<   2013年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧

クリスマスマーケット ☆リエージュ☆

f0183171_16575351.jpg
今年最後のクリスマスマーケットはリエージュへ☆
リエージュのクリスマス・マーケットは
Village de Noel(ヴィラージュ・ドゥ・ノエル)と呼ばれていて
聖ポール大聖堂の前の広場からマルシェ広場まで続き
長さはヨーロッパで一番だとか・・・
またベルギー国内に限って言えば
最も古く、そして最も規模が大きいマーケットなんですって。

f0183171_16571455.jpg
聖ポール大聖堂の近くに車を停めて
まずはオペラ座へ☆
この近くにマーケットが開かれている
サン・ランベール広場があります。

f0183171_16582262.jpg
プリンス・エベック宮殿(君主司教宮殿)☆
リエージュの顔というべき建物で
11世紀にスワーブ・エベック司教の住居として建てられました。
その後16世紀と18世紀にルネサンス様式に改修され
現在は州政府庁舎、裁判所として使用されています。
残念ながら、内部は一般公開されていません・・・
この宮殿前にあるのがサン・ランベール広場☆
沢山のシャレーの他にマーケットに訪れる子供向けに
大きな滑り台が設置されていました♪

f0183171_16584874.jpg
ヴァン・ショー(ホット・ワイン)のシャレー☆
ドイツに近いということもあり
ドイツのマーケットのような雰囲気はあるものの
残念ながらホットワインのカップは紙コップ・・・
紙コップで飲むホットワインは
ちょっと味気なかったりする・・・

f0183171_17594655.jpg
お次はマルシェ広場へ☆
大きな観覧車が目を引きます♪
ベルギーの観覧車は窓がなくて
しかも回るスピードが早いんですよ(苦笑)
この季節は特に寒いし、怖いし
しかも降りるタイミングが難しいので
覚悟の上で乗られたほうが良いかも・・・

f0183171_1802335.jpg
マルシェ広場の前にあるピンクの建物は市庁舎☆
窓からちらりと見えるシャンデリアがとても素敵でした♪
リエージュのマーケットは約200のシャレーが立ち
毎年150万人以上が訪れるそうですよ。
この日もイブの前日とあって沢山の人で
賑わっていました。

f0183171_1805287.jpg
聖ポール大聖堂へ戻ってきました。
こちらの前にもマーケットがあります。
ここには小さなスケートリンクが設置されていて
食べ物やスタンディング・バーのシャレーが
取り囲んで立っていました。

f0183171_1811686.jpg
せっかくなので大聖堂の中も見学☆
この大聖堂はリエージュで最初で建てられた教会で
971年創建といわれています。
13~16世紀にかけて改築されており
現在見られるのは主として16世紀のもの。
写真は大きな十字架が印象的な主祭壇です。

f0183171_1813788.jpg
主祭壇の左手に
キリストが誕生したと言われる馬小屋が作られていました。
これはキリストが誕生した時の様子を再現しているもので
クリスマスマーケットの会場や町の庁舎などに
この時期に設置されるものです。

f0183171_182264.jpg
主祭壇の反対側にあるパイプオルガン☆
カトリックの教会は華やかで装飾が美しいですね。
ここ最近、プロテスタントの教会を見ることが多かったので
改めてその壮麗さを実感しました。

f0183171_1822969.jpg
この日のランチは大聖堂近くの中華に・・・
restaurant le shanghai
マーケットに行く前に飛び込みで入ったお店だったけど
エレガントな雰囲気で当たりの予感(笑)

f0183171_1825916.jpg
スープ、前菜、メイン、デザートが出る
Menu le Shanghaiというコースをいただきました☆
前菜に選んだCroquette de soja
日本語で直訳すると“大豆のコロッケ”
どんなのが出てくるのかと思ったら
もやしの具を湯葉で包んで揚げたものでした~
メインは3品出てきて結構なボリューム=3
おなかいっぱい☆

f0183171_16563246.jpg
クリスマスマーケットの場所がよく分からなかったので
レストランの方にどこでやっているか聞いてみようということに。。。
リエージュはフランス語圏なので
私がたどたどしいフランス語で質問(苦笑)
私達の席を担当してくれたマダムがとても親切で
下手くそなフランス語を一生懸命聞いてくれて
そして丁寧に説明してくれました。
日本から来たの? リエージュは初めて?と聞かれたので
日本人だけど今はブリュッセルに住んでて
リエージュは初めてです。。。と答えたら
持っているガイドブックの地図では分かりづらいからと
リエージュの地図をくれました。
その地図が役立ってホント、マダムには感謝☆
この他にもマダムとお話したのですが
この日ほどフランス語を勉強しててよかったと思ったことは
今までなかったかも・・・
やっぱりコミュニケーションがとれるとうれしいですね♪
帰るときにマダムが
またリエージュに来てね! 来たらまたお店に寄ってね!
・・・と接客の合間に挨拶に来てくれたのもうれしかった~
絶対、またリエージュに行きたい!
[PR]
by fleurclasse | 2013-12-26 08:16 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

