<   2013年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

西地中海クルーズ☆ Part 14

f0183171_211513.jpg

ウンベルト通りには沢山の脇道があり
そこにもレストランや雑貨店が軒を連ねます。
写真はこの通りで一番狭い路地☆

f0183171_215129.jpg

脇の階段ではおねえさんがsexyポーズをとってました❤
ヨーロッパでは写真を撮るとお金を要求されることがあるので
ドキドキしながら人垣の間からこっそりパチリ☆

f0183171_1294432.jpg
Piazza 9 Aprile(4月9日広場)☆ 
ちょうどウンベルト通りの真ん中に位置し、この広場には
聖ジュゼッぺ教会、メッゾ門、サント・アゴスティーノ教会があります。
以前はここに建つ教会の名から
“サント・アゴスティーノ広場”と呼ばれていました。
1860年の4月9日・・イタリア統一戦争の最中
大聖堂でミサが行われている時にイタリアの英雄・ガリバルディが
シチリアをスペインのブルボン家から解放させるために
シチリア島の西端の町・マルサーラに上陸するのでは?と噂が広まりました。
市民達は喜びに沸いたのですが、その噂はガセで
実際にガリバルディがシチリアに上陸したのは
1ヵ月後の5月9日でした。
しかし、市民達はその歓喜が忘れられず
この広場を解放の記念として“4月9日広場”と
名前を改めることにしたのだそうです。

f0183171_1311123.jpg

この広場は展望台のように見晴しが良く
ジャルディーニ湾からエトナ山にかけての
壮大なパノラマを見ることができます♪

f0183171_130887.jpg
Chiesa di S. Giuseppe (聖ジュゼッぺ教会)☆
1600年代後半に建てられたバロック様式の教会。
ピンクのタオルミーナ大理石で作られていてとてもかわいらしい♪
教会の右側には鐘楼もあります。

f0183171_1364328.jpg

中に入ると天井に見事なフレスコ画☆
フレスコ画に描かれている少年は聖ヨハネ·ボスコ。
彼は19世紀に活躍した北イタリアのカトリック司祭で
カトリック修道会のひとつであるサレジオ会の創立者です。

f0183171_1303458.jpg
Porta di Mezzo(メッゾ門)☆ 
現在見られる塔は1679年に再建されたもので
そのときに市民の手により大きな時計をとりつけられたことから
時計塔とも呼ばれるようになりました。

f0183171_1372183.jpg
Chiesa di S. Caterina(聖カテリーナ教会) ☆
17世紀に建設されたバロック様式教会。
入り口の上にあるのは聖カテリーナの像です。
この教会はとてもおもしろくて
“オデオン”というギリシャ時代の神殿の上に
ローマ時代のコンサートホールが建てられ
更にその上にこの教会が建てられているんです~
オデオンは教会の裏手にまわるとみることができますよ♪

f0183171_2454380.jpg

中はこんな感じ♪
この教会にはアレキサンドリアの聖女カテリーナが
祀られています。
アレクサンドリアはエジプトの都市で
聖女カテリーナはここの出身であることから
こう呼ばれています。

f0183171_1374315.jpg
Palazzo Corvaja(コルヴァイア宮)☆
タオルミーナの最も古い貴族・コルヴァイア一族が
1538年から1945年までこの館を所有していたことから
こう呼ばれるようになりました。
アラブ支配下にあった902年から1079年の間に
この宮殿の基となる塔が作られたといわれており
その後この町の時の支配者たちがそれぞれの様式で増築したので
アラブ、ゴシック、ノルマンの様式が見られる複合建築となりました。
また1411年にはシチリア議会が初めてここで行われたそう。
現在は1階が旅行者向けのインフォメーション
2階が民族博物館になっています。


f0183171_1442981.jpg
Porta Messina(メッシーナ門)☆
ウンベルト通りの北端に位置する門。
1808年、海沿いの道が開通したのを記念して作られ
当時は要塞としての機能も備えていたようです。
ブルボン朝のフェルディナンド4世によって作られたことから
フェルディナンド門とも呼ばれていました。
門の上部にあるプレートにこのことが刻まれています。
[PR]
by fleurclasse | 2013-10-31 12:31 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

西地中海クルーズ☆ Part 13

f0183171_1828497.jpg
いよいよシチリアへ・・・
シチリアは地中海最大の島で面積は日本の四国の約1.4倍。
ブーツの形をしたイタリア本土のカラブリア半島との間には
メッシーナ海峡があり最も幅の狭いところは
約3㎞しか離れていないそう~
この日はナポリから南南東へ約316km先にある
メッシーナ海峡に面したメッシーナという街に寄港して
そこからバスで約1時間ほどのところにある
タオルミーナの街を散策してきました♪

