仏検、受けました☆

f0183171_16011650.jpg

ブログ、2ケ月ほどお休みしていました。
理由は春季のフランス語検定を受けるため。

ベルギー駐在中に、フランス国民教育省が認定した
唯一の公式フランス語資格 “DELF”のA2レベルを取得。
国際的に通用する資格なんですが、日本での認知度はほとんどない…
ということで、仏検を受けることに。
DELF・A2は仏検準2級レベルと言われていますが
問題の出し方が全然違うので比較すること自体、難しい。
DELFは問題文はもちろんアナウンスされる試験の注意事項等
何もかも全てがフランス語に対し
仏検は解く問題だけフランス語で、あとは全部、日本語。
そこからして違います。
が、綴りを少し間違えても×になる厳しさが仏検にはあり
きちんと勉強しないと点が取れないんですよね~

今回は3級を受けたのですが、文法問題が結構難しい…
動詞の活用も現在形はもちろんのこと
現在分詞、過去分詞、半過去、単純未来、条件法、接続法まで
きちんと書けないとお話にならないので
久しぶりにまじめに勉強しました。
その甲斐あって、自己採点では96点。
合格の目安の60点を大きく超えたので、大丈夫かな(笑)

私が使った問題集は3つ。
教えて仏検先生は、ギリギリでいいから受かりたい人向き。
過去問の分析がよくされていて、解説も分かりやすいです。

仏検3級スピード合格は、筆記で出される定型表現と前置詞の項目が特に良いです。
ただ問題の解答に解説がないので、なぜ間違えたか分からないときに困ることも。

完全予想仏検シリーズは、手強い問題多し。
高得点で受かりたい人、次のレベルである準2級や2級の受験を視野に入れている人向き。

以上3つを約1ケ月かけて、ひと通り。
苦手なセクションは2~3回やり直しました。
結構なボリュームでしたがベルギーで勉強したことが礎になっているからこそ
これをこなせたと思います。

ブリュッセル駐在中で、帰国してから仏検を受けたいと思っている方。
3級を受けるなら、中級レベルの文法知識が必要で
最低でも接続法現在までは理解してないと苦しいです。
公文ならFレベル
ADEPSでやっているブリッセル外語大学(ULB)のレッスンなら
レベル5まではこなしたいところ。
特に代名詞に対してアレルギーがないのは、ULBのレッスンのおかげ。
中級レベルになって難しくなってくる文法を
日本語で習えたのは大きかったと実感しています。
私の代は勉強熱心な人が多かったので、レベル5まで進んだのですが
宿題の量があることもあってか
レベル2か3でクラスが消滅しちゃうことが多いんですよね。
その沢山の宿題をこなすからこそ、力がつくんですが…

今回の受験にあたり、仏検対策の単語集を一切せずとも
本番のテストで分からない単語はほとんどありませんでした。
これは公文のおかげかな。(私はIレベルまでやりました)

文法よりも会話のレベルをあげたいのなら、アリアンスやCLL
オランダ語自由大学(VUB)の語学学校・CVO…etc の
フランス語オンリーのレッスンのほうがいいかもです。
ご参考まで♪
































[PR]
# by fleurclasse | 2017-06-30 22:27 | 日本の生活 | Comments(0)

ベルギー・ブリュッセルでの駐在生活日記☆


by fleurclasse
プロフィールを見る
画像一覧