Joyeux Noël ☆

f0183171_75763.jpg

Joyeux Noël !
クリスマス、いかがお過ごしですか?
我が家はアドベントリースの4本目に灯をともして
少しだけクリスマスらしい雰囲気で過ごしてます♪
クリスマスディナーをしにオシャレして出掛けるのも
悪くないなぁと思いつつ
結局・・・今年は自宅でラクレットを☆
七面鳥のローストも
オマールのビスクも
フォアグラのソテーも登場しないお手軽ディナーです(笑)

f0183171_752768.jpg

ラクレットは溶かしたチーズをポテトなどに絡めて食べる
スイスやフランス・サヴォア地方の郷土料理☆
アルプスの少女ハイジでおじいさんがハイジに
作ってあげていたお料理といったら分かりますか?
ラクレットグリルと
ラクレットチーズに野菜、生ハム、ピクルスを準備したら
あとは焼くだけ♪
あ~なんて簡単なの❤
クリスマスに鉄板焼かよ~!という声が聞こえてきても無視・無視(笑)
鉄板焼じゃないもん
オシャレなラクレットだもん
決してチーズの鉄板焼ではないのだっ!

f0183171_881625.jpg
クリスマスの風物詩☆
グランプラスでは光のショーをやっていてとってもキレイ♪
1時間の2回・15分間、音楽に合わせて
ライトアップのカラーが変化していきます。

f0183171_874438.jpg

写真をたくさんのせても・・・と思い
今回ちょっと加工してみました♪
加工したら画像があんまりキレイではなくなってしまって
色の移り変わりの美しさがお伝えできないのが
ちょっと残念・・・
雰囲気だけでも楽しんでいただけたらうれしいです❤

f0183171_864162.gif

[PR]
by fleurclasse | 2013-12-25 08:56 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

クリスマスマーケット ☆アーヘン☆

f0183171_7484711.jpg
ベルギー・オランダの国境にほど近い
ドイツ最西端の街“アーヘン”
温泉地とも知られるこの街は
紀元前3世紀には既にローマ人が
温泉を利用していたとか・・・
アーヘンという街の名前もラテン語の水を意味する
言葉からきているそうです。

f0183171_7571737.jpg
アーヘンのクリスマスマーケットは
ブリュッセルから車で2時間弱で来れるので
こちらの駐在の方からとても人気があります。
マーケットに向かう通りもクリスマス一色で
とても賑やか☆

f0183171_7482841.jpg
アーヘンもクリスマスグッズや街の名物を扱うシャレーがズラリ☆
規模もなかなかなもので結構見応えがあります。
マーケットは大聖堂の周りと市庁舎の周りの2ケ所で
開かれていますが
大聖堂と市庁舎の場所が近いので
ぷらぷら歩きながら2か所を見ることができます。

f0183171_7564687.jpg
アーヘンといえばアーヘン大聖堂は外せない!
ユネスコの世界遺産で
とても素敵なところですなんです。
マーケットのついでに
是非立ち寄って見てくださいね☆
(詳しい大聖堂のレポは次回に♪)

f0183171_758775.jpg
こちらは市庁舎側のマーケット☆
ゴシック建築の市庁舎はカール大帝の居城として
14世紀に建てられました

f0183171_82443.jpg
市庁舎は2€支払うと
中を見学することができます。
こちらはホワイトホールと呼ばれる部屋☆

f0183171_814043.jpg
イタリアの真っ白な漆喰の壁で囲まれたこのお部屋は
とてもエレガントで素敵♪
こんなお部屋で暮らしてみたいものです(笑)
この他にも色んな素敵な部屋が見学できますよ☆

