<   2014年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

L'Atelier de La Truffe Noire ☆ 

f0183171_820187.jpg
Mさんにお誘いしていただいて
L'Atelier de La Truffe Noireにいってきました☆
1つ星を獲得しているLa Truffe Noireの姉妹店です。
この日はMさんとMさんのお友達のYさん
私のお友達のTちゃんと4人でにぎやかに♪
まずはシャンパーニュで乾杯~❤
ランチタイムにはコースメニューはやっていないとのことで
各々一皿づつメニューからセレクト☆
お店の名前にあるようにどのお料理にも
トリュフスライスが惜しげもなくのっていて
すごくいい香り~~
1年分のトリュフを食べた気分~~(笑)

f0183171_8202348.jpg
Fettuccine, homard, champignons, basilic et truffe noire
Tちゃんが選んだオマールエビのフィットチーネ☆
オマールにトリュフが入って贅沢ですね~

f0183171_8211122.jpg
Mille-feuille de pommes de terre à la crème de truffes
Yさんのジャガイモの重ね焼き・クリームトリュフソース☆
写真を撮らせてもらったときは気付かなかったけど
何気にキャビアものっていたんですね!
何てゴージャスなポテト料理なんでしょ☆

f0183171_8214054.jpg
Salade tiède de homard et truffe noire
Mさんはオマール海老とトリュフのサラダ仕立て☆
ぷりぷりのオマールがおいしそうです❤

f0183171_8224090.jpg
Filet de bœuf façon “Tagliata”, jus corsé à la truffe noire
私は牛肉のタリアータ・黒トリュフの効いたソース☆
炭火でカリッと焼かれたお肉がジューシーでおいしかったです。
トリュフがこんなにのってくるとは思ってなかったのでビックリ!
ランチのコースメニューがないのが残念ですが
トリュフが食べたいときはおススメ♪
・・・ですが、トリュフがこれだけのってくるので
お値段もちょっと全体的にお高めです。
機会があったら是非、La Truffe Noireにも行ってみたいな~

L'Atelier de La Truffe Noire のあとは
場所を移動して、お茶をしながらおしゃべり☆
色んなお話をいっぱい聞けて、楽しかったです。
Mさん、Yさん、また一緒においしいものを食べにいきましょうね♪


L'Atelier de La Truffe Noire
住所: Avenue Louise 300 B-1050 Bruxelles
電話:+32 2 640 54 55
営業日:月曜日~土曜日 9:30~22:00
定休日:日曜日・月曜日の夜


[PR]
by fleurclasse | 2014-07-30 23:04 | ブリュッセルごはん | Comments(0)

Dolce Amaro☆ 

f0183171_74843.jpg
少し汗ばむくらい暑かった日。
ご近所のCさんと一緒に資材屋さんめぐり☆
画材屋さんの近くにあるイタリアンがなかなか良さそうなので
そこでランチをすることにしました。

f0183171_743490.jpg
お天気がよかったのでテラス席で☆
他のお客さんもみ~んなテラス席です。
日本とは違って湿気がないので
パラソルの下だと風が心地よくて
ホント、気持ちいいんですよ~

f0183171_745643.jpg
アペリティフはイタリアのプロセッコ☆
しゅわしゅわ大好き♪
隣の人が頼んでいたカンパリ・オレンジもおいしそうだったな~~

f0183171_751673.jpg
Plat du jourにしました。
フランス語だと何だか響きがカッコいいけど
日本語にすると“本日のランチ”って感じかな(笑)
イタリア人のおにいさんがメニューを説明してくれたけど
早口&イタリア語なまりの巻き舌フランス語で
ほとんど聞き取れなかった・・・
前菜は生ハム☆
シンプルにバルサミコとオリーブオイルがかけてあるだけだけど
あまり塩辛くなくておいしかったです。

f0183171_753640.jpg
パスタはOrecchiette(オレッキエッテ)☆
耳のような形のハンドメイドのオレキエッテは
カニをバッチリ効かせたチェリートマトのソースがよく絡んで
おいしかった♪
ここのPlat du jourは前菜とメインの2品で17.5€。
けっこうお値打ちかも(ベルギーではね)
お店の雰囲気もいいし
店員さんも親切なのでおススメです☆
オレッキエッテもちゃんとアルデンテでしたよ♪
(ベルギーのパスタは茹ですぎのところが多いのです・・・)