タオルミーナは“シチリアの宝石”と呼ばれるほど風光明媚な街☆
遠くには噴煙を上げるエトナ山も望めシチリア随一の絶景を
楽しむことができる世界的にもよく知られたリゾート地でもあります。
また映画“グラン・ブルー”の舞台になったことでも有名♪
町はタウロ山の中腹にあり、標高200mから見下ろすと
限りなく青く煌めくイオニア海が目に飛び込んできます☆

f0183171_18393990.jpg
リゾート地としての華やかなイメージが強いタオルミーナ☆
意外に古い歴史を持つ街でその歴史は紀元前4世紀まで遡ります。
古代ギリシャおよびローマの支配下にあり
当時の神殿や遺跡が今も残っています。
散策は街の南側に位置するPorta Catania(カターニア門)からスタート♪
この門が最後に改築されたのが1440年。
門の上の方にはアラゴン家の紋章が刻まれています。
ここからCorso Umberto(ウンベルト通り)が始まります。

f0183171_18424577.jpg

ウンベルト通りを東に進むと
Piazza Duomo(ドゥオーモ広場)が見えてきます。

f0183171_18431166.jpg
Duomo(大聖堂)☆
ゴシック様式のファサードを持つ小さな教会です。
中世に建設されたと言われていますが
諸説あるようで、はっきりとした時期は未だ不明だそう・・・

f0183171_1844789.jpg

中はシンプルな造り~
祭壇画や彫刻は15~16世紀のメッシーナ派のものだそうです。
写真は主祭壇☆

f0183171_18442852.jpg

広場の中心にはバロック様式の噴水☆
1635年にタオルミーナで切りだされた
赤味を帯びた大理石を使って作られました。
噴水の周りの石段は地元の人や一休みする観光客で
いつも賑わっています。

f0183171_18444627.jpg

噴水の一番上に飾られているのは、半人半牛のケンタウロスの像☆
このケンタウロス・・・なんと女性バージョン!
左手に球、右手に王杖を持っています。
タオルミーナのシンボルといわれ
街の紋章にもなっています。

f0183171_18572596.jpg

メインストリートのウンベルト通り☆
街の南にあるカターニア門から
北側にあるメッシーナ門までの
長さ約800mの通りで
タオルミーナのメインストリートです♪

f0183171_18592192.jpg
スペイン建築の影響が見受けられるPalazzo Ciampoli(チャンポリ館)
コルバイヤ家の邸宅として1412年に建てられたものです。
現在はホテルとして利用されています。

f0183171_1905821.jpg

チャンポリ館の階下はオシャレなリストランテになっていました。
ウンベルト通りは高級ブランドショップやカフェ、レストラン
そしてお土産屋さんが立ち並んでいるので
ウィンドーショッピングをしながら
のんびり歩くのも楽しいですよ~♪
[PR]
by fleurclasse | 2013-10-30 22:58 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

お茶会へ☆

f0183171_10261513.jpg
コチラに来てから毎月参加しているお茶会☆
(今まで参加したお茶会のレポートはまた後日アップしますね(苦笑))
今月は仲良くさせてもらっているN美さんとCちゃんと一緒なので
とっても楽しみにしていました♪
お茶会の前に用事があったので
タクシーに飛び乗り向かったのですが
渋滞にはまってしまい遅刻・・・
ご一緒させていただいた皆様、大変失礼しました~(汗)

アペリティフはアルザスの白ワイン☆
PINOT GRISというブドウから作られたワインで
飲んだ後にふわりとハチミツの香りがしました~
とってもおいしかったので探して買ってみようっと♪

f0183171_9235269.jpg
アミューズは鱈のサラダ・ニシンのマリネ
ニシンの下にはズッキーニと人参を細く切ったものに
オレンジのビネガーで作ったドレッシングで和えたもの☆
ボウル一杯食べれちゃうくらいおいしかった❤

f0183171_9241256.jpg

デザートの1品目は
りんごのボストック カシスのソースとカルバドス風味のソース・アングレーズ☆
そしてエピスで香りづけしたクレーム・シャンティー♪

ボストックとはスライスしたブリオッシュにたっぷりとシロップを染み込ませ
アーモンドクリームを塗って焼き上げたもの。
そのうえにじっくり焼いたリンゴがのっています。
カシスの酸味とリンゴの甘味がすごくあってました♪


f0183171_2464463.jpg
かぼちゃのプリン シャンティー・レジェ添え☆
砕いたクッキーが入った生クリームのことを
シャンティー・レジェというそうです。
プレートのリムには2種類のリンゴと刻んだヘーゼルナッツを
ヘーゼルナッツオイルで和えたサラダ
こっくりとしたかぼちゃとさっぱりとしたリンゴ
そしてヘーゼルナッツの風味りバランスがとってもよかったです。