f0183171_804257.jpg
この日もシャレーで調達したアーヘン名物でお外ランチ☆
ホットドックとFlammkuchen(フラムクーヘン)☆
フラムクーヘンはピザよりも薄い生地に
サワークリームを塗ってベーコンやタマネギなどを
トッピングして焼いたもので
ドイツ西部やフランス東部で食べられる郷土料理です。
(フランスではタルトフランベと呼ばれています)
パリパリしてて、とてもおいしい~~
・・・のですが、ドイツ語がわからなくて適当に指さして頼んだら
酢漬けの青唐辛子がいっぱいのっているもので
辛いのが苦手な私は大苦戦!(笑)
次は定番のベーコン&タマネギを食べたいなぁ~

f0183171_801137.jpg
こちらはアーヘナープリンテンという
アーヘン名物のお菓子のお店☆
特に1858年創業の老舗“Nobis”(ノービス)が有名♪
アーヘナープリンテンはスパイスの効いたクッキーの
ようなお菓子で、チョコやナッツでコーティングしたものなど
種類も沢山あります。
味はニュルンベルクのレープクーヘンに似てるかな~
ここのもパッケージがかわいいので
お土産におススメです☆

f0183171_1641550.jpg
話は変わり・・・
今月もone over fさんのブログに
記事を書かせていただきました。
今回はここアーヘンで撮った写真を中心に
クリスマスマーケットについてご案内してます☆
よろしかったら、そちらものぞいてみてくださいね♪
one over fさんのブログはコチラ → 

ここ数年、ホワイトクリスマスだったいうブリュッセル☆
なのにイヴの今日は朝から嵐~~
こちらには台風はないのですが
台風が上陸したような強い風と雨に見舞われています・・・
お昼には回復したらいいのだけど・・・
日本の皆様も素敵なイヴの夜をお過ごしください❤
[PR]
by fleurclasse | 2013-12-24 17:46 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

クリスマスマーケット ☆ローテンブルク№2☆

f0183171_14445128.jpg
ローテンブルクの続きです♪
名所のご紹介のあとはショップやおいしいものを~~
おもちゃ箱のような街並みは
どこを切り取っても絵になります♪

f0183171_14451431.jpg
とあるお店のドアノブ☆
ドイツパンの代表選手・プレッチェルの形をしていたの~♪
かわいい❤

f0183171_14461369.jpg
ローテンブルクときたらここは外せないでしょう!
Käthe Wohlfahrt(ケーテ・ウォルファルト)☆
1年中、クリスマスグッズを売っているお店です♪
ここローテンブルク店には日本人スタッフがいるのでお買いものも安心☆
でもこの日はクリスマスマーケットと重なり、店の外には長蛇の列~~
ベルギー・ブリュージュにもお店があるので
あきらめて帰りました(泣)

f0183171_14465572.jpg
ローテンブルクのお土産にぴったりな“シュネーバル”☆
日本語に訳すと“雪の玉”
細く切った生地を丸く揚げたお菓子で
基本は粉砂糖を振ったものですがチョコレートやシナモン
ナッツでコーティングしたものなど色々あります。
サクサクとした食感であんまり甘くないカリントウと言った感じかな~
結構大きくて、小ぶりのグレープフルーツくらいあるので
食べごたえもあります(笑)

f0183171_14471881.jpg
街にはたくさんのシュネーパルのお店がありますが
私はBROTHAUSというお店で買ってみました☆
理由はお客さんが沢山入っていたのとパッケージがかわいかったから♪
小ぶりのシュネーバルなのでおやつにもいいなって思って(笑)
ここの店員のおねえさんがかわいくって
お会計の時に、たどたどしい日本語で
『カワイイ ロッコイリ♪ ショウミ キゲン ハ ニカゲツ~』
・・・って説明してくれたんですよ♪
賞味期限をいうなんて、いかにローテンブルクに多くの日本人が来るか
想像つきますね(苦笑)

f0183171_14474280.jpg
くまさんがお好きな方におススメなのがTeddyland
ドイツで最大級のテディベア専門店で
ぬいぐるみだけでなく色んなテディベアに関するグッズが
売っています。
中でも、シュタイフ社とここのお店のコラボのベアがおススメ❤
ここでしか買えないので、来られたときはぜひ♪
ちなみにお値段は38.90€

f0183171_14481712.jpg
ランチもニュルンベルグでディナーを食べた同じメンバーで楽しく♪
マルクト広場にあるフランケン料理のレストランで食べました。
まずはお店の方のおススメの
ランドウェーバーブロイというメーカーのクリスマスビールで乾杯☆
1人500mlのビールがきて驚いていたら、お店の人が笑いながら
それ、一番小さいサイズだよ~だって・・・
まわりを見回したら、私達のより一回りも二回りも
大きいグラスで飲んでいた・・・
ドイツ人は水替わりにビールを飲むとは聞いてたけど
ホントなんですねぇ(笑)
料理はソーセージ、塩豚の煮込み
餃子にはとても見えない(苦笑)洋風餃子
巨大なロールキャベツに写真にはないけど煮込みハンバーグ。
塩豚の煮込みがさっぱりしてておいしかったな♪