Dolce Amaro
住所:Chausée de Charleroi 115 1060 BXL
電話:02 538 1700
営業日:月曜日~金曜日 12:00~14:30、19:00~22:00 ・ 土曜日 19:00~22:00  
定休日:日曜日


[PR]
by fleurclasse | 2014-07-30 22:51 | ブリュッセルごはん | Comments(0)

Chinque Terreごはん☆ 

f0183171_5173846.jpg
チンクエ・テッレでのランチは
最初に訪れたヴェルナッツァで☆

f0183171_7452496.jpg
マルコーニ広場にある“Gambero Rosso
イタリア語で赤い海老という名前のレストラン。
地元のガイドブックに紹介されるほど人気店らしい。

f0183171_7454635.jpg
チンクエ・テッレは平地がない痩せた土地で
唯一栽培に成功したのが葡萄でした。
今では白ワインがここを代表する名産品となり
特にSciacchetra(シャッケートラ)という
甘口のワインが有名です☆
小麦色で香りはハチミツのように甘く
デザートワインとして楽しむそうですよ♪
・・・と書きつつも、この時ビールを飲んでしまった私(苦笑)
このあと船に乗る予定があったので
船酔いの原因になるかも・・とアルコール度数が高いワインを
敬遠してしまいました。
今から思えば飲んどきゃよかったな~とちょっと後悔(笑)
Birra・Morettiは軽いのど越しのビールで
日本のビールによく似ていました。
これはこれでおいしかったですよ~

f0183171_7461097.jpg
Trofie al pesto ligure ☆
Trofie(トロフィエ)というリグリア地方の手打ちショートパスタを
ジェノベーゼソースで和えたもの。
トロフィエという名前はイタリア語で木屑を意味する
TRUCIOLOからきていると言われています。
もちもちした食感が特徴で、バジルをたっぷり使ったジェノベーゼや
お肉のラグーソースと合わせるのが定番だそうです。
見た目はちょっと何かを想像させる形ですが
とってもおいしかったですよ♪

f0183171_7463524.jpg
Fritto misto, paranza, calamari, crostacei ☆
魚介類のミックスフライ。
衣はビールを使っているのでとても軽くておいしい♪
魚介以外にも緑と黄色のズッキーニのフライも
入っていて、こちらも美味でした。

f0183171_7465448.jpg
Sorbetto al limone ☆
レモンのソルベ。
ソルベというよりシェークのような感じですが・・・
味はさっぱりしていて、〆にはよかったです♪

f0183171_5181281.jpg
最後に訪れたリオマッジョーレでトロフィエを見つけました☆
イタリアではリグリア州でしか買えませんよ~っという
ガイドさんの言葉についついのって、購入(笑)
ついでにCroxetti(クロゼッティ)も買っちゃいました♪
コインのような形のこのパスタもリグリア地方独特のもの。
そして1枚1枚、模様が入っているんですよ~
こちらもトロフィエ同様、ジェノベーゼやラグーソースと
あわせることが多いとのこと。
どんなパスタかお家で食べてみるのが楽しみ☆



Ristorante Il Gambero Rosso
住所:Piazza Marconi, 7 - Vernazza, Cinqueterre
電話:+39 0187 812265
営業日:火曜日~日曜日 12:00~15:00、19:30~22:00
定休日:月曜日


[PR]
by fleurclasse | 2014-07-29 23:52 | イタリア | Comments(0)

Cinque Terre☆~Riomaggiore~

f0183171_655528.jpg
『船酔いする間もなく着いちゃいますよ~(笑)』
・・・とガイドさんの言うとおり
あっという間にRiomaggiore(リオマッジョーレ)の村が
見えてきました☆

f0183171_6561642.jpg
大きく揺れながら進む船に・・
そしてデカいヨーロッパの人たちに負けじと
背伸びして両手を高くあげて
とにかくパシャパシャ撮りまくる(笑)

f0183171_6565650.jpg
マナローラでは“らしい”写真が撮れず残念だったけど
ここリオマッジョーレでチンクエ・テッレらしい
写真が撮れて自己満足♪♪
V字型に斜面に沿って建つ家々がとてもキレイです。

f0183171_6572255.jpg
港に降りるとすぐ切り立った崖が
前に立ちはだかります。
始まりは要塞都市だったというけれど
要塞にぴったりな地形だと改めて実感☆

