<   2013年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

西地中海クルーズ☆ Part 4

f0183171_1375427.jpg
かつて海洋貿易で栄えたジェノバ
全盛期を迎えた16~17世紀に競うように建てられた豪壮な建物が
今も町の東側に残りその栄華を伝えています。
この日参加したエスカーションはジェノバ市内観光☆
ジェノヴァのウォーターフロントとも言える
ポルト・アンティーコ(旧港)からスタートです♪

f0183171_1382190.jpg
海沿いを走る高速道路をくぐると見えてくる
Piazza Caricamento (カリカメント広場)
この長広い広場はかつて荷降ろしや、積み荷をするところだったそうです。
その右手にある色鮮やかなフレスコ画が描かれた建物は
“サン・ジョルジョ宮”
1408年に設立されたヨーロッパ最古と言われるサン・ジョルジョ銀行
だったところです。
その当時、ヨーロッパ金融の中心として、公債、預貯金の運用など
今の中央銀行のような役割を果たしていました。
貨幣を作るための銀を溶かした炉もまだ残っているんだそう
また、監獄として利用されていたこともあり
あのマルコ・ポーロが投獄されていたこともあったんですって☆

f0183171_1251346.jpg
建物の正面中央にはドラゴンを退治しているサン・ジョルジョ。
フレスコ画は1913年に描かれた比較的新しいものです。
現在この建物には、港管理の事務所があって、
またその他にジェノヴァの歴史に関する各種展示がされています。
予約すれば内部の見学も可能だそうですよ。

      
f0183171_1254180.jpg
サン・ジョルジョ宮の横の道を西へ登っていくと小さな広場に出ます。
ここがバンキ広場(Piazza Banchi)
Banchi(バンキ)とは英語のBank(銀行)にあたり
かつて両替商たちがBanchi(台)を並べていたところだそうです。
この広場に面して建つのが
Chiesa di San Pietro in Banchi (サン ピエトロ ディ バンキ教会)
赤と緑のシマシマの教会らしくない造り。
見た目もですが他にも変わったところがある教会で
1階部分はすべてお店になっているんですよ。
なぜかというと16世紀にこれらのお店の人たちが商売で得た
お金を出しあって、自分たちの店の上に教会を建てたからなんだそうです。
中には入りませんでしたが、天井画がキレイなんだそう♪
見ればよかったな~
写真はありませんがこの広場の一角にはこのほかに
イタリアではじめて株取引市場が置かれた建物もありますよ。

f0183171_20291675.jpg
バンキ広場をあとにして地元で caruggi(カルッジ)
と呼ばれる狭い路地をすすみます。
カルッジという呼び名はラテン語で四科を表す“quadrivium”
(クワードリウィウム)からきているそう。
(四科とは人に必要な実践的な知識・学問の基本と見なされた7つの科目のうち
おもに数学に関わる4科目、算術・幾何・天文・音楽のことをいいます)

薄暗く複雑に入り組んでいる小路はまるで迷路。
また、港町ならではの独特の雰囲気があるので
女性だけでここを歩くのは避けた方がよさそうです。

f0183171_20304583.jpg
外に洗濯物を干してはいけないベルギーとは違い
イタリアではOKのようですね。
干し方が何とも、おおらかなイタリア人らしい(笑)

f0183171_20311425.jpg
カルッジにtabernacolo(タベルナーコロ)がありました。
日本語にすると壁龕(へきがん)と訳します。
むずかしい言葉ですが、小さな礼拝用の祭壇のことで
日本でいえばお地蔵様や道路沿いにある祠といったところでしょうか。
ジェノバの街にはタベルナーコロがたくさんあるそうで
その理由は船乗りの街ということもあり
無事に航海を終えて帰ってこれますように・・・という
願掛けをしたり、無事にかえってきたことの感謝をささげるため
ではないかといわれているそうです。
フィレンチェの街にもタベルナーコロが沢山あるそうなので
行ったときにさがしてみるのも面白いかも☆
       
[PR]
by fleurclasse | 2013-09-30 23:58 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