ローテンブルクは日本人観光客が多いからか
レストランにも日本語メニューがあるし
お店にも日本人の方がいたり、日本語を話す店員さんがいるので
ドイツ語が分からなくても大丈夫☆
小さな街ですが、とてもかわいらしいので
機会があればぜひ訪れてみてくださいね♪
私も駐在中にもう一度訪れてみたいなぁ❤
[PR]
by fleurclasse | 2013-12-19 23:05 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

クリスマスマーケット ☆ローテンブルク№1☆

f0183171_14454418.jpg
日本からのドイツ旅行といえばロマンチック街道が鉄板ですが
そのロマンティック街道のハイライトのひとつ
ローテンブルクを訪れました☆
町の正式名称はRothenburg ob der Tauber
(ローテンブルク・オプ・デア・タウバー)といいます

f0183171_1821654.jpg
“中世の宝石箱”と称されるローテンブルク☆
中世の面影がそのまま残る街並みは
まさしくメルヘンの世界♪
お店の看板もこんなに素敵なんですよ~
日本人に大人気なのも、うなづける(笑)

f0183171_14364028.jpg
車で来た場合、ローテンブルクの入口となるのが
シュピタール門☆
この門を背に北上していくと
ローテンブルクの中心地にいきます♪

f0183171_14365626.jpg
シュピタールガッセ通りを進むと見えてくるジーバース塔☆
1385年頃に建てられた美しいこの塔は
観光客に人気♪

f0183171_14371750.jpg
Plönlein(プレーンライン)☆
プレーンラインとはラテン語で“小さな場所”という意味で
ジーバース塔とコーボルツェラー門への分かれ道のところをいいます。
写真はコーボルツェラー門でこの左手に
さきほどご紹介したジーバース塔があります
ガイドブックでは必ずと言っていいほど紹介されている
人気の撮影スポットなんですよ~

f0183171_14382129.jpg
かわいらしい木組みの家が立ち並ぶマルクト広場に到着♪
ローテンブルクのクリスマスマーケットは
この広場を中心に展開しています。

f0183171_14384128.jpg
マルクト広場から右手にあるガルゲンガッセ通りを
少し進むと見えてくるのがヴァイサー塔☆
“白い塔”ともよばれるこの塔は12世紀に建てられたもの。

f0183171_14413713.jpg
ゴシック様式の聖ヤコプ教会☆
1311年に建設が始まり、完成は1484年。
もともとはカトリックの教会だったそうですが
今ははプロテスタントの教会となっています。
形が異なる2本の尖塔が特徴☆

f0183171_14421220.jpg

中央にある十二使徒祭壇☆
1466年に完成したもので
祭壇の飾り部分にキリストの12人の使徒が描かれています。

f0183171_14423854.jpg
立派なパイプオルガンはリーガー社製のもの☆
1968年に設置されたこのパイプオルガンは
5500本ものパイプを有しているそう。
この日は日曜日でミサをやっており
外に漏れ聞こえる音色がとても素敵でした♪

f0183171_21162126.jpg

主祭壇の左手にある
聖ルドウィック・テュルーズ祭壇☆

f0183171_144301.jpg
この教会の見所といえば2階にある
1499~1505年に、ローテンブルクの家具職人エアハルト・ハルシュナーと
彫刻家ティルマン・リーメンシュナイダーによって造られました。
“聖血の祭壇”と呼ばれる由縁は
上部にある天使が支える十字架の中心にはめ込まれている
水晶の容器の中にキリストの血が3滴納められていると
信じられていることから。
リーメンシュナイダーによる見事な彫刻は“最後の晩餐”の場面を
描いたもの。
菩提樹の木に彫られているんだそうですよ♪

f0183171_14432535.jpg

マルクト広場の側に建つ市庁舎☆
高さ60mある鐘楼が目をひきます。

f0183171_14434647.jpg
沢山の観光客でにぎわうマルクス塔☆
1200年頃に建てられたそうです。
ローテンブルクで最も美しい塔とも言われています。

f0183171_14441353.jpg
散策していたら2階から子供たちにお菓子をあげている
おばあちゃんに出会いました☆
投げる様子はまるで日本の餅まきみたい(笑)
少し長くなったので
ローテンブルクのお店はおいしいものはこの次に♪
[PR]
by fleurclasse | 2013-12-18 23:46 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