f0183171_6581696.jpg
リオマッジョーレは5つの村の中で
1番東に位置し、1番住人が多い村です。
現在は1700人ほどの人が生活をしていますが
20世紀の初めには今の倍の人数がいたそうです。
日本もそうですが、田舎の過疎化は
世界共通なんですね・・・

f0183171_6583952.jpg
住人は1番多いリオマッジョーレですが
最初に訪れたヴェルナッツァのほうが
お店の数も多いですし活気もあります。

f0183171_6574194.jpg
チンクエ・テッレ観光の目玉・“Via dell'Amore”(愛の小道)☆
リオマッジョーレから隣のマナローラを結ぶ遊歩道のことで
海岸に沿っているので眺めも素晴らしく
人気の観光スポットなんですが
今は残念ながら、2011年10月25日に起きた水害の影響で
散策することができませんでした。
復旧もいつになるのかわからないとのこと。
ということもあって今回は船でリオマッジョーレに入りました。

f0183171_763066.jpg
リオマッジョーレでの自由時間も15分ほど・・
パパっとお店を覗いて
ちゃちゃっと目当てのものを買って駅に向かいます。
村と駅を結ぶトンネルの手前に
ハープを弾いてるおにいさんがいたので思わずパチリ☆
このあたりの民族衣装なのかな?

f0183171_659252.jpg
帰りはリオマッジョーレの駅から電車で
ラ・スペッツィアに行き、そこからバスでフィレンチェに戻ります。
快晴ではなかったけど、雨に降られることなく
この世界遺産の村々を散策できてよかった♪
フィレンチェにはまた行く機会もあるかもしれないけど
チンクエ・テッレを訪れるのはこれが最後だと思うので・・・
とてもいい思い出になりました☆
[PR]
by fleurclasse | 2014-07-28 23:58 | イタリア | Comments(0)

Cinque Terre☆~Manarola~

f0183171_5213713.jpg
ヴェルナッツァから電車に乗って2つ目の駅で下車。
Manarola(マナローラ)にやってきました☆
ちなみに1つ前の駅はコルニリア。
コルニリアはチンクエ・テッレの村の中でも小さく
マナローラはその次に小さい村になります。
駅から続く長いトンネルを抜けると港町らしい風景が広がりました。

f0183171_5281437.jpg
メイン通りにはお土産店やレストランが立ち並び
観光客で賑わっています。

f0183171_5275282.jpg
周りが崖で囲まれているマナローラ☆
まるで段々畑のように家が建てられています。
ピンクやイエローといったかわいらしい色を使っているけど
作りは日本の昭和の団地を思わせるような感じ(笑)

f0183171_528422.jpg
家々に続く小路も狭く急な階段が続いています。
これほどの階段を上り下りしていたら
随分と足腰が鍛えられそうですね。

f0183171_5291012.jpg
マナローラはチンクエ・テッレの中で
最もチンクエ・テッレらしい写真が撮れるところと
言われているのですが、この日はその写真が撮れず・・・
村の西側から見た景色がベストポイントなのですが
滞在時間が短すぎてそこまで行くことができませんでした。
ツアーはラクチンだけど、こういったところが玉に瑕なんですよね(苦笑)
ベストな写真を撮るには
崖の歩道に沿って西のほうに歩いていくか
もしくはヴェルナッツァから船でマナローラに入るルートを選択して
洋上で撮影すると良いようですよ。

f0183171_5331392.jpg
崖を降りていくとただの岩場のような港にたどり着きます。
今度はここから船でお隣のリオマッジョーレに向かいます。
マナローラの滞在時間が短かったのは
この船の出発時間があったからなんです~~

f0183171_5342432.jpg
こりゃ船酔いするな・・・と確信するほど
着岸しているにもかかわらず激しく揺れている船に
立つスペースを確保するにも大変なほどの
沢山の人をのせて出発~
どうか転覆しませんように!と思わず祈っちゃいました(笑)
(写真はリオマッジョーレの港で撮ったものです)
ここマナローラではクリスマスシーズンになると
“Il presepe di Manarola”(光のプレセピオ)と呼ばれる
イルミネーションが行われます。
プレセピオというのはキリストの誕生の様子を再現したジオラマ
のことで、教会の中に配置されることが多いのですが
マナローラのものは、丘を背景にしイルミネーションを使って
プレセピオを飾り、それはとてもキレイなんだそうですよ~
バカンスシーズンもいいですが
これを目当てに寒い時期にチンクエ・テッレを訪れるのもいいですね☆
[PR]
by fleurclasse | 2014-07-27 23:52 | イタリア | Comments(0)