西地中海クルーズ☆ Part 3

f0183171_20334918.jpg

海と丘に挟まれたマルセイユ
今から2600年前に築かれたフランス最古の街であり
人口約82万人のフランス第2位の都市でもあります。

f0183171_203374.jpg

­マルセイユは1年の晴天日が300日を超え
また年間90日吹く強い北風のミストラルが
この地ならではの透明感と光をもたらすといわれています。
濁りがちな港の海も魚が泳いでいるのがわかるほどの透明感♪
とてもキレイ☆
そんな素敵な南仏の街・マルセイユですが
今回のクルーズでは街を散策時間もなく船上から眺めるだけ・・・
絶対、南仏はもういちど来たい!!

f0183171_20342692.jpg

船が離岸しイタリアのジェノバに向けて出港です☆
船から見えたマルセイユの名所をいくつかご紹介しますね♪

サント·マリー·マジョール大聖堂

ローマ・ビサンチン様式の建物でグリーンの大理石と白い大理石で作られた
シマシマ模様が印象的。
全長は146メートルで、ドームの高さは70m、直径は18mあるそうです。
下町の雰囲気が味わえる、旧港の北側のパニエ地区にあります。

f0183171_20345041.jpg

海抜154mある丘のうえに建つ
ノートルダム・ド・ラ・ギャルド・バジリカ大聖堂

19世紀に建てられたローマ・ビサンチンン様式の教会で
地元の人々からは"La Bonne Mère"(良き母)と呼ばれ親しまれている
マルセイユのランドマーク的存在の建物です
寺院の頂上には高さ9.7メートルの黄金のマリア像が輝きます。

f0183171_2035912.jpg

寄港地ではエスカーションが5~6コース、セッティングされていて
自分の好きなコースに参加することができます。
自分達で自由に街を散策することもできますが
エスカーションだと船の時間に間に合うようにちゃんと帰ってこれるよう
コースが組まれているので安心です。

f0183171_20352699.jpg

コースはさらにガイドの言語によって更に分けられます。
イタリア語、スペイン語、フランス語、英語といった感じです。
日本語がないので英語チームに入るしかないのですけど
英語を理解する人が少ないので参加者が少なく
多言語と抱き合わせになることも多かったです・・・
普段の日常会話も苦しいのに、英語で美術史の話をされてもねぇ・・・
語彙力がないので何となくわかるときと
全く分からないときとあってつらかった~~(泣)
説明を理解するのはあきらめて、とにかく待ち合わせ時間と場所だけは
聞き逃さないようにしました(苦笑)
英語も勉強しないとね・・・・
[PR]
by fleurclasse | 2013-09-29 22:04 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

西地中海クルーズ☆ Part 2

f0183171_6354062.jpg
18階建ての船内はとにかく広くて迷子になりそう~
就航したばかりというのもあるのでしょうが
どこもかしこもキラキラピカピカ☆でとってもゴージャス♪
26基あるエレベーターは全面鏡張りでどこをみても自分が写って
目のやり場に困るくらい(笑)
なかでも6階のDIAMOND BARはゴージャス度ではピカイチ☆
贅沢に空間を使ったアトリウムにスワロフスキーの階段♪
女性なら誰もが胸トキメくはず❤

f0183171_635858.jpg
DIAMOND BARでは夜、ピアノや弦楽器の生演奏がおこなれます。
食事の後、お酒片手に優雅な気分で聞くのもなかなかよいものです

f0183171_6361797.jpg
バーやラウンジは全部で21☆
それぞれインテリアが違うので
好みの雰囲気のラウンジでカクテルを飲むのもたまにはいいですね♪

f0183171_6365321.jpg
アミューズメントも充実してます☆
大人にはカジノやスロット
ファミリー向けにはゲームセンターや4Dシアター
他にもミニ・ボウリングレーンや幼児用のスペースも♪

f0183171_6374046.jpg
レストランはフォーマル、ビュッフェ、ピッツァリア
またサッカー観戦しながら食事ができたり
その時の気分で使い分けができます。
ディナーのときにはカメラマンが各席を回って
写真を撮ってくれるので、記念に購入することもできますよ♪