お菓子の説明をメモするのに必死だった私・・・
うっかり写真を撮り忘れ~(泣)
N美さんからお写真いただきました♪
N美さ~ん! 助かりました~ ありがとうございます❤

f0183171_9243153.jpg
りんごとヘーゼルナッツのサラダに使われていたリンゴがコチラ~
スイスのレッドラブという品種で中まで真っ赤☆
サラダやデザートにぴったりですね~

f0183171_9245874.jpg

最後のお菓子は
フランス・サヴォア地方の伝統菓子“Rissoles”(リソル)
パイ生地を丸くのばして、ジャムやフルーツのコンポートを
はさんで2つ折りにし、揚げたり焼いたりしたお菓子です。
今回は赤ワインで煮た干プラムが中にぎっしり♪
大人の味のリソルでした☆

f0183171_9251891.jpg

リソルと一緒にだしていただいたのは
シナモンとプラムの紅茶
お口直しとして最後にいただいた焙じ茶は
京都・伏見にある椿堂さんのもの。
炒りが浅めのせいか、さっぱりとしているので
最後の〆としてぴったりでした☆
最初から最後まで計算しつくされたデザート
また来月も楽しみ♪

食べ物の話題はこれくらいにして
次回からはまたクルーズのレポに戻りたいと思います♪
次はシチリアのお話です☆
[PR]
by fleurclasse | 2013-10-28 23:39 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

Boudin Noir☆

f0183171_054264.jpg
語学学校のすぐそばにあるビストロ “La Table Saint-Pierre”
通い始めてからずっと気になっていたお店に
ようやく帰りに行ってみることができました☆
家庭的なこじんまりとしたお店ですが
ナプキンがファンの形に折られているところなんか
ヨーロッパだなぁ・・・と感じてしまいます。
日本で家庭的というとまた違う雰囲気ですものね(笑)
f0183171_0544352.jpg

この日はランチメニューをいただきました♪
デセールまでついて14€でした~
アントレはレーズンの入ったパテ☆
パンにつけて食べてもGOOD♪

f0183171_2421234.jpg
メインはフランスのソーセージのBoudin☆
豚の血で作ったBoudin noir(黒ブーダン)と
血は使わずひき肉で作られたBoudin blanc(白ブーダン)の2種盛り~
ブーダンノアールはまだまだ日本ではなじみがないですよね~
血のソーセージと聞くとギョッとしますが
新鮮な血を使って作られているので臭みはありません。
でも好きか嫌いか分れる味だとは思います。
私は好きですけど、レバーが苦手な人はダメかも・・・
ブーダンノアールはリンゴと相性があうので
この日もリンゴのピュレが添えられてました♪

f0183171_2423895.jpg
デセールはサクランボのクラフティ☆
カラメルソースをつけながらいただきます♪
地元の人で賑わうこのお店。
また帰りに寄ってみたいな♪

最後に・・・今月もoneover fさんのブログに
ベルギー便りを書かせてもらいました☆
今回はCarbonade flamande(カルボナード・フラマンド)についてです。
よかったらのぞいてみてくださいね♪
oneover fさんのブログはコチラ→ 


La Table Saint-Pierre
住所:Rue François Gay 271 1150 Bruxelles
電話: 02.762.91.63
お休み:土曜日の夜,日曜日