Cinque Terre☆~VERNAZZA~

f0183171_23251528.jpg
フィレンチェからジェノヴァ方面に足を延ばして
Cinque Terre(チンクエ・テッレ)にも行ってきました☆
­ポルトヴェーネレ、チンクエ・テッレと小島群(パルマリア島、ティーノ島、ティネット島)
という名称で世界遺産に登録されています。
チンクエ・テッレとはイタリア語で“5つの土地”という意味で
元々は要塞として築かれたところです。
西から(ジェノヴァに近い方から)
モンテロッソ・アル・マーレ(Monterosso al Mare)
ヴェルナッツァ(Vernazza)
コルニリア(Corniglia)
マナローラ(Manarola)
リオマッジョーレ(Riomaggiore)
というリグリア海に面した小さな5つの漁村の総称を
チンクエ・テッレといいます。
今回はヴェルナッツァ、マナローラ、リオマッジョーレの
3つの村を訪れました☆

f0183171_5431956.jpg
チンクエ・テッレの旅の起点・ラ・スペッツィア☆
電車でまずはヴェルナッツァを目指します。
昔はチンクエ・テッレに行くには船か
険しい山をひたすら歩くしか手段がなく
鉄道が敷設されたのは19世紀末。
また道路が整備されたのは近年になってから。
とはいうものの車での移動は非常に不便で
(ガイドさん曰く、皆、激しい車酔いになってしまうそう・・・)
現在も船と電車での移動が主流なんだそうです。

f0183171_54429.jpg
イタリア有数の観光地なだけに
この日の電車もさながら日本の通勤電車並みの混雑~
リグリア海がキラキラ輝いてとてもキレイ☆

f0183171_5444551.jpg
ヴェルナッツァ(Vernazza)に到着☆
チンクエ・テッレの西から2番目の町で
5つの村の中で最も人気があると言われています。

f0183171_547136.jpg
駅からすぐ賑やかな通りにでます。
ここがメインの通りの“ローマ通り”☆
両脇には沢山のお店が立ち並び
そぞろ歩きも楽しい♪

f0183171_547275.jpg
見上げると、人々の日常の暮らしが垣間見れます。
おおらかな洗濯物の干し方が
なんともイタリアらしい(笑)

f0183171_6374740.jpg
ローマ通りの終点はマルコーニ広場☆
周りにはレストランや土産物店がたくさんあり
とても活気があります。

f0183171_5591166.jpg
マルコーニ広場は港に面していて
町のシンボルの教会もあります。

f0183171_6415423.jpg
海を背にして右側にある、広場の間の狭い路地に入り
上へ上へと登ってみました☆

f0183171_6421723.jpg
狭い路地の両脇には一般のお宅がズラリと
建っています。

f0183171_64351100.jpg
どのお家もカラフルでとってもかわいらしい♪

f0183171_6471455.jpg
まるで迷路のように入り組んでいるので
自分の家がどこにあるのかわかんなくなってしまいそうです(笑)

f0183171_6473524.jpg
そして・・・坂の勾配もハンパではない・・
車も入れないほど狭いし
毎日、この坂を下りたり登ったりの生活は
大変でしょうね・・・

f0183171_5481131.jpg
狭くてキツイ坂道を登りきると
Castello Doria(ドーリア城)にでます☆
ベルフォルテの塔の上からは
ヴェルナッァの町が一望できるんですよ~
この塔は見張りをするためのもので
16世紀に建てられたそうです。

f0183171_551450.jpg
塔から見える東側の景色☆
カラフルな住宅がかわいい♪

f0183171_5522279.jpg
こちらが北側の景色☆
広場や教会、港が一望できてとてもキレイ♪

f0183171_5493266.jpg
サンタ マルゲリータ ディ アンティオティア教会☆
14世紀頃にできたのではないかといわれています。
チンクエ・テッレのシンボルで絵葉書に
必ず登場する建物なんですよ。

f0183171_6365722.jpg
今はこんなに美しいヴェルナッツァですが
2011年10月25日に記録的な大雨が降り
チンクエテッレは壊滅的な被害を受けました。
特にここヴェルナッツァとモンテロッソがひどかったそうです。