クリスマスマーケット ☆ニュルンベルク №2☆

f0183171_912359.jpg
私達も人混みに突入して、マーケットめぐり♪
ドイツ人はみんな大きくて
小さい日本人は埋もれてしまう~~
マーケットを見て歩くのも一苦労です(苦笑)

f0183171_901664.jpg
ちょっと小腹がすいたので
ニュルンベルク名物のソーセージをサンドした
ヴルストブレートヒェンを食べてみました☆
パンに挟んだだけのシンプルなものですがおいしい♪

クリスマスマーケットには欠かせないグリューワイン(ホットワイン)☆
カップはマーケットごとにデザインが異なるので
コレクションしている人も多いんですよ~
でもニュルンベルクのグリューワインはアルコールがきついんです・・・
カップを集めたい方はカップだけでも購入できるので
そちらをおすすめします♪

f0183171_858269.jpg
マーケットには食べ物屋さんの他にも
クリスマスグッズのお店が沢山あります。
クリスマスオーナメントのお店や・・・

f0183171_859185.jpg

クリスマスのかわいい絵が描かれているクッキー☆
食べちゃうのがもったいない♪

f0183171_8594813.jpg
キラキラ・キレイなクリスマスグッズ☆
電球の熱が下から当たることで、上昇気流がおき
オーナメントがくるくる回ってかわいいの~♪
買おうと思ったのですが、日本に帰ったとき
電圧が違うため使えなくなってしまうのであきらめました・・・

f0183171_923115.jpg
ニュルンベルク名物・レープクーヘンで有名な
“レープクーヘン・シュミット”
レープクーヘンはナッツの粉末とスパイスを使った
クッキーのようなお菓子☆
ここのは缶の種類がたくさんあって
しかもかわいいので、中身より缶目当てでお買いもの(笑)

f0183171_954510.jpg

お夕飯はドイツ料理のお店“ハイリヒ・ガイスト・シュピタール”ヘ☆
ダンナさんがお仕事で何度もニュルンベルクに滞在したことがあり
ここはおいしいから~と連れて行ってくれました。
川の中州にまたがるように建つ旧・救済院の中にある
大きなレストランです。

f0183171_96722.jpg
ご飯は今回のツアーに一緒に行った
私と仲良くしてもらっているYちゃんご夫妻と
以前、クロアチアのツアーで一緒だったO君が
今回も1人で参加していたのでお誘いして5人で賑やかに♪
17時半くらいに行ったのに、何とかギリギリ座れてホッ=3

f0183171_963243.jpg
ニュルンベルクの地ビール“Tocher”(トゥーハー)を飲みながら
名物・ニュルンベルクソーセージ
シュニッチェル(ウィーン風カツレツ)
牛すね肉の煮込み
写真を撮り忘れちゃったんですが
40㎝くらいある鱒のムニエルも食べました☆
ドイツ料理はボリュームがあるので
5人で行って大正解でした♪

f0183171_971050.jpg
ご飯のあとは土地勘のあるダンナさんにアテンドしてもらいながら
5人でぷらぷら散策☆
職人広場のほうへ向かっていくとケーニス門が見えました♪

f0183171_982647.jpg

ケーニス門の左手には
ル・メリディアン・グランド・ホテル☆
ニュルンベルクで1番といわれている高級ホテルだそう~
イルミネーションで装飾されていてキレイ♪

f0183171_97404.jpg

門を出るとニュルンベルク中央駅の前に出ました☆
なかなか立派な駅舎ですねぇ。
ブリュッセルの中央駅とは大違い・・・

f0183171_984474.jpg

私達のホテルの側に建つオペラハウス☆
20世紀初めにユーゲントシュティール様式で建てられたのですが
1935年、ナチスによって大幅に改築。
この改築後のこけら落とし公演にはあのヒトラーが出席し
ワーグナーの“ニュルンベルクのマイスタージンガー”
が演奏されたそうです。
オペラハウスの前にはワーグナーの胸像もありますよ。
さぁ、明日はいよいよローテンブルクへ☆
日本人にとっても人気がある街なので楽しみです♪
[PR]
by fleurclasse | 2013-12-16 23:12 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