[PR]
by fleurclasse | 2013-10-27 23:00 | ブリュッセルごはん | Comments(0)

bonbonでディナー☆

f0183171_6563613.jpg
お友達に誘ってもらって7月から
星付きディナーの会に参加させてもらってます。
・・・で、今回は第3回目♪
(過去2回はコチラに書くタイミングを逃してしまったので追ってまた書こうと思ってます(苦笑))先日のランチに続いて今度はディナーでbonbonへ☆
まずはベリーニ(桃のリキュールとシャンパーニュを1対2で割ったもの)
でカンパーイ♪
f0183171_65798.jpg
アミューズは4品☆
1品目はランチの時にも出た卵のムース
でもディナーのほうが豪華版♪
違いはちょこんとのったキャビアがあるかないか(笑)

f0183171_6574394.jpg

かぼちゃのスープ☆
ガツンとショウガが効いてて初めて出会う味でした

f0183171_6581457.jpg

ピンがたくさん刺してある面白い器にはゴーフレット☆
中にはトレビスとチーズ
とろりとしたチーズがお酒に合います♪

f0183171_6583471.jpg

アミューズの最後は
セップ茸のソルベ☆
ライスパフとの組み合わせもよくて、すっごくおいしかった~~

f0183171_6585999.jpg
アントレは2種類☆
生カキをうす~くスライスしたものの下にはセロリ風味のサワークリーム
それにキュウリのゼリーとカキのジュースのゼリー
贅沢にキャビアも♪
生カキの周りには海苔がまかれていて
お口にいれると磯の香りがひろがるんです~
今回出てきたお料理の中で私はコレが一番好き❤

f0183171_6592446.jpg

ラングスティーヌ(手長海老)のカルパッチョに
たっぷりのキャビア♪
おいしくないわけがない!!(笑)

f0183171_6594485.jpg
メインのお魚☆
白身のお魚を白ビールで蒸し焼きにしたもの。
添えには酸味の効いたリゾットとシコン(ベルギーチコリ)のソテー
素材の味を生かしたシンプルなお料理でした

f0183171_701062.jpg
お肉料理は
フォアグラをウズラのお肉で巻いたもの
添えにはポテト、ベーコン、アプリコットのゼリー・・・etc
結構お腹いっぱいだったのでガッツリ系だったらどうしようかと
思っていたけど、この量なら問題なし(笑)
それと魚介がずっと続いていたので、さらにおいしく感じました♪

f0183171_703325.jpg

デザートはランチと同じくショコラづくし~
左から、ショウガ風味のチョコムース、自家製スニッカーズ
アニス風味のアイスにチョコのクロケット
個人的には違うデザートが出てきてほしかったな~~
1週間に2回行く方が悪いか(笑)
でもクロケットは何度食べてもおいしい❤

f0183171_705787.jpg
コーヒーのプティフールは
ワゴンに乗せられてやってきます(笑)
好きなものを好きなだけ取ってもらえるんですよ~

f0183171_711877.jpg
甘いものは別腹なので~~
クリームブリュレ、キュベルドン、マドレーヌ
カヌレ、チーズケーキ、マカロン、エクレア
紫の三角錐の形をしたキュベルドンは
ベルギー伝統のお菓子なんですよ~

bonbonのお料理は全体に塩味が強めで
さらにスパイスをガツンと効かせるメリハリのある味。
ワインがおいしく飲めるように計算されている感じがしました
うちからそんなに遠くないので
また機会があったら行きたいな♪

bonbon

住所:Avenue de tervueren 453 1150 Bruxelles
電話: 02 346 66 15
営業日:月曜日の夜・火曜日~金曜日 12:30~13:30,19:30~21:00
お休み:月曜日の昼,土曜日・日曜日

[PR]
by fleurclasse | 2013-10-23 20:05 | ☆つきレストラン | Comments(0)

bonbonでランチ☆

f0183171_6133041.jpg
現在、ミシュラン1つ星のbonbon
次は2つ星に昇格するのでは?というもっぱらの噂~
あがるとお値段も上がるので今のうちに行かない?っと
2組のお友達からお誘いをうけて
ランチとディナーに立て続けにいってきました♪
まずはランチレポから☆

アミューズは3種
1品目は鶏の足の形の器には卵のムース
マスタードの辛みと酸味が効いてます

f0183171_614447.jpg
2品目はカリフラワーのムース
トッピングはグレイシュリンプにキャビアとレモンジェリー
レモンジェリーの酸味が心地よかった~

f0183171_6171226.jpg
ラズベリーのメレンゲにクリームチーズが挟んでありました。
指でつまんでパクっと一口で♪

f0183171_6173468.jpg
アントレ☆
マグロとセップ茸のカルパッチョ
真ん中はトリュフのソルベ
ソルベをつけながら食べるとすごくおいしかった❤
セップのカルパッチョもGOOD! 