f0183171_639144.jpg
その時の様子がコチラ。
原因は1年分の雨が数時間のうちに降ったため
山が崩れ、一気に海岸線まで津波のように土砂が押し寄せてしまいました。
ヴェルナッツァ駅や港、マルコーニ広場も
土砂で埋め尽くされてしまい、亡くなった方もいらっしゃったそうです。
復興した今も駅にはその時の様子のパネルが張られています。

f0183171_6383673.jpg
洪水の被害があったなんて微塵も感じさせないほど
短期間で復興させるには大変だったでしょうね。
世界遺産に認定されているから
様々な制約もあったでしょうし・・・
・・と色々と考えさせられながら
電車で次の目的地“マナローナ”に向かいました。
[PR]
by fleurclasse | 2014-07-26 23:34 | イタリア | Comments(0)

Terre di Pisa☆

f0183171_54374.jpg
ピサの斜塔☆
1173年に建築が始まり、1185年に第3層が完成した時には
既に傾き始めていたそう。
工事は中断され、1275年に再開されると
更に傾き具合が進んだため
緩和策として上層階の中心軸をずらす手法がとられました。
地下水が多い弱い地盤に建てられているため
南側に大きく地盤が沈下してしまったのが傾斜の原因です。

f0183171_585514.jpg
南側から塔を見ると
最上層の中心がずれているのがよく分かるとされています。
少しずれているのが分かりますか?
最上層は地面に垂直になるよう作られているため
最下層と最上層の中心軸は約3mずれているそうです。
こんなに傾いていても世界で1番傾いている建物ではないって
ご存知でした?
1番はドイツにあるズールフーゼンの斜塔で
ピサのものより約1.22度、さらに傾いているそうです。

f0183171_54564.jpg
倒壊のおそれがあっため
1990年から2001年の長期にわたり
傾斜緩和の処置がされました。
斜度5.5度だったものが約3.99度になり
少なくとも向こう約300年間は倒壊することはないんだって(笑)

f0183171_56778.jpg
人数制限はあるものの実際に塔に登ることができます。
完全入替制になっていて
事前に予約をし、手荷物は全てクロークに預けないと
見学することができません。
(持って入れるのは、服のポケットに入る程度のもの。お財布や携帯、カメラくらい)
写真は斜塔のお腹部分♪
1番上までぽっかりと空いています。

f0183171_562733.jpg

すれ違うことができないほど狭い階段は297段☆
螺旋階段ということもあり
結構登るのがきついんです~~

f0183171_57183.jpg
苦しい思いをして登ったご褒美はこの美しい景色☆
地上55mからの眺めはなかなかのもの。
大聖堂が十字型に建てられているのもよく見て取れますね♪

f0183171_574254.jpg
ピサの斜塔はガリレオが落体の法則を証明する実験をしたことでも有名☆
彼は斜塔の最上階から大きさの違う球を同時に落として
2つが同時に着地するのをみせたと言われています。
最上層から真下を見るとこんな感じ~
人がまるでアリンコみたい(笑)
ガリレオも球を落とすとき、同じように覗き込んでいたのかな~
でも有名なこのお話、どうも弟子の作り話のようで
実際にはやっていないみたい(苦笑)

f0183171_58565.jpg
斜塔を支えている写真を撮る時間がないほど
駆け足での観光だったけど
実際に見ることが出来てよかった♪
いい経験になりました☆
[PR]
by fleurclasse | 2014-07-18 00:40 | イタリア | Comments(0)

Pisa☆

f0183171_5112161.jpg
午前中にウフィツィ美術館などを観光したあと
午後から少し足を延ばして、フィレンチェ近郊にある
ピサの街に行ってきました☆
ピサといえば、何といっても斜塔が有名ですよね!
生きている間に1度は見てみたいな~って思っていたので
とても楽しみにしていました♪
写真は城壁にあるサンタマリア門からみた斜塔☆
この門をくぐると斜塔がある美しい広場が広がっているんですよ。

f0183171_5131081.jpg
Piazza dei Miracoli“奇跡の広場”とも呼ばれるドゥオーモ広場☆
1987年に世界遺産に登録されています。
写真左から
洗礼堂、大聖堂、そしてピサのシンボルでもある鐘楼(斜塔)
そして洗礼堂と大聖堂の間にある塀の部分が
カンポサント(納骨堂)になります。
4つの建物は2000年に化粧直しがおこなわれたそうで
白い大理石が芝生の緑と青空に映えてとてもキレイでした☆