クリスマスマーケット ☆ニュルンベルク №1☆

f0183171_856175.jpg
ミルテンベルクを出て2時間半。
ニュルンベルクに到着☆
今日泊まる、Sheraton Carlton Hotel Nürnberg
を拠点に夜のクリスマスマーケットを楽しみます。
写真はホテルロビーに飾ってあったツリー☆
日本と違い、ヨーロッパでは
生モミの木を使っていることが多いです。
やはり、こちらのほうがモミの香りが
ふんわり香っていいですよ~

f0183171_8562983.jpg
添乗員さんに案内してもらって
いざクリスマスマーケットへ!
途中、“受胎告知”のレリーフで有名な
聖ローレンツ教会の横を通りました。
このあたりからポツポツ、お店が出始めています。

f0183171_8564774.jpg
世界一有名なクリスマスマーケットの街として知られるニュルンベルクは
ミュンヘンの北、約150㎞に位置する人口約50万人の都市です。
旧市街にあたる中心部は
全長約5㎞の城壁に囲まれているという
おもしろい形状の街です。
さぁ、マーケットの入口にやってきましたよ~

f0183171_8571399.jpg
マーケット会場になる中央広場☆
広場の東側にはからくり時計で有名な
フラウエン教会があります。
教会の前に設置されたツリーのイルミネーションがキレイ♪
(からくり時計は正午の鐘の時に動くそう・・見れなくて残念・・)

f0183171_905433.jpg
教会の中はプロテスタントなこともあって
スッキリあっさり系~
天井から吊り下げられた大きなアドベントリースが
目をひきます。

f0183171_931158.jpg
2ユーロ支払うと教会の2階に上がることが出来て
バルコニーから景色を眺めることができるんですよ~
この日は時間制だったので
特にマーケットの時に行かれる時は
開放時間をチェックしたほうがよいかも・・

f0183171_933823.jpg
2階から見下ろす教会の中☆
クリスマスの2週間前なので
アドベントリースのキャンドルが2つ灯されていました☆
来週は3つ、クリスマスには4つ灯されます☆

f0183171_7322887.jpg
クリストキントの衣装の展示コーナー☆
クリストキントとはこのマーケットのシンボルで
2年に1度、ニュルンベルク生まれまたは育ちの
16歳から19歳の女の子の中から1人選ばれ
この衣装を纏いオープニングの宣言など
期間中に100程ある公務をこなすそうです。
日本でいうとミス・ニュルンベルクっていったところかな(笑)

f0183171_941346.jpg

バルコニーからの眺めは壮観☆
沢山のシャレーが立ち並び
多くの人でごった返していますね~

f0183171_91492.jpg
中央広場にあるシェーナー・ブルンネン(美しの泉)☆
ライトアップされていてとってもキレイ♪
シェーナー・ブルンネンを保護するためにある
鉄格子は1587年にパウルス・クーンによって作られたもの。

f0183171_9553.jpg

この鉄格子にある“金の指輪”と 呼ばれる
継ぎ目のない真鍮製のリング☆
このリングを願い事を唱えながら3回まわして
その願い事を他人に話さなければ
願いが叶うといわれています。
早速、私もくるくる回して願い事♪
家に帰って調べたら、重大な事実がっ!
私がくるくる回していたのリングは観光用で
本物とされているものは反対側にあるんだって~~!
ショック~~(泣)
マーケットの様子やおいしいもののお話は次回に♪
[PR]
by fleurclasse | 2013-12-15 22:45 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

クリスマスマーケット ☆ミルテンベルク☆

f0183171_14384267.jpg
ドイツへクリスマスマ―ケット巡りの旅にいってきました☆
クリスマスマーケットとは、ドイツやオーストリアの街の広場で
アドベントのときに開かれるイベントのこと。
ドイツ圏においては、ほぼ全ての都市、小さな町でも開かれます。
ここ最近になって、フランスや私が住むベルギーでも
行われるようになりました。
ちなみにアドベントとは“聖アンデレの日”である11月30日に
最も近い日曜日からクリスマスイブまでの約4週間のことを指します。
さぁ、旅はミルテンベルクからスタートです☆

f0183171_14403494.jpg
ブリュッセルから車で約6時間・・・
ドイツ南部にあるミルテンベルクは
地球の歩き方に半ページしかさかれていませんが
“マイン川の真珠”と讃えられるほど美しい町です。
かつては交易で栄えた裕福な街だったそう~

f0183171_14391270.jpg
ミルテンブルクのメイン通りのハウプト通り☆
マルクト広場から市庁舎まで続く約800mほどのこの通りには
両脇にカラフルな木組みの家が立ち並び
ウィンドーショッピングも楽しい♪

f0183171_14401466.jpg
ハウプト通りを進むとドイツで
一番美しいとされるマルクト広場にたどり着きます。
聖ヤコブ教会があるこのこじんまりとした小さな広場で
ミルテンベルクのクリスマスマーケットが
開かれています。

f0183171_14393256.jpg
マルクト広場の前にある
Weinhaus(ワインハウス)☆
真っ赤な木組みと独特な形の出窓が目を引きます。
現在はホテル&レストランとして営業中。
伝統的な木製シャレー(小屋)は
クリスマスマーケットに付き物のホットワインのお店☆
ドイツではホットワインのことをグリューワインといいます。
お酒が苦手な人にはホットアップルワインがおススメ♪
こちらは温かいシナモンの効いたリンゴジュースといった感じ

f0183171_14395612.jpg
ミルテンベルク名物・ハムとチーズのクレープと
ホットアップルワインでお外ランチ(笑)
見た目以上にクレープが
ボリュームがあってビックリ☆
これだけで男の人もお腹いっぱいになるほど~

f0183171_14411379.jpg
マルクト広場とは反対方向に
ハウプト通りを進むとエンゲル広場にでます。
写真はエンゲル広場から見える
聖ヨハニス教会☆

f0183171_14413973.jpg
エンゲル広場でも、とても小さいですが
マーケットをやっていて子供たちがメリーゴーランドに
乗ったりして楽しんでいました♪

f0183171_1442650.jpg

マイン川のほうに目を向けると
マインツ門がみえました☆

f0183171_17264745.jpg
ハウプト通りのちょうど真ん中くらいにある
Gasthaus zum Riesen
日本語に訳すると“巨人亭”
ドイツに現存する最も古いホテルです。
創業は12世紀で今の建物は
1590年に建て替えられたもの。

f0183171_14435381.jpg
今もホテルとして営業していますが
レストランのみ利用することも可能です。
コーヒーだけでも、もちろんOK!
中のインテリアもアドベントリースが飾られていたり
クリスマス一色でした☆

f0183171_14422680.jpg
さすがビールで有名なドイツなだけあって
お昼から皆さん、お水のようにビールを飲んでました~
写真はミルテンベルクの地ビール
“Faust”(ファウスト)
来られたときはぜひ❤

f0183171_1443017.jpg
山の中腹にあるミルテンベルク城☆
滞在できる時間が少なくて
お城もですが、教会など建物の中を
ほとんど見ることが出来なくてとっても残念・・・
後ろ髪をひかれつつ、次の目的地
ニュルンベルグに向かいます☆
[PR]
by fleurclasse | 2013-12-11 23:36 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

送別会ディナー☆

f0183171_2114367.jpg

今月で日本に帰国してしまうRちゃんの送別会☆
星付きディナーの会らしく最後も☆付きレストランへ~
Rちゃんのリクエストで1つ星のRestaurant San Daniele
行ってきました❤

f0183171_2122083.jpg

今回は Italian Speciality Menuをお願いしました。
まずは
Tartare de thon et foie gras, citron confit, sorbet de céleri vert
フォアグラが入ったマグロのタルタル☆
フォアグラの濃厚さがマグロととってもマッチしてました
セロリのソルベも爽やかでおいしかった♪

f0183171_2124533.jpg

私達の席の横に置かれたワゴンには
黒いダイヤならぬトリュフがゴロゴロと・・・
今は冬トリュフのシーズンなんですねぇ~
今日もトリュフ祭りの予感(笑)

f0183171_2134823.jpg

前菜は
Carpaccio de bœuf chianina, croquant de ricotta et truffes noires
牛肉のカルパッチョ リコッタチーズ入りのクロカンに黒トリュフ☆
予感はあたり、たっぷりのトリュフスライス♪
パリパリに焼き上げられたクロカンと呼ばれるクッキーの中には
とろりとしたリコッタチーズ~
これと一緒にカルパッチョを食べるとGood☆

f0183171_2165083.jpg

パスタは
Ravioli aux cèpes, jus de veau et truffes noires
セップ茸入りのラビオリ 仔牛のソース 黒トリュフ☆
こちらにもトリュフ❤
パスタもこれくらいの量だと日本人のお腹にも
問題ないですね~

f0183171_2172262.jpg

メインのお魚料理は
Noix de St-Jacques poêlées, haricots blancs du Piémont,
tomates confites, truffes noires de Norcia
ホタテのポワレ ピエモント産白インゲン トマトのコンフィ ノルチャ産黒トリュフ
トリュフ続きますね~(笑)
ノルチャというのはイタリアのペルージャにある町の名前で
トリュフでとっても有名なところなんだって~
ふんわり香るトリュフと一緒に食べるホタテのお味は
言わずもがなです(笑)

f0183171_2182267.jpg

メインのお肉料理は
Filet de chevreuil façon Rossini, mousse d'échalote,
salsifis truffés
ノロ鹿のロッシーニ風 エシャロットのムース 西洋ゴボウのトリュフ和え
トリュフのシーズンでもありますけど
今はジビエのおいしい時期でもありますからね~
メインはノロ鹿でした☆
臭みもなくおいしかったですよ♪
みんなで、何かな?って言いながら食べてたのは
西洋ゴボウでした。
ゴボウの風味は全くなく、ホワイトアスパラによく似ていて美味❤

f0183171_2183829.jpg

Granité au citron et limoncello de Sorrento
ソレント産リモンチェッロのグラニテ☆
ギャルソンの方が
僕の故郷、ソレントのリモンチェッロで作ってあるんだよ~っと
持ってきてくれました~
とてもさっぱりしててお口直しにぴったり♪

f0183171_2185685.jpg

デザート
Panna Cotta aux fèves de Tonka, espuma de fruits de la passion, glace au caramel, sabayon à l'amaretto
トンカ豆のパンナコッタ パッションフルーツの泡 キャラメルのアイスクリーム 
アマレット風味のサバイヨンソース
一見、パンナコッタに見えませんね(笑)
でも中は複雑な構造になっているんですよ。
ガツンとアマレットが効いてておいしかった♪

f0183171_2191433.jpg

コーヒーの時にも沢山お菓子が出てきて幸せ❤
おなかいっぱ~いとか言いながら
全種類食べちゃった(笑)
個人的にはホウズキのお菓子がなんか不思議な味で
おいしかったな~



Restaurant San Daniele
住所:Avenue Charles-Quintlaan 6 1083 Bruxelles
電話: 02 426 79 23
営業日:火曜日~土曜日
お休み:日曜日・月曜日

[PR]
by fleurclasse | 2013-12-10 23:56 | ベルギーでの生活 | Comments(0)

忘年会ランチ☆

f0183171_4425479.jpg

年末に日本に一時帰国予定のTさんと
ちょっと早めの忘年会(笑)
狙っていたお店の予約が取れなかったので
新規開拓をすることに♪
・・・で、見つけたのが Le buone mariere
地中海料理のレストランです。
今回はprimo, secondo, dolceの3皿が出る
Lunch 3 Portate をお願いしました☆
シェフのおまかせなので何が出てくるか楽しみ♪

f0183171_4431980.jpg

primo(第1の皿)☆
なんかおもしろいお料理が出てきましたよ~~
タコのハム風とでもいったらいいのかしら?
タコをゼラチンか何かでギュっとハムのようにまとめて
すご~く薄くスライスしてあるんです。
日本を離れてから、トンとご無沙汰だったタコ☆
久しぶりに食べたけどおいしかったな~❤

f0183171_4435760.jpg

secondo(第2の皿)☆
まずはとってもシンプルなリングイネが登場♪
まだだよ~ ちょっと待ってて!・・というので
ワクワクしてたら黒トリュフを手にしたおにいさんが!!
目の前で手際よくトリュフをかけてくれてるところをパチリ☆
写真を撮らせてもらったからか
ちょっと多めにトリュフをスライスしてくれた(笑)
ソースはなあに?って聞いたら
フォアグラだよ~ とってもスペシャルなソースだから
楽しんでね♪ ・・って聞いてビックリ!
かなり濃厚かと思いきや、以外とあっさりとしてて
トリュフの香りを楽しみながらペロリといただいちゃいました♪

f0183171_4442983.jpg

dolceはパンナコッタ☆
バニラビーンズがたっぷり入った濃厚なパンナコッタと
爽やかなベリーの酸味がよく合います♪

初めてで、しかも予約なしだったので
どんな感じか心配だったけど、お店の方がとっても
フレンドリーで感じがいいし、お料理も美しくておいしかった♪
お気に入りのお店がまた増えました❤


Le buone mariere
住所:Avenue de tervueren 59 1040 Bruxelles
電話: 02 762 61 05
営業日:月曜日~金曜日・土曜日の夜 12:00~14:30,19:00~22:30
お休み:土曜日の昼・日曜日

[PR]
by fleurclasse | 2013-12-06 23:14 | ブリュッセルごはん | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