f0183171_6175879.jpg
この日のメインは鱈に似たお魚☆
添えにはムール貝、セロリ、キノア
カリカリに香ばしく炒られたキノアがお魚とよく合いました

f0183171_6182590.jpg
デザートはショコラづくし❤
左から、ショウガ風味のチョコムース、自家製スニッカーズ(笑)
アニス風味のアイスにチョコのクロケット
クロケットは中からラズベリー味のチョコがとろ~りと出てきてすごくおいしかった♪

f0183171_6185554.jpg
コーヒーの時のプティフール♪
クリームブリュレ、マドレーヌ、シューの飴がけ、チーズケーキ、マカロン
クッキー、ピスタチオのロールケーキ

お店の雰囲気もよくて、星つきなだけあってサービスももちろんよかった♪
1週間に2回もここにこれちゃうなんて幸せ者ですよね~
ディナーはどんなのかホント楽しみ☆


bonbon
住所:Avenue de tervueren 453 1150 Bruxelles
電話: 02 346 66 15
営業日:月曜日の夜・火曜日~金曜日 12:30~13:30,19:30~21:00
お休み:月曜日の昼,土曜日・日曜日

[PR]
by fleurclasse | 2013-10-22 22:56 | ☆つきレストラン | Comments(0)

Medicis☆

f0183171_1350435.jpg
年末に帰国予定のRちゃんから譲ってもらうものを
受け取るついでに一緒にランチすることに♪
Rちゃんが行ってみたいと言っていたMedicis
私も気になっていたお店なので楽しみにしてました☆

アミューズ・ブーシュは
サーモンのムース

f0183171_1350293.jpg
アントレは
Croquettes de faisan キジのコロッケ☆
外はカリッと中はとろ~りとしたクリーム仕立て
コロッケの下の野菜はスイスチャ―ドという
カラフルな小松菜みたいな野菜をソテーしたものです。

f0183171_13505581.jpg
メインは
Noisettes de chevrei  ノロ鹿のソテー☆
ノロ鹿のお肉は臭みもなく柔らかくって
おいしかったですよ~
こちらではビーツという赤いカブのような野菜が
よく添えに使われてます


f0183171_14142256.jpg
デザートは
Poire au vin rouge 洋梨の赤ワイン煮☆
温かい洋梨をチョコレートチップの入った
アイスクリームと一緒に食べると最高♪

鹿や雉といったジビエに洋梨・・・すっかり秋ですね~


Medicis
住所:Avenue de l'Escrime 124 1150 Bruxelles
電話: 02 779 07 00
営業日:火曜日~金曜日・土曜日の夜 12:00~13:30,19:00~21:30
お休み:土曜日の昼,日曜日

[PR]
by fleurclasse | 2013-10-20 23:18 | ブリュッセルごはん | Comments(0)

L'Alban Chambon☆

f0183171_7311155.jpg
お友達のHちゃんに誘ってもらって
De Brockereにあるホテル・メトロポールの中の
L' Alban Chambonに行ってきました☆
クラッシックな雰囲気でまるでお城の中みたい♪
f0183171_7282794.jpg
シェフお任せのMenu Impressionというコースを頼みました。
アントレ、メイン、デザートの3コースメニューです。
アントレはスモークサーモン♪
薬味はオニオン、サワークリーム、ケイパー、パセリの中から
好きなものをチョイスできます。
欲張りな私は全部のせ(笑)

f0183171_7285076.jpg
メインは鶏肉でした。
胸肉の火入れ具合がとってもよかった♪
パサパサせず、ジューシーな仕上がり☆
付け合わせはクロックムッシュ

f0183171_7291229.jpg
デザートはチョコレートムース
そんなに甘くなくラズベリーの酸味が効いてて
おいしかったです♪

ホテル内のレストランらしい丁寧なサービス
フレンドリーな雰囲気もいいけどたまにはちょっと背筋が
伸びるようななかでの食事もいいですね☆


L' Alban Chambon
住所:31 place de Brockere B-1000 Bruxelles Hotel Metropole 内
電話: 02 214 25 15
営業日:火曜日~金曜日・土曜日の夜 12:00~13:30,19:00~21:30
お休み:土曜日の昼,日曜日,月曜日,祝祭日

[PR]
by fleurclasse | 2013-10-19 22:03 | ブリュッセルごはん | Comments(0)

語学学校帰りに☆

f0183171_613124.jpg
クルーズ旅行記の途中ですが、ちょいとブレイク☆
忘れちゃわないうちにランチレポートを(笑)
金曜日の語学学校はめっちゃハードで
終わった後はいつもぐったり・・・
そんな自分にご褒美ということでお友達と学校帰りにランチ♪
以前、お友達のTさんに連れて行ってもらったことがある
 LA CAUDALIE に行ってみました☆