f0183171_5133125.jpg
洗礼堂☆
イタリアで1番大きい洗礼堂で
あのガリレオ・ガリレイもここで洗礼をうけたといわれています。
円柱に八角形のドームがのったような形をしており
下部はロマネスク、上部はゴシックと建築様式が異なっています。
1153年から200年以上もの長い歳月をかけて
作られられたためこのような形になったようです。
ドームの屋根は素焼きの瓦で覆われており
一部、大理石の化粧版のところもあります。
どうやら素焼きのものから大理石の化粧板に
葺き替えている途中のままになっているようです。
残念ながらこの日は中を見学することができませんでした。

f0183171_5135482.jpg
大聖堂☆
パレルモ沖でサラセン艦隊を破ったことを記念して
大聖堂の建築が開始したのは1063年のこと。
第1期工事は1118年に終了しその後
1261年から1272年に第2期工事が行われ
14世紀になり、ようやく天蓋部分が完成しました。
また、上から見るととラテン十字の形をしたこの大聖堂は
奥行き95m、幅32mあり
ピサ・ロマネスク様式の最高傑作と呼ばれています。

f0183171_5142751.jpg
大聖堂に使われている大理石は
古代ローマ時代で使われていたものを
リサイクルしているそうです。
文字が刻まれたものがところどころ見受けられます。
前はどんな風に使われていたんでしょうね~~

f0183171_513947.jpg
大聖堂は中に入ることが出来ました♪
こちらは主祭壇☆
天井に描かれたキリストのモザイク画が見事ですね~
13世紀の作品になります。
身廊の屋根は1595年に大火災にあい
焼け落ちてしまったのですが、メディチ家が再建し
24金を使用した豪華な格子模様の天井となりました。
写真には少ししか写っていませんが
メディチ家の紋章もあしらわれているんですよ。

f0183171_3385688.jpg
ピサ出身の芸術家 ジャンニ・ピサーノの手による説教台は14世紀のもの。
この大聖堂にある多くの装飾品の中で1番有名で
またイタリアン・ゴジックの作品の中でも最も重要なものの
1つとされています。
説教台とは大司教が人々にキリストの言葉を説教する際に
使用したもので、台を囲む9枚のパネルには
キリストの生涯が彫られています。

f0183171_52229.jpg

その説教台の真横に下がっているブロンズ製のランプ☆
説教台同様、この大聖堂の見所のひとつに数えられるほどで
ただのランプではないんですよ♪

f0183171_524494.jpg
こちらのランプ、ガリレオが振り子の法則を見つけるきっかけになったと
言われていて、“ガリレオのランプ”と呼ばれています。
その昔、ガリレオがミサに参列していた時に、扉が開き
そこから風が吹き込み、このランプが揺れたのだそうです。
それを見たガリレオは咄嗟に手首の脈を計り
振り子の法則のヒントを得たとのこと。
当時はまだ、腕時計がなかったですから
自身の脈で時間を計ったんですね~~
・・・ということなんですが、残念ながら
このランプが取り付けられたのは
振り子の法則発見されてから半年後のことだそうで
実際には全く関係がないそうです(笑)

f0183171_5124784.jpg
ちょっと長くなったのでピサの斜塔はこの次に♪
写真手前の歩道に立って写真を撮ると
斜塔を支えたり、押したりしている写真が
撮れるそうですよ☆
[PR]
by fleurclasse | 2014-07-17 04:19 | イタリア | Comments(0)

Alexandre☆ 

f0183171_22274731.jpg
どうしてしまったのか・・・と不安になるほど
5月末からずっと体調が芳しくなく・・・
不定愁訴なのでしょうか、睡眠をとっても強壮剤を飲んでも
日に日に疲労感が増して、夕方に動けなる日もあったり。。。
ゆっくりしたいと思いながらもこんな時に限って
予定が立て込んでいて、なかなか体調も戻らなかったのですが
ようやく元気になってきました。
なので・・フィレンチェに行ったっきりだったブログも復活(笑)
イタリア旅行の続きがあるのですが
まずは、少し元気になってきた頃に
お友達に誘ってもらってお出かけたお話から♪

f0183171_22282589.jpg
以前から行ってみたかったミシュラン1つ星のAlexandre
お友達が予約をとってくれました♪
ここは電話でしか予約がとれないので
ついつい尻込みしてしまっていたのです。
ありがとう~Tちゃん❤

