員の会合があるため12時にはお帰りになりたいとのことでしたので、お手伝いを頑張らせていただいて何とか時間に完成したときはホッといたしました。クレイの色作りが早かったので、かなりその点はお手伝いする上でも助かりました。
リボンの使い方が斬新で私もとてもお勉強になりました。
4名の皆さん、来月のスズランのレッスンもご参加くださるとのことでありがとうございます。
スズランは少し作業が細かいですが、あせらずやりましょう!!
来月も宜しくお願いいたします。

f0183171_15252893.jpgさて、こちらは通常レッスンの完成作品。
アネモネの色を決めるときから『いい意味でみんなを裏切りたい』と言っていたYさん。その言葉どおり、今回はいつもの好きなブルーを一切排除し、グリーン系でまとめ、ピンクを使わないところがYさんのこだわりです。もともとパリのフローリストの作品をヒントに配色を決めただけあって、淡いトーンでもかなりスタイリッシュな印象になりました。クールな色合いが春だけでなくこれからの季節にもぴったりですね。

f0183171_15254331.jpgYさんとは対象的にカラフルで春らしい印象に仕上がったUさんの作品。
まるで、お日様が燦燦とふり注ぐ春の花壇の一部を切り取ってきたようです。
アネモネをブルーと赤にしたので、かなりバラの配色に苦心されていましたけど、いい具合に主張しつつアネモネを引き立てていて何度も色作りにトライした成果は出ていると思います。
今回、アネモネを作られている皆さんの中で一番難しい配色を選ばれていたので、実は少し心配していたのですが上手くまとまってよかったです!!

f0183171_15255892.jpg
今月はテーマを“ガーデン・パーティー”にしてみました。
我が家の庭も春花壇が見頃をむかえ、実際にお庭でお茶を楽しめればいいのですがそれはなかなか難しいので・・部屋の中ででもその気分が少し出せたらなと思っております。
なので・・テーブル花は今回は気取らず、お庭で朝、摘んだものをざっくり束ねたものです。
パンジーをメインにクレマチスやアリウム、ラベンダーやチューリップなどその時々でその日咲いているものを
活けようと思っています。
少しでも、お庭でお茶している開放感を味わって頂けたら幸いです。
[PR]
by fleurclasse | 2009-04-23 20:27 | レッスン報告(日本)

5・6月のレッスン

桜も満開となって、いよいよ春本番。
我が家のお庭も色とりどりの花が咲き乱れ見頃を迎えました。
春の華やかさは人の心をうきうきさせるものがありますね。
さて、5・6月のレッスンの課題のご案内です。
レッスンをご希望の方はメールにてご連絡くださいませ。
また、今回は当初のBleu azurデザインのものと花器が
変更しておりますことをご了解ください。
f0183171_14365224.jpg

★レッスン日
   5/19(火)
   5/21(木)
   5/26(火)
   5/28(木)

   6/16(火)
   6/18(木)
   6/23(火)
   6/25(木)

   各日ともスタートは10:00~
   途中、お茶とケーキを休憩がてら楽しんでいただき
   レッスン終了の目安は14:00の予定です。

★課題

   スズラン

     今回は樹脂粘土を使って、可憐なスズランを作ります。
     スズランといえば、ブライダルブーケでも人気のお花。
     ちょうど、ウェディングのハイシーズンと重なりますので
     ジューンブライドをイメージしてノーブルな作品に
     仕上げましょう。
     スズランはちょっと細かい作業となりますが
     バラは2輪と少ないですし
     オーナメントも難しいものではありませんので大丈夫です。
     我が家の庭のバラも見頃となりますので
     みんなでバラを眺めながら楽しく作品作りをしましょう。

     
★レッスン代
 
    3,000円(材料費・お茶・お菓子代込)
     
      ・お道具類は全てこちらでご用意いたします。


★申し込み

    メールにてお願いいたします。
    メールの文字をクリックしますとメールフォームが開きます。

    遅くても3日以内にお返事するようにいたしますが
    万が一メールを送っていただいてから3日経過しても返信がないときは
    恐れ入りますが再度送信していただきますようお願いいたします。

★ご質問・お問い合わせはコチラからお願いいたします
[PR]
by fleurclasse | 2009-04-08 00:37 | 日本でのレッスンのこと

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