アミューズブーシュは
キャビアがのつたフォアグラのフランと
4種類のチーズのクロケット

f0183171_6132829.jpg
アントレは鯛のマリネ 柑橘のソース
グレープフルーツと鯛の相性がよくて
さっぱりとしてておいしかった~
お野菜を小さくカットしてライン状に盛りつけると
オシャレですね♪
今度、おうちでもマネっこしてみようっと☆

f0183171_6135180.jpg
お友達のメインはマトウダイ
泡状にしたアニスのソースに
付け合わせはキューブ状にカットしたフヌイユ
盛り付けがキレイ♪
こっちにすればよかったかな~

f0183171_614825.jpg
私はポークのソテー
セップ茸のチップが添えられて秋らしく・・・
ジェノベーゼソースのニョッキが
もちもちでおいしかった~
帰り道の途中にあるし、季節の良いときはテラス席もなかなかよいので
また学校帰りに寄りたいな❤


LA CAUDALIE
住所:Rue J.Bassem 111 1160 Bruxelles
電話: 02 675 20 20
土曜日の昼・日曜日・月曜日の夜 お休み

[PR]
by fleurclasse | 2013-10-18 23:03 | ブリュッセルごはん | Comments(0)

西地中海クルーズ☆ Part 12

f0183171_12264851.jpg
ナポリから南に約50㎞。
ソレント半島のナポリ湾に面した側にあるソレント。
カンツォーネ(ナポリ民謡のこと)・“帰れソレントへ”が有名なので
街の名前を耳にしたことがある方は多いのではないかと思います。
人口約1万7000人の小さな街ですが古くからのリゾート地で
また青の洞窟で有名なカプリ島やアマルフィ海岸への
観光拠点としても人気があります。

f0183171_1227273.jpg
ソレントは高台にあるので
街からナポリ湾を眺めることができるんですよ~
海が青くてキレイ☆


f0183171_12274879.jpg
Piazza Tasso(タッソ広場)
ソレントの中心にある広場。
観光用機関車もここ、タッソ広場から出発しているので
時間に余裕があるとき乗ってみるのもよさそう♪
またソレントの町はナポリと違い治安がいいので
夜も街歩きが楽しめるんだそうですよ☆

f0183171_1228111.jpg
タッソ広場にあるTorquato Tasso( トルクァート タッソ)の像。
16世紀に活躍したソレント出身の詩人で
この広場の名前は彼にちなんでつけられました。
叙事詩“解放されたエルサレム”、牧歌劇“アミンタ”が代表作だそうです。
(不勉強なので全く知りませんでした・・・)

f0183171_12283017.jpg
タッソ広場の近くある黄色い可愛らしい建物は
Chiesa del Carmine(カルメル教会)
一見、教会には見えないですよね~

f0183171_12303454.jpg
Il Vallone dei Mulini(ミルズの谷)
ミルズの谷と呼ばれる深い谷底には古い工場の建物がそのまま残っています。
谷に流れる水を利用して粉引きをしていた建物のようです。
大したことはないのですが
ソレントの観光名所の一つのようでソレントに着いて一番にガイドさんが
連れて行ってくれました(苦笑)

f0183171_12285335.jpg
ソレントはレモンの町☆
レモンのリキュール“リモンチェッロ”が有名です♪
街中に何軒も専門店があるほど~
よく冷やして食後酒としてストレートで飲むのが一般的な飲み方☆
甘く、レモンのいい香りがするので飲みやすそうなんですが
アルコール度数は30%以上もあります。
試飲させてもらったけど、口から火が出そうでした(笑)
白く濁っているのは“クレーマ・ディ・リモンチェッロ”
乳成分が入っているのとアルコール度数も低めなので
コチラのほうが飲みやすいです。

f0183171_12291129.jpg
お店の奥でリモンチェッロを作っていました♪
リモンチェッロはレモンの皮をホワイトスピリッツという無色透明な蒸留酒に
砂糖とともに漬けこんで作ります。
ソレントを中心としたこの地域では、昔から庭でなったレモンで
自家製リモンチェッロを作り楽しんでいるそうです。

f0183171_12295093.jpg
ソレントからナポリに向かう海岸線もとてもキレイでした☆
いよいよイタリア本土を離れてシチリア島へ・・・
ヨーロッパに住んでいなければ行かなかったところだと思うので
とても楽しみ♪
[PR]
by fleurclasse | 2013-10-16 09:08 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