f0183171_22284759.jpg
まずは、美しいオリジナル・カクテルで乾杯☆
スペインのシュワシュワ、カヴァをベースに
クレーム・ド・ラズベリーとアマレット
あとはフレッシュラズベリーとラズベリーのゼリー
甘さ控えめの大人な味に仕上がっています。

f0183171_222919100.jpg
アミューズ・ブーシュ☆
ふわふわと立ち昇る白いスモークの間から
顔をのぞかせている赤いもの。
オシャレなマグロだなぁ~と感心してたら、何とスイカ!
スイカをサングリアでマリネして
軽くミントで風味づけしてあります。
コレ、おうちでもマネできそうかも~~

f0183171_22301940.jpg
アミューズ・ブーシュ・2品目~
イカスミを混ぜ込んで作ったお座布団のような生地と
ツナのソース☆
そしてホースラディッシュの泡。
パクリと一口で食べちゃいました。
噛むたびにいろんな味がしておもしろい♪

f0183171_22295274.jpg
巻簾のうえに盛り付けられたのもアミューズ・ブーシュ☆
クリスピーに焼かれた超薄切りのパンの上には
キャビアがちょこんとのった
サーモンとワサビのムース♪

f0183171_22304663.jpg
まだまだアミューズ・ブーシュは続き・・・
枝豆ともやしを使ったサラダ仕立てのもの。
黄色い粉はカラスミです。
四角いゼリーは昆布だしをつかってありました。

f0183171_2232122.jpg
ようやくアントレ(笑)
マグロのヅケをフレンチに仕立てると
こんなにオシャレになるんですね~~
ワサビの軽いムースをつけていただきます。
カレー風味のカリカリが添えてあったり
スパイスの組み合わせ方がおもしろい♪

f0183171_22325247.jpg
アントレの2品目は鴨のタルタル☆
フォアグラがたっぷり入った濃厚なものですが
ライム風味の軽いムースと一緒にいただくので
以外とさっぱりしてましたよ。

f0183171_22331534.jpg
生肉&フォアグラが苦手なHちゃんには
彩り豊かなトマトを使った1品がサーブされてました。
こちらもおいしそ~~

f0183171_22334181.jpg
メイン☆
まずはお肉料理から・・
アニスを効かせた豚の3枚肉の煮込みと
固く型押しした酢飯を
海老のお出汁をベースにしたスープでいただくというもの。
お寿司というにはほとんどお酢が効いてなくて
日本人にはものたりない感じでしたけど
あっさりしてておいしかったです♪

f0183171_22344617.jpg
お魚料理☆
白身のお魚をたっぷりのバターで
こんがり焼いてありました。
付け合わせにはたっぷりのポテトとソラマメ
スクエアに切られた大根のような白い根菜
そして根セロリのピュレが添えられていました。
付け合わせがとにかくボリューミィーで
おいしいんだけど、苦しかった~(笑)

f0183171_22354753.jpg
デザート☆
いちごとレモンのタルト・わさび風味
チョコレートのアイスクリーム
ヘーゼルナッツのお菓子の3品。
1人づつの盛り付けではなく
3人でシェアしながら食べるところが斬新でした。
タルトにわさびってどうなのかと思ったけど
これがなかなかなお味でして~~
極かる~く効かせるのがミソのようですね!

f0183171_22361988.jpg
体調がすぐれない6月末のある日、美容院に行ったら
スゴク疲れた顔をしていたみたいで
美容師さんにビタミンDを薦められました。
藁にもすがる思いで、薬局で早速購入。
飲み始めたら、日に日に体調がよくなりました。
ベルギーはお日様があまり出ないし
日本にいる時と比べてビタミンDを多く含む魚類や
キノコを食べる機会が少ないので
不足していたのかもしれません。
調べてみると、ビタミンDにはホルモンと同じ働きをすることも
近年分かってきたようです。
脂性のビタミンということでとり過ぎは禁物!
ビタミンDが体調回復のカギだったかは分かりませんが
気を付けながら、摂取を続けてみようかなって思ってます。


Alexandre
住所:Rue du midi 164 1000 Bruxelles
電話:+32 2 502 4055
営業日:火曜日~金曜日 12:00~13:30、19:30~21:30
定休日:土曜日・日曜日・月曜日


[PR]
by fleurclasse | 2014-07-14 23:08 | ☆つきレストラン | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