f0183171_6381488.jpg
地方都市の市民会館より大きくて立派なホール(笑)では
夜な夜なビンゴ大会やショーが繰り広げられます♪

f0183171_6385426.jpg
大きいプールは4つ、ジャグジーは1つのプールに対して4つほど併設してあり
最上階にはウォータースライダーもあります。
この船のウォータースライダーはMSC社、最長を誇るんですって!
昼間はプールのステージでダンスレッスン
夜はラウンジでしっとりとダンスタイム♪
ヨーロッパの方は皆さん踊るのが大好きです☆
泳がない人はジムやサウナで一汗かくこともできるし
バリ式のマッサージで癒しの時間を過ごすこともできます♪゜

f0183171_6392931.jpg
免税店やMSCグッズのお店もあるので
洋上でのんびりお買いものもできますよ☆
長時間の滞在となっても飽きないように様々な工夫がされているので
暇を持て余すことなく楽しめますよ~
[PR]
by fleurclasse | 2013-09-25 23:39 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

西地中海クルーズ☆ Part 1

f0183171_6361470.jpg

人生初のクルーズ旅行は西地中海へ☆
フランス・マルセイユからスタートしてイタリア・ジェノバ、ナポリ
シチリアを巡りさらにアフリカ・チュニジア、スペイン・バルセロナ
そしてマルセイユに戻ってくる7泊8日の旅♪
今回、乗船したのはMSCクルーズ社のPreziosa(プレチオーサ)
MSCクルーズ社は世界有数の海運会社MSCの子会社で
本社はイタリア・ジェノバ。
そしてプレチオーサは今年3月に就航したばかりの新しい客船なんですよ~

f0183171_6363177.jpg

MSCクルーズにとって13隻目となるプレチオーサは
イタリアを代表する大女優ソフィア・ローレンによって名付けられました
イタリア語で“貴重な”という意味だそうです
(写真はマルセイユ港にて)

f0183171_6361595.jpg

全長 333m 全幅 37.92m
総トン数 139,400トン 巡航速力 23.7ノット
客室数1751室 18階建て 乗客用デッキ 13層
乗組員数 1388名 乗客定員 4345名
総建造費5億7000万ユーロ(約705億円)
東京タワーが333mだから規模の大きさがわかってもらえるかな?
(ちなみにパリのエッフェル塔が324mなのでそれよりも長い!)
まるで動くビルのようです☆
大きすぎて全部を写真におさめるのがむずかしい~~
(写真はジェノバにて)

f0183171_6364379.jpg

この船はもともと、リビアの最高指導者カダフィ大佐(2011年10月に死亡)
の息子、ハンニバル・カダフィ氏の依頼によって着工されたものなのだそう。
彼はリビアでクルーズ産業を立ち上げようとしたのですが
2011年のリビア内戦によって計画が頓挫し、建造中にMSCクルーズ社に
売却されました。
彼の計画が実現していれば、この船はアラブ系企業の運行する初のクルーズ
船として、リビアの首都トリポリを拠点に就航するはずだったんですって。
(写真はチュニジアにて)

f0183171_820146.jpg

乗船、下船する際や船内での飲食、買い物のときにも
チェックイン時に作成してくれるこのカードが必要になります。
次回は船の施設についてご案内しますね☆
[PR]
by fleurclasse | 2013-09-24 23:54 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

Ristorante Bocconi☆

f0183171_7261812.jpg

グランプラスの近くにあるHotel Amigo
そのなかに入っているイタリアン・レストラン“BOCCONI”に
いってきました☆
店内はクラシカルな感じでいい感じ♪
この日はちょっと急いでいたのでアントレとパスタの2品で
お願いしました

f0183171_7264151.jpg

アントレは大好きなムールの白ワイン蒸しを☆
ここのムールは付け合わせがフリッツ(フライドポテト)ではなくて
ポテトチップス!
いつもフリッツでお腹いっぱいになってしまうので
日本人にはチップスはありがたい~~
でも地元の人には物足りないかもね(笑)
そしてムールのお供のビールはレフ・ブロンド❤
レフはどの種類もおいしいので大好き♪

f0183171_727350.jpg

パスタはツナとトマトのスパゲティー☆
ベルギーは給食?って思うほど茹で過ぎのパスタが多いのですけど
ここのはアルデンテ♪
でも仕上げにパッパッって振られたと思われる岩塩の量が
多すぎて、ちょっと塩辛かった~~
ソースの味自体はすごくいいので、めっちゃ惜しいっ!
なんで仕上げに岩塩、振っちゃったかな~~

雰囲気もベースの味自体も申し分ないので
ここはもう一回食べに行って他のパスタで
塩加減をチェックしたいな(笑)

最後にちょっとお知らせ♪
先月はお休みしましたが ←ホントは忘れちゃったの (苦笑)
one over fさんのブログにベルギー便りをアップしました☆
今回はシーズンを迎えたムール貝についてです♪
よかったら覗いてみてくださいね~
one over fさんのブログはコチラ → 


Ristorante Bocconi
住所: Hotel Amigo
Rue de l'Amigo 1 Bruxelles 1000
電話: 02 547 47 15
営業時間: 日曜から木曜日 12時~14時30分 19時~22時30分 
金曜と土曜日   12時~14時30分 19時~23時










 
[PR]
by fleurclasse | 2013-09-23 23:57 | ブリュッセルごはん | Comments(0)

ゆ~らゆら~☆ 

f0183171_7132365.jpg

8月後半からずっと出張続きだったダンナさん
ようやく夏休みがとれることになったので
9/14から1週間、西地中海クルーズの旅に行ってきました♪
夢のような時間もあっという間に終わり
大量の洗濯物と3度のご飯作りという現実に直面して
一気に疲れが・・・・(笑)
それに船上の感覚が身体から抜けきらず
未だにゆ~らゆら~・・・
特にじっと立っていたり、座っていたりするとひどく
気分が悪くなるほどです(苦笑)
横になってもゆらゆら感がするので寝てもいられない・・・
最悪~~
もう少ししたらゆらゆらも治ると思うので
また旅行記、コチラで書いていきますね☆

さてさて写真はこの夏にお友達といったカフェご飯♪
Merodeの交差点の角にあるカフェに
ふらりと入ってみたら、お料理がおいしくって~
この日食べたのは海老のブロシェット~赤パプリカのソース~
ソースがすごくおいしかった☆
昔ながらのカフェって感じで洗練されたオシャレさはないけれど
お店の方も親切でおススメ♪
毎日、遅くまで営業しているみたいですよ~

Carpe Diem
住所:13 Av. Tervuren 1040 Bruxelles
電話: 02 735 05 49
毎日営業 午前10時~午前2時まで

[PR]
by fleurclasse | 2013-09-22 23:46 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

ローズクラフト☆

f0183171_7112879.jpg

先日、お友達が遊びに来てくれたときに
飾り棚に飾ってあったクレイフラワーを見て
『やってみた~い❤』と声が・・・
その勢いでプチレッスンをすることになりました♪

日本でのレッスン以降、全くクレイに触っていなかったので
私自身が薔薇が作れるか心配だったけど
以外と手は覚えているものなんですね~(笑)
昔と同じように作れてホッ=3
クレイは初めての方ばかりなので
3時間くらいで作れるものを考えてみました☆

f0183171_7115882.jpg

今回の作品は“ルームフレグランス”
ステムのあるグラスの中には睡蓮の香りの
パウダー状のフレグランスを・・・・
みんな初めてなのにとっても上手☆
かわいいルームフレグランスが出来上がりました♪

f0183171_7104726.jpg

KちゃんとCちゃんから
また作りた~い❤とのリクエストがあったので
またまたプチレッスン☆
今回は2人から『このボックスをかわいくしたい!』との宿題が・・・(笑)
・・・で出来上がったサンプルがコチラ
ピンク系とイエロー系の2つ作ってみました☆

f0183171_711940.jpg

前回同様、3時間ほどで完成するスタイル♪
小さな薔薇1輪にキラキラ☆たっぷり~~
ちょいと乙女チックすぎたかな?って心配だったけど
2人のどストライクだったみたいで安心しました(笑)
またよかったら作りに来てね❤
[PR]
by fleurclasse | 2013-09-21 23:11 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

Les Deux Maison☆

f0183171_1902947.jpg

うちの近くにあるレストラン“Les Deux Maison
以前、ミシュランの一つ星だったそうです。
それを聞いて興味はあったのですが、な~んか入りづらくって・・・・
お友達のTちゃんに予約してもらってようやく行ってきました☆

f0183171_2341565.jpg

まずはアミューズ
結構なボリュームで出てきました♪
スープはマッシュルーム?のスープと濃厚なクリームのスープの二層で☆

f0183171_1911452.jpg

私のアントレはガスパチョ☆
一見、全くガスパチョに見えないのですが
お皿のリムのソルベがガスパチョなんです♪
お口にいれるとスッと溶けておいしかった~

f0183171_1914381.jpg

お友達のアントレもおいしそうだったので・・・・
ホワイトアスパラとスモークサーモン
サバのグリルとサーディンのリエット

f0183171_192458.jpg

メインは牛肉のステーキ☆
真ん中のは牛肉のタルタルです。
焼き加減をレアでお願いしたのにミディアムだった・・
でもおいしかったからいいや(笑)

f0183171_1922279.jpg

デザートはレモンタルト
グレープフルーツもたっぷり♪
さっぱりいただけそうなんですがこれがすんごく甘くて~(笑)
お口直しが欲しいくらいでした・・・

お友達が言うには秋にオマール尽くしのメニューが出るらしくって
それが結構おいしいとのこと♪
オマール大好きだし、近いのでまた食べにいきたいな☆


Les Deux Maison
住所:Val des Seigneurs 81 1150 Woluwe-Saint -Pierre BRUSSELS
Tel :02.771.14.47
日曜、月曜 お休み
[PR]
by fleurclasse | 2013-09-15 00:17 | ブリュッセルごはん | Comments(0)

夏の思い出☆ ~Oostende~

f0183171_1620212.jpg

ベルギー最大のリゾート地“Oostende”(オステンド)
夏のバカンスシーズンにはヨーロッパ各地から海水浴客が訪れます。
この日のブリュッセルは暑かったのですがオステンドに吹く風は秋の気配。
少し肌寒かったです。

f0183171_16204378.jpg

リゾート地ということもあって海岸沿いには
ズラリとリゾートマンションが立ち並びます☆
また近くにはカジノもあるんですよ♪

f0183171_16214872.jpg

海で泳いだり、肌を焼く人もいれば
おもしろいレンタサイクルを借りて
みんなでサイクリングをするグループも♪
息を合わせるのが難しそうだけど、楽しそう~☆

f0183171_16211389.jpg

人口7万人の港町・オステンド
かつてはベルギーの玄関口としてイギリスから
ドーバー海峡を渡ってくる船を迎え入れていました。

f0183171_16221267.jpg

街にはシーフードレストランがそこかしこに☆
ちょうどムール貝のシーズンが始まったところなので
どこのお店もムール一色!
ベルギー人のフランス語の家庭教師の先生に
オステンドに行ってきたよって話したら
もちろん、ムール食べたわよねって言われて・・・
食べなかったって答えたら
オステンドに行ってムール食べないなんてお馬鹿さんね~(笑)
って言われちゃった(苦笑)
だって、前日の晩ご飯、家でムールの白ワイン蒸しを
作っちゃったんだもん・・
先生、今度行ったら食べてくるね☆

f0183171_16223012.jpg

聖ピーターとポール教会
1886年に火事で焼けてしまい
現在の建物は1901年~1905年に建て替えられたものです。

f0183171_16545860.jpg

ネオゴシック形式の教会で
ここのステンドグラスもとても美しいです♪

f0183171_16224999.jpg

教会の裏にある聖ピーターの塔は
1886年の火災を免れた唯一の建物。
以前は博物館として公開していましたが
今は修復工事中で公開していません。

f0183171_16231029.jpg

繁華街から海岸に向かう道沿いにある
ジェームス・アンソール・ハウス
ジェームスアンソールはベルギーを代表する象徴派の画家で
ここは彼が1949年に亡くなるまで住んでいたところです。
あまり気乗りがしなくて入るかどうか悩んでいたら
現地のベルギー人に声をかけられて
『彼はベルギーの偉大な画家だから是非見てって』
とおススメされたので見てみることにしました。

f0183171_1629385.jpg

2階は資料室、3階が彼のアトリエと居室
ちょっと独特な世界観で私はあんまり好きではなかったけど…

f0183171_16295883.jpg

ジェームス・アンソール・ハウスをあとは
ぶらぶらと街歩き☆
ワッフル屋さんで懐かしいスイーツを発見~!
りんご飴ってヨーロッパにもあるんですね♪
日本とスタイルも一緒なのもビックリ☆☆
[PR]
by fleurclasse | 2013-09-13 15:12 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

夏の思い出☆ ~Namur~

f0183171_5582277.jpg

7月のとある日曜日
ゴルフでご主人がいなくて暇だというYちゃんを誘って
ベルギー・ワロン地方にあるナミュールに行ってきました☆
アルデンヌ地方の玄関口と言われる人口10万人の
渓谷が美しい穏やかな街です。

f0183171_5585254.jpg

ミューズ川とサンプル川が合流する高台にそびえたつシタデル(城塞)
現在の建物は17世紀のものです。
かつてはフランスのルイ14世やオランダのオラニエ公ウィレムが
所有していたことがあり、また第2次大戦ではドイツ軍が間近まで
迫るほど、ヨーロッパにおける重要な城塞だったようです。
今は8haもある広大な庭園になっていて
頂上から見下ろすナミュールの街並みは絶景です。
また、城塞内にはギー・デルフォルジュ氏の香水アトリエがあります。
彼は国際コンクールで多くの賞に輝いた香水クリエイターだそうです☆

f0183171_5593550.jpg

シタデルから見たナミュールの街並み☆
こちらは街の中心部の風景

f0183171_55958100.jpg

“ミューズ川の真珠”と讃えられる美しい街並み
ナミュールの街を巡るクルージングはもちろん
ディナンまで日帰りで行くクルージングツアーもあります

f0183171_602739.jpg

サンブル川の向こうにみえる聖オーバン大聖堂
18世紀に建てられたクラッシック様式の教会です

f0183171_605511.jpg

この日はシタデルの下にある駐車場でビールフェアをやっていました。
まずはナミュール観光の前にちょっと1杯☆
さぁ~何飲もう❤

f0183171_611949.jpg

Yちゃんがずっと飲んでみたがっていた“Corne”
La Corneという醸造所のLa Corne Blonde 5.9%
角笛型のグラスに注がれて出てきました♪
このグラス、上手に飲まないと途中で空気が逆流して
顔にかかってしまうので注意してくださいね!

f0183171_621069.jpg

私はレジェンド醸造所の飲み比べセットを☆
あんまりよく覚えてないのですが・・・たぶん・・・
右から
Ducassis 3% カシスのビール
Saison Voisin 5%
Goliath blonde 6%
Goliath triple 9%
バゲットのサンドウィッチを食べながら
かつ半分以上Yちゃんに手伝ってもらって飲んだのですが
かなり酔いが回ってしまって・・・
お水を飲んだり、ノンアルコールのKriekを飲んでみたりして
復活を試みたのですが心臓がバクバクするのがなかなかおさまらなくて・・・
街の名所をほとんど見てない理由はコレです(苦笑)
おうちに帰ってから 『そんなに強くないんだから気をつけなさい!』
ってダンナさんに叱られちゃった・・・
Yちゃん、ダンナさん、せっかくお出かけしたのにごめんなさい(涙)

f0183171_624997.jpg

ビールフェアの会場にあったコレは何だと思います??
私達も最初分らなかったのですが~~
実はコレ、男子用の仮設トイレ(笑)
あまりのオープンエアスタイルにちょっと笑えちゃいました☆
[PR]
by fleurclasse | 2013-09-12 16:09 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